団地妻 昼下りの誘惑

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

“団地妻”シリーズ10作目。平凡な生活を望む団地妻が夫に疑惑を抱いた時から、夫婦生活に危機が訪れる。脚本は「津軽じょんがら節」の中島丈博、監督は「さすらいかもめ -釧路の女-」の西村昭五郎、撮影は「バンカク 関東SEX軍団」の山崎善弘がそれぞれ担当。

1974年製作/71分/日本
配給:日活

ストーリー

団地妻の吉田笛子は、夫・賢三が持ち帰った女ものの定期入れから、夫の浮気と思い込み、興信所に調査を依頼した。ところが調査員・石井の調べで、賢三はスリであることが分った。今まで笛子を騙していたのだ。近頃団地では、痴漢が出没することが話題となっていた。笛子の真向いに住む望月恒子は、ある日、その痴漢に襲われそうになったが、それが原因で、恒子と夫・喜久男は異常に燃え上がるのだった。数日後、賢三と石井が団地の公衆便所で会った。賢三は石井が刑事とばかり思っていたのだが、石井は、興信所の調査員で実は痴漢であると自己紹介し、二人は意気投合した。一方、夫の秘密を知った笛子は、自分も悪女になって夫と同じ立場になろうとして、売春をしているという金原夫人に近づく。すんなり話がすすみ、モーテルで最初の男に会うと、何と恒子の夫・喜久男だった。驚き合う二人は、やがて快楽の渦へと巻きこまれて行った。だが、笛子は喜久男との秘密を、ちり紙交換の青年・松崎に知られてしまい、松崎とも関係を結んでしまった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る