団地妻 肉体金融

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

サラリーマン金融などを利用して詐欺行為を働く団地妻グループを描いたロマン・ポルノ。脚本は「看護婦(秘)カルテ 白い制服の悶え」の桂千穂と兼子平吉、監督は「淫絶夫人 快楽の奥」の西村昭五郎、撮影は「白い牝猫 真昼のエクスタシー」の山崎善弘がそれぞれ担当。

1976年製作/71分/日本
配給:日活

ストーリー

団地妻、糸子の夫は大のケチで、子供を産むのもケチって、セックスも必ず膣外射精。欲求不満の糸子の楽しみは、団地妻グループの麻雀であるが、負けても金がないので払えず、同じ団地妻の悦子と互いに保証人になりあってサラリーマン金融から金を借りた。しかし、直後に悦子は若い男と駆け落ちしてしまった。そこで糸子は、スーパーで万引していた正江を脅迫して保証人にしたて、別のサラリーマン金融から金を借りた。さてその返済期日が近づいたが、糸子は社長の下心を見抜いて、正江をセックスのパートナーとして提供し利子分は帳消しにした。だが、この事が正江の夫に知れ、糸子たちの行状が夫にばれてしまった。しかし、「出て行け」という夫に糸子は逆に、団地の名儀は彼女になっていたため、糸子と正江の夫を追い出してしまった。それからは、糸子たちは生活のためにサラ金あらしの肉体金融。ある日、サラ金の社長たちが借金を返せと押しかけたが、糸子たちは自分の子供を見せて「この始末はどうつけるのよ」と逆襲するため、コソコソと解散してしまった。しかし、ついに警察に知れるところとなり逮捕されてしまった。後日--糸子、正江たちは、セックスと金の一挙両得のパンマとなって社会復帰していた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く