爛(1962)

劇場公開日

20%
60%
0%
0%
20%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

徳田秋声原作から「献身」の新藤兼人が脚色、「うるさい妹たち」の増村保造が監督した文芸もの。撮影は「誘拐」の小林節雄。

1962年製作/88分/日本
原題:Stolen Pleasure
配給:大映

ストーリー

キャバレーのナンバーワンだった増子が、浅井に妻がいると知ったのは同棲して暫くたってからだった。女給時代の友達雪子も近くの安アパートで歌手あがりの青柳と精気のない生活を続けていた。増子をとりまくそんなただれた暮しのしみが、増子にこびりついてくるような日々だった。そんな或る日、浅井の妻柳子が増子のアパートにどなりこんで来た。浅井は本妻の柳子にはつくづくいや気がさしていた。喘息の発作を交えながらヒイヒイ嫉妬に泣きわめく柳子との生活を清算しようとする浅井。そんな男のいい加減さも増子にはよく判った。とうとう浅井は弁護士を立てて柳子と離婚した。浅井と増子は前より良いアパートに移った。柳子は郷里の座敷牢で狂い死にした。寝ざめの悪い増子は柳子の寺詣りをした。その帰途、友達の芳子を訪ねた。元将軍の奥様におさまっている芳子は、子供を生んで老夫の死後も自分の地位を守るつもりだという。それを聞いた増子は、やっとつかんだ、自分の妻の座に不安を感じた。そんな時、増子の姪の栄子が訪ねて来た。果樹園の息子との縁談を嫌って家を飛び出して来たのだ。栄子は浅井の許しを受けて増子と一緒に生活することになった。増子は子供を生める体に返して貰らう手術をうけるため、入院した。その留守中、浅井と栄子は関係を持った。これを知った増子は栄子をはげしくののしり追い出した。だがそれでも不安な増子は芳子と相談して栄子を結婚させることにした。結婚の前日栄子と浅井は山のホテルで秘密の時間をもった。しかしそれを知らない増子は栄子の花嫁姿を見て満足気だった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

4.0鳴くカラス

散歩男さん
2020年4月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

爛(ただれ)62年大映。増村保造監督。若尾文子と田宮二郎の共演。

映画の方向性が分かるザワザワする旋律の音楽とOPタイトル。見事な掴み。序盤から熱いラブシーン。その後も文子譲のサービスショット多数。田宮二郎のムキムキサービスも。

2号さんと妻との愛憎劇かと思ったがやや違う展開。ザワザワ旋律が遂に解き放たれ…。終盤の緊迫感たるや!そしてバトル!!凄まじい!

ザクッと終わるのはいつもの感じだが、痺れる余韻は他の増村映画にはないものかもしれない。スリリングな傑作です。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
散歩男
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る