アケラット ロヒンギャの祈り

アケラット ロヒンギャの祈り
0%
50%
50%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「破裂するドリアンの河の記憶」のエドモンド・ヨウ監督と主演ダフネ・ローが再タッグを組み、ミャンマーの少数民族ロヒンギャ迫害をめぐる問題を背景に描いた人間ドラマ。タイとの国境付近に位置するマレーシアの街。台湾留学のために貯めていたお金を盗まれてしまったフイリンは、ロヒンギャ難民の人身売買に関わる仕事に手を染める。そんな彼女にとって、病院スタッフの青年ウェイの存在だけがひと筋の希望だったが……。2017年・第30回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、最優秀監督賞を受賞。

2017年製作/102分/マレーシア
原題:阿奇洛 Aqerat

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

2.5自分にはあまり入ってこなかった

SHさん
2017年11月3日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

萌える

難しい

2017 TIFF competition

主演のダフネ・ローが魅力的で、ずっとその女優を眺めていた。
ほか、正直、あまり理解ができない。ロヒンギャのサブタイトルが(邦題には)付いてるし、アケラットというタイトルもロヒンギャの言葉で死後の世界という意味だというから、間違いなくロヒンギャがメインの作品だといえるのかもしれないが、個人的な印象としては、中華マフィア的なものとか宗教的な生と死とか、あまりロヒンギャという存在を感じないものだった。
とにかく説明が少ないので、もの凄く知識を入れて見なければならない作品だと思ってしまった。
内容が知的である上に、さらに作家独自の視点によるイメージ映像がたくさん盛り込まれているために、全くつかみ所を見いだせず、だから唯一の興味・フイリンの姿と仕草に救いを求めていたような結果となってしまった。
時々挿入される長回しが、ことごとく自分の感覚とはずれているように感じてしまったので、作品への理解が希薄になってしまった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
SH

3.5第30回TIFF鑑賞記録 12作目 主演のダフネさんが可愛すぎて、...

2017年11月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

第30回TIFF鑑賞記録
12作目

主演のダフネさんが可愛すぎて、ちょっと集中力が欠けるとすぐ、顔ばっかり見てしまいます。
それぐらい可愛いです。直に見るとその10倍位の魅力を感じました。
制作の方からすると不本意なのかもしれませんが、充分にアイドルムービーと名乗れるレベルで可愛かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Rewind That
すべての映画レビューを見る(全2件)

他のユーザーは「アケラット ロヒンギャの祈り」以外にこんな作品をCheck-inしています。