続絶叫

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「濡れた砂丘」のジョゼ・ベナゼラフが、脚本を書き、自ら監督している。撮影はアラン・ドローブ、音楽は、チェット・ベーカーが担当。出演は、ヴィルジニー・ド・サラン、アラン・ティスィエ、ウィリー・ブラジオなど。

1965年製作/フランス
原題:La Nuit La Plus Longue
配給:日本インターナショナル

ストーリー

ピエール(A・ティスィエ)、カルル、それにダニーの三人は、銀行頭取の娘ヴィルジニー(V・D・サラン)を誘拐し、郊外の古い別荘に監禁した。三人は頭取に身代金を要求しているボスの連絡をまっていたが、その間にカールはヴィルジニーに激しい欲情を感じ、思いをとげた。ボスからの電話があり、シェースの森で取引きをするが、失敗したら娘を殺せとの命令があった。隙を見てヴィルジニーは外に逃げたが、仲間の一人であるフランソワにつかまりフランソワは欲望のおもむくままにヴィルジニーを倒した。が、あとを追ってきたピエールは、そのフランソワを射殺してしまった。またカールも儲けを一人じめにしようとヴィルジニーを連れ出したが、これもピエールの銃弾にたおされた。一夜あけて、ピエールとヴィルジニーの間には恋がめばえていた。はじめて愛の交換を行ない、ピエールは、ヴィルジニーを父親にもとすべく森へ行き、警察の非常線のライトの中で死んでいった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く