宇能鴻一郎のあげちゃいたいの

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

会社を舞台に、OLと彼女たちを狙う男性社員がくりひろげる騒動を描く、宇能鴻一郎の同題名小説の映画化。脚本は「団地妻 雨やどりの情事」の久保田圭司、監督は「若妻日記 悶える」の林功、撮影も同作の山崎敏郎がそれぞれ担当。

1978年製作/70分/日本
配給:にっかつ

ストーリー

北沢ユリは、会社で行なわれる成人式へ向っていた。超満員の電車の中で、ユリは痴漢に襲われる。振袖姿で見動きがとれないユリは痴漢になすがままにされた。成人式の帰りに、ユリは課長の真山にしつこくいい寄られるが、彼女は同僚の浦川を愛していたので拒むのだった。そんな時、社員旅行でスキー旅行に行く計画が発表される。気持に胸おどらせるユリはバスの中で憧れていた浦川と隣り合う。夜のバスの中で、社員は闇に乗じて愛し合っている。そんな周囲に刺激された浦川はユリを求めてせまっていく。だが、その時バスが急ブレーキをかけたため、二人は目的を達成できずに終わった。旅館に到着した晩ユリは課長に襲われる。あまりの強引さに、ユリは浦川のことはあきらめて、覚悟を決めた。その時、仮面をつけた男が現れ、課長を殴り倒してしまう。殴りかかった男が浦川であると知ったユリは、嬉しさのあまり彼の胸にとび込んだ。ユリの愛を知った浦川は彼女を強く抱きしめるのだった。入社して以来ユリが心に秘めていた浦川ヘの思いが、嬉しさのあまり彼女を勇気づけ、大胆な行動をとらせたのである。どこかたよりない浦川も、ユリに励まされ、彼女を幸せにすると心に誓うのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「宇能鴻一郎のあげちゃいたいの」以外にこんな作品をCheck-inしています。