ジャンゴ・ラインハルト

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

50年代から主にドキュメンタリー、短編映画を製作していた 写真家出身の監督ポール・パヴィオが、53年にこの世を去ったジャズの名ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトの生涯を追った、短編ドキュメンタリー。ジャン・コクトー映画祭のための一本として公開されたものであり、コクトーのジャンゴ・ラインハルトに捧げられた一文から映画は始められている。その後、「ラ・ジュテ」の作家クリス・マルケルによって書かれたナレーションを名優イヴ・モンタンが伝えながら、カメラは、ラインハルトの生い立ちを綴って行く。ジプシーたちの生活する幌馬車の映像が映され、そこから育っていったジャンゴは、28年ころ、パリの街頭で演奏し、やがて楽団を結成する。キャバレー<ラ・ルロット>でのライブ演奏が始まり、世界各地で演奏活動を行い、ステファン・グラッペリらともカルテットを組むようになる。絵画もものしながら、53年に死去したジャンゴの生涯は晩年を過ごしたサモワ・シユル・セーヌの光景や、郊外のジプシー・キャンプの映像とともに終えられる。製作をマドレーヌ・カサノヴァ・ロドリゲス。脚本を監督のポール・パヴィオ自身が手掛け、撮影をジャン・ラーリセイが担当した。ステファン・グラッペリ、息子のジョゼフ・ラインハルトが顔を見せている。

1958年製作/フランス
原題:Django Reinhardt
配給:ケイブルホーグ

ストーリー

※本作はドキュメンタリーのためストーリーはありません。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く