嵐が丘(1992)

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
21%
14%
21%
30%
14%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

エミリー・ブロンテの名作『嵐が丘』の映画史上五度目の映像化。今回は原作を最後まで忠実に映画化している。監督はテレビ・ドキュメンタリー出身のピーター・コズミンスキー。製作はキャスティング・ディレクター出身のメリー・セルウェイ。脚本はアン・デヴリン。撮影は「リトルマン・テイト」のマイク・サウソン。音楽は「ハイヒール」の坂本龍一が担当。主演は「ダメージ」のジュリエット・ビノシュ、英国ロイヤル・シェークスピアカンパニー出身で、本作が映画デビューとなるレイフ・ファインズ。「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」のソフィー・ウォード、「ヘンリー五世」のサイモン・シェパード、世界的な人気シンガーでアイルランド出身のシンニード・オコナーらが共演。

1992年製作/イギリス
原題:Wuthering Heights
配給:ヒューマックスピクチャーズ=ギャガ・コミュニケーションズ

ストーリー

ヒースが咲き乱れる英国ヨークシャーの丘、“嵐が丘”と呼ばれるその丘に住む農場主アーンショーには息子ヒンドリー(ジェレミー・ノーザム)と娘キャシー(ジュリエット・ビノシュ)がいた。ある日アーンショーはジプシーのみなし子ヒースクリフ(レイフ・ファインズ)を神からの授かりものだと言って家に連れ帰る。父の死後、ヒンドリーは、ヒースクリフを下男として冷酷に扱いはじめる。ヒースクリフにとっての心の支えは美しい娘に成長したキャシー一人だった。二人は強い信頼と愛情で結ばれるようになる。しかし、近郷の裕福なリントン家の住人エドガー(サイモン・シェパード)と妹イザベラ(ソフィー・ウォード)に出会い、彼らの教養と優雅な暮らしに衝撃を受けたキャシーは、エドガーとの結婚を承諾してしまう。傷心のヒースクリフは嵐が丘をあとにし、そして数年後、事業に成功し、立派な紳士の姿となってキャシーの前に再び現れた。ヒースクリフはイザベラと結婚し、その後キャシーは娘キャサリンを生んで死ぬ。成長したキャサリン(ジュリエット・ビノシュ二役)はヒースクリフの息子リントンと結婚するが、やがてリントンは病死。キャサリンはアーンショー家で下男のように使われていたヘアトンとやがて結ばれるだろう。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

1.0イマイチ

yuyuさん
2014年9月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yuyu
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る