女体入門

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ウォルフ・マンコウィッツのシナリオをヴァル・ゲストが製作・演出した風俗青春ドラマ。撮影はジョン・ウィルコックス、音楽をロバート・ファルノンとヴァル・ゲストが担当した。出演は「人間の絆」のローレンス・ハーヴェイ、「若き非行の群れ」のクリフ・リチャード、シルヴィア・シムズ、ヨランド・ドンランほか。

1962年製作/イギリス
原題:Expresso Bongo
配給:大蔵映画

ストーリー

ジョニー(ローレンス・ハーヴェイ)はドラマーだが、タレントの養成や斡旋をやって大きく稼ごうと懸命だった。でも実際は思惑通りにならず生活は苦しかった。ヌード・ダンサーのマイシー(シルヴィア・シムズ)は酒場で働いて、時折小使銭をやっては彼を励ましていた。ある夜、二人は喫茶店へ行くが、そこでベルトという若い男の歌に聞き惚れ、早速彼のマネージを引受け、芸名もボンゴ・ハーベルトに決めた。金の卵を発見したジョニーはレコード会社に売り込んだ。そして次第に有名になり、若い彼の無知をいいことに、出演料のピンハネで儲けていった。しばらくしてアメリカのジャズ・シンガー、デキシー・コリンズ(ヨランド・ドンラン)がロンドンにやって来、ステージなどで知りあったボンゴと、同棲するようになるが、彼のギャラのあまりに少ないのを驚くと同時にジョニーのピンハネを知り、早速彼との契約を止めさせた。運が開きかけたジョニーは、ボンゴのマネージを辞めたが、次のボンゴを夢みながら、今までのマネジメントの方法を反省するでもなく、相変らず派手な生活に明け暮れしているのだった……。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る