丹下左膳(1958)

劇場公開日

0%
0%
100%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

お馴染み林不忘の原作を、「恋風道中」の中山文夫が脚色、「多羅尾伴内 十三の魔王」のコンビ松田定次が監督、川崎新太郎が撮影した。丹下左膳には「神変麝香猫」の大友柳太朗が扮し、「緋ざくら大名」の大川橋蔵、「素っ飛び笠」の東千代之介、「大当り狸御殿」の美空ひばりに長谷川裕見子、松島トモ子、月形龍之介、大河内傳次郎、薄田研二、喜多川千鶴等と豪華な顔ぶれである。東映スコープ公開一周年記念映画。色彩は東映カラー。

1958年製作/99分/日本
原題:Secret of the Golden Spell

ストーリー

伊賀の国二万三千石の貧乏大名柳生家には、百万両の秘密の所在を封じ込んだ「こけ猿」という壷がある。時は八代将軍吉宗の世。「こけ猿」の由来を知らぬ当主対馬守は暴れん坊の令弟源三郎にこの壷を与え、司馬道場に婿入りさせた。ところが道場の師範峰丹波は、師の娘萩乃に心をよせるため、源三郎の婿入りを喜ばない。スリの与吉は源三郎から「こけ猿」を奪い、この丹波に小判五十枚で売りつけようとしたが、これを奪ったのが隻眼隻手の怪剣士丹下左膳だった。トンガリ長屋に、山吹の師匠お藤と、孤児ちょび安と住んでいる。一方柳生家では「こけ猿」の秘密を知り大さわぎ、さっそく壷を求める家臣が八方に散った。だがその頃、左膳と源三郎は、司馬道場を乗取ろうとする丹波の策略を知り、左膳は壷を源三郎にわたしたが、いつの間にか大岡越前守の隠密泰軒の手で、壷は偽物にすり替えられていた。それを知らぬ源三郎は、道場に乗り込んで丹波の奸計を破ったものの、丹波は復讐の手段として萩乃とちよび安を拐った。一方本物の「こけ猿」は越前守の手にわたったが、中から出たのは柳生の先祖石舟斉が書いた反古があるばかり。百万両の夢は破れた。萩乃を奪われた源三郎は、単身丹波一味の屋敷にかけつけたが、衆寡敵せず、すでに危い。一方ちょび安を救うために、左膳もこの屋敷に向って宙を飛ぶ。群る刀の前に、ドッと倒れた源三郎の耳に、左膳の怒号が間近く聞えた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

2.5悪くはないが、さすがに多少古めかしさは否めないかな。

2020年5月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悪くはないが、さすがに多少古めかしさは否めないかな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Mr. Planty
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る