気ままな情事

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

フェルディナンド・クロメリンクの戯曲を、アントニオ・ピエトランジェリ、ディエゴ・ファブリ、ステファノ・ストルッチ、ルッジェーロ・マッカリ、エットーレ・スコラらが共同で脚色、「三月生れ」のアントニオ・ピエトランジェリが監督したコメディ。撮影はアルマンド・ナンヌッツィ、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。主題歌をジミー・フォンタナが歌っている。出演は「女王蜂」のウーゴ・トニャッティ、「サーカスの世界」のクラウディア・カルディナーレのほかにベルナール・ブリエなど。

1964年製作/イタリア・フランス合作
原題:Il Magnifico Cornuto
配給:日本ヘラルド映画

ストーリー

帽子製造工場の社長アンドレア(ウーゴ・トニャッティ)は、事業も好調なうえに若く美しい妻マリアグラチア(クラウディア・カルディナーレ)との生活にも満足していた。彼は人妻クリスチアナが、ホテルでの逢いびきの時、夫にぬけぬけとうその電話をかけるのをみて、もしや自分の妻も、という疑いをもち始めた。一度持ち始めた疑惑はとどまるところを知らず、妻を尾行させたりしたが、しっぽをつかむことは出来ず、ノイローゼ気味だった。新築中の家が完成し、その披露パーティーの日、妻が五、六人の男たちをつれて寝室を見せにいった。ついにアンドレアは、妻がベッドの上で着物を脱いでいる場面を想像する始末だった。事態は悪化するばかりで客の前で妻を問いつめ、あげくのはて半狂乱になり、妻をのせて自動車を爆走させた。生命の危険を感じた妻は、とっさに色事師と評判高いガブリエルが浮気の相手だと言った。翌日、アンドレアは自動車をへいにぶつけてしまい、ひどい傷を受けた。ところが、妻の電話を盗聴して浮気がうそであることを知った。彼が友人にすすめられて妻に謝罪の電話をかけた時、彼の手当をした医師が妻の膝にもたれていることなど知る由もなかった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る