一休さんとやんちゃ姫

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

実在の禅僧・一休宗純の幼少期をモチーフとしたTVアニメシリーズの劇場版。「東映まんがまつり」の1本として公開。

1978年製作/15分/日本
配給:東映

ストーリー

いつも一休さんを手こずらせる露姫こと、やんちゃ姫が安国寺に遊びに来た。一休さん達が仕事にかこつけて無視すると、怒った露姫は、男になればよいといった一休さんの言葉を真にうけて、男の格好をしはじめる。それだけではなく、武技をみがくといって、道場破りを始め、新右衛門も将軍義満もやっつけてしまう。そこで心配した両親は、一休さんになんとかしてくれと頼みこんだ。方々で暴れまわった露姫こと露丸は、家の中に入ると、門番は女の姿をしているし、父と母が入れかわっているのに驚く。一休さんや新右衛門も女の姿で、変な声を出すので、露姫は女の子に戻るといいだす。またまた一休さんのとんちでめでたく事件が解決するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

監督
演出
白土武
脚本
辻真先
企画
坂梨港
高見義雄
キャラクター・デザイン
我妻宏
作画監督
白土武
美術デザイナー
影山勇
音楽
宇野誠一郎
製作担当
宮崎一哉
全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く