ミトン

劇場公開日

  • 予告編を見る
ミトン
42%
29%
29%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「チェブラーシカ」で知られるロマン・カチャーノフ監督が、1967年に手がけた心温まる短編人形アニメーション。ひとりぼっちの女の子アーニャは、子犬が欲しいけれどお母さんが飼うことを許してくれない。ある雪の日、手編みの真っ赤なミトンの手袋を子犬に見立てて遊んでいると、手袋が本物の子犬になり、アーニャは楽しい1日を過ごす。2003年、カチャーノフ監督の「レター」「ママ」との3本立て上映で日本初公開が実現。カチャーノフ監督没後20年となった13年には、「ミトン+こねこのミーシャ」と題し、「こねこのミーシャ」「迷子のブヌーチカ」「レター」とあわせて公開。

1967年製作/10分/ソ連
原題:Varezhka
配給:モブコ、ポニーキャニオン
日本初公開:2003年12月20日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)MITTEN+ PROJECT

映画レビュー

2.5とても

Kさん
2019年5月23日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

5.0もはや可愛さの基準

JIさん
2017年10月31日
PCから投稿

とにかく可愛いです。

「可愛い」という言葉についてはあちこちで意見が交わされていますが、私が考える「可愛い」とは、ひとまず、「自分より劣ったものに対して抱く愛情」です。
劣っているとは、物理的な弱さや、知能の未熟さのこと。
丸い、小さい、柔らかい、
あどけない、拙い、
といった性質が当てはまると思っています。

「ミトン」にはそういった、可愛いと感じられる要素が溢れています。
柔らかそうな質感。丸っこい造形。何かに失敗する場面が多いことや、人形アニメならではの動きのぎこちなさ(といっても、仕上がりの質はかなり高いと思うが。)、なども可愛さを感じさせます。
そして、暗い要素がほとんどありません。
純粋にかわいい、かわいさを極めている。

初めて観た後から、日常会話で「可愛い」と聞いたらこの作品を思い浮かべるし、私にとってはもはや可愛さの基準です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JI
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る