ひと夏の秘密

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

法の権化のような厳格な養父の歪んだ欲情の犠牲になる少女の姿を描く。脚本は「地獄(1979)」の田中陽造、監督は「青い獣 ひそかな愉しみ」の武田一成、撮影は「むちむちネオン街 私たべごろ」の森勝がそれぞれ担当。

1979年製作/72分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

ちひろは養父・軍治の危篤の報に、家出してから六年ぶりで故郷の海辺の町に帰郷した。警察官だった軍治は何者かに殺された実の娘ミユキの命日に、ちひろを襲い、裸にすると銃口を押しつけ、のしかかっていった。そして、その銃が暴発し、警察を辞職したのだ。射的屋の光一に「十一歳で殺された娘の代りに十一歳のときこの家に貰われてきた」と話すちひろ。夕暮れの海を、一億円の保険に入って入水自殺した夫の死体を捜すミサと軍治の弟邦夫の姿があった。ちひろと光一の仲は日を追って親密になり、ある日二人は関係を待った。その頃、水死体が上がり、邦夫は狂喜するが、ミサから人違いだと聞いて愕然とする。一方、光一の女だった薫は、ちひろに光一を取られてしまったことを激しく嫉妬し、軍治に会い、ミユキを殺したのは光一であり、軍治がもはや余命幾ばくもないことを告げる。激怒した軍治は、何も知らず見舞いにきた光一に、注射針を埋めこんだコルク玉を打ちこんだ。もんどり倒れる光一。しかし、軍治は、ちひろからミユキを殺した真犯人は邦夫であると聞く。軍治は邦夫に電話して詰問すると、邦夫は、法の権化のような軍治に反発しての犯行であったことを答えるのだった。衝撃と憤怒に苦痛が加わり、全身を痙攣させて、軍治は息絶えた。数日後、この町を去っていくちひろの姿があった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る