恋人たち(1958)

劇場公開日

0%
43%
57%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「死刑台のエレベーター」でルイ・デリュック賞を受けたルイ・マル監督の第二回作品。イヴァン・ドノン原作の短篇小説「明日はない」にもとづいて、夫に不満をもつ若き人妻が、ふと知り合った若者と情熱の一夜をすごし、夫も家もすてて若者とともに去るという単純なストーリイが、黒白ワイドの画面にくりひろげられる。脚色はルイ・マルが自身であたり、助監督として、「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」の主人公を演じたフランソワ・ルテリエが協力している。撮影を担当しているのは「死刑台のエレベーター」のアンリ・ドカエ。音楽には、前作のモダーン・ジャズにかわって、この作品ではブラームスの古典音楽が使用されている。出演するのは「死刑台のエレベーター」のジャンヌ・モロー、「ノートルダムのせむし男」のアラン・キュニー、「モンパルナスの灯」のジュディット・マーグル、ホセ・ルイ・ド・ビラロンガ、ジャン・マルク・ボリー、ガストン・モド等。黒白・ディアリスコープ。

1958年製作/フランス
原題:Les Amants
配給:映配

ストーリー

今年三十歳のジャンヌ(ジャンヌ・モロー)は、新聞社を経営するアンリ(アラン・キュニー)と結婚して八年になる。二人の間には娘が一人いた。夫婦の情愛より事業に専念するアンリに対して、ジャンヌは身心共に不満だった。ジャンヌの慰めは、毎月一度パリの友人マギー(ジュディット・マーグル)を訪ねることだった。大都会の華やかな社交界に出入りするうちに、常連の一人でポロの名手ラウール(ホセ・ルイ・ド・ビラロンガ)が、いつしか彼女の心に忘れ得ぬ存在となっていった。ジャンヌは想いがつのればつのるほど、夫に知れぬかと心配した。ある日、アンリはジャンヌのパリに行くことの秘密をたずねた。彼女は身の潔白を証明するために、ラウールたちを邸に招かねばならなくなった。ジャンヌはマギーにラウールを彼女の恋人と偽って連れて来るように頼んだ。その帰途、ジャンヌの車が故障した。彼女は通りがかりの車に乗せてもらった。車の持主はベルナール(ジャン・マルク・ボリー)という考古学者で、彼女を邸まで送った。マギーやラウールはもう来ていた。ベルナールも一緒に食事をして、泊っていくことになった。ジャンヌはこの風変りな青年に、いつしかひきつけられるようになった。一同は翌朝、釣に行くために早く寝室に入った。ジャンヌはなかなか眠れなかった。階下の広間の灯も消えなかった。ベルナールも本を読んでいた。彼女は広間に下りた。ジャンヌは戸外に出た。心地よい夜風、月の光、ベルナールは彼女の後に従った。二人は手を重ね、唇を合わせた。そして橋のたもとのボートの中に身を横たえた。二人はジャンヌの寝室に戻り、燃えるような一夜を送った。夜が明けた。ジャンヌは今までの生活を清算して、アンリと別れることにした。彼女は驚くアンリやマギーたちの前を通り、ベルナールの車に乗った。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0全てを捨てて貫く愛の自己責任

Gustavさん
2020年5月19日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、TV地上波

公開当時、男女の恋愛動機が描かれていないと一部で批判を受けたルイ・マル監督の、恋愛至上主義とその自己責任を問うフランス映画。この作品の10年後にアメリカ映画「ジョンとメリー」、そしてその約10年後に日本映画「遠雷」があるが、映画表現の恋愛観で強引に判断すれば、日本映画はアメリカ映画と10年の隔たりがあり、フランス映画とは20年の開きがあったことを感じさせる。

ストーリーは単純明快で難しくない。今日の共感・共鳴の鑑賞とは次元を異にする映画表現美のための作品で、男女の恋愛について社会的な制裁の判断はなされていない。その潔さをどう観るかだけだ。物語の後のストーリーに現実がある。

月の光に浮かぶ女と男の甘美な情景が、ブラームスの弦楽六重奏曲アンダンテ・マ・モデラーテの流麗な旋律でさらに美しく、刹那的に描写される。女性として成熟したジャンヌ・モローの存在感が全てであり、彼女の美しさと意思の強さが作品の存在意義を保つ。彼女に捧げたルイ・マルの演出美を堪能する。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Gustav
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る