アンダーグラウンド(1995)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

アンダーグラウンド(1995)

解説

1995年・第45回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞したエミール・クストリッツァの代表作。1941年、ナチスドイツがユーゴスラビアに侵攻。ベオグラードに住む武器商人のマルコは祖父の屋敷の地下に避難民たちを匿い、そこで武器を作らせて生活する。やがて戦争は終結するがマルコは避難民たちにそのことを知らせず、人々の地下生活は50年もの間続いていく。1996年日本初公開。2011年、デジタルリマスター版でリバイバル公開。17年の特集企画「ウンザ!ウンザ!クストリッツァ!2017」では、上映時間5時間14分の完全版が初上映される。

1995年製作/171分/フランス・ドイツ・ハンガリー合作
原題:Underground
配給:紀伊國屋書店、マーメイドフィルム
日本初公開:1996年4月

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第48回 カンヌ国際映画祭(1995年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール エミール・クストリッツァ

出品

コンペティション部門
出品作品 エミール・クストリッツァ
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12

(C)CIBY2000-PANDORA FILM-MOVO FILM

映画レビュー

『真実は肉体にやどり、芸術は嘘だ。』   正に!  えっ!パルム・ドール??こんな映画だから、パルム・ドール何だね。

マサシさん
2022年8月16日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

5.0バルカン半島のスカパラ?

2022年6月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

難しい

旧ユーゴスラビア。
スロベニア、クロアチア、セルビア、ボスニア・フェルツェゴビナ、モンテネグロ、北マケドニア、コソボ。
とても複雑。
ナチスドイツとソビエトに翻弄された人々の怨念を感じた。
地下に潜ったマフィアの実話に基づくらしい。
独特の雰囲気の映画。
スカパラがロマ族の楽団になったような。
なんて言ってもわかりませんよね。
名作。
戦時下の動物園。薬殺せざるを得なかった猛獣達の悲劇や飼育員の哀惜もイヴァンから感じました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
カールⅢ世

4.0紛争という狂気

こころさん
2022年6月4日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 6 件)
こころ

2.0寺山修司

2022年1月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

地下に潜伏してドイツ軍への抵抗をずうーーっと続ける話。

ユーゴスラビアの英雄チトーは、第二次世界大戦後のユーゴスラビアを鎖国状態に置く事により国民は曲がりなりにも平和に暮らすのだが、チトー亡き後、祖国はちりじりバラバラにいがみ合う。

それと連動するように地下の抵抗チームにも変化が訪れる。

国の運命の話のようでもあり、寺山修司の田園に死すのような幻想的な話でもあり。
歴史の当事者にとっては胸を打つ話かもしれないが、映画として鑑賞した場合、面白いかどうかは疑問である。
ブラスバンドがけたたましい。不快。

今週の気付いた事:さすがに長い

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ほとはら
すべての映画レビューを見る(全41件)