劇場公開日 2020年8月3日

  • 予告編を見る

道(1954) : 関連ニュース

【川村元気 特別書き下ろしエッセイ】「百花」に至るまでの50の映画

【川村元気 特別書き下ろしエッセイ】「百花」に至るまでの50の映画

「電車男」に始まり、「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」「君の名は。」「怒り」「天気の子」など、これまで40本の映画を手がけてきた川村元気氏は、映画業界ならずとも、クリエィティブな仕事に従事する人々にとって無視することができ... 続きを読む

2022年9月14日
“35歳で人生最高の仕事ができる説”は本当か? ハリウッドスターで検証してみた

“35歳で人生最高の仕事ができる説”は本当か? ハリウッドスターで検証してみた

あるドキュメンタリーで、庵野秀明監督がこう語っていた。「人間、一番いい仕事をするのは35歳。人生で一番いい仕事をするんだったら、ちゃんとしたものをそこでやろうと」1995年の「新世紀エヴァンゲリオン」制作当時を振り返る際、庵野監督がぽつりと... 続きを読む

2021年11月20日
「骨の随まで映画人でした」と姪の檀ふみ、東映元社長の高岩淡さん死去

「骨の随まで映画人でした」と姪の檀ふみ、東映元社長の高岩淡さん死去

東映の元社長、高岩淡さんが10月28日、肺炎のため京都市内の病院で亡くなった。91歳。葬儀は家族葬としてすでに執り行われている。喪主は長男の高岩礼氏。高岩淡さんは福岡県出身。九州大学経済学部を卒業後、1954年に東映に入社し、京都撮影所に配... 続きを読む

2021年11月1日
【国立映画アーカイブコラム】映画を“同定”する――「日本南極探檢」を例に

【国立映画アーカイブコラム】映画を“同定”する――「日本南極探檢」を例に

映画館、DVD・BD、そしてインターネットを通じて、私たちは新作だけでなく昔の映画も手軽に楽しめるようになりました。それは、その映画が今も「残されている」からだと考えたことはありますか?誰かが適切な方法で残さなければ、現代の映画も10年、2... 続きを読む

2021年1月9日
「眠る村」「人生フルーツ」「藤井聡太17才」東海テレビドキュメンタリー傑作選放送決定

「眠る村」「人生フルーツ」「藤井聡太17才」東海テレビドキュメンタリー傑作選放送決定

東海テレビによる劇場公開ドキュメンタリーの第13弾「おかえりただいま」の公開を記念して、「東海テレビドキュメンタリー傑作選」が、日本映画専門チャンネルで放送されることがわかった。9月19日に公開される「おかえりただいま」(齊藤潤一監督)は、... 続きを読む

2020年9月9日
仏映画サイトが推薦する、生涯で一度は見ておくべきスリラー10本

仏映画サイトが推薦する、生涯で一度は見ておくべきスリラー10本

仏映画情報サイトallocineが「生涯で一度は見ておくべき」と題したスリラー10本を推薦。映画.comの作品情報と共に紹介する。■「セブン」(1995)「連続殺人映画の歴史の中でも画期的な作品。極めて暗くて息苦しいこの映画は、暴力を見せる... 続きを読む

2020年7月4日
【「道」評論】眠気を我慢したご褒美、最後の最後に凄い見せ場。そして「映像の魔術師」の片鱗

【「道」評論】眠気を我慢したご褒美、最後の最後に凄い見せ場。そして「映像の魔術師」の片鱗

新型コロナウイルスの影響により、多くの新作映画が公開延期となり、映画ファンの鑑賞機会は減るばかりです。映画.comでは、「映画.comオールタイム・ベスト」(https://eiga.com/alltime-best/)に選ばれた、ネットで... 続きを読む

2020年5月30日
【「めまい」評論】現実と妄想の境界線を自在に描く高度な映画技法に“めまい”を起こす

【「めまい」評論】現実と妄想の境界線を自在に描く高度な映画技法に“めまい”を起こす

新型コロナウイルスの影響により、多くの新作映画が公開延期となり、映画ファンの鑑賞機会は減るばかりです。映画.comでは、「映画.comオールタイム・ベスト」(https://eiga.com/alltime-best/)に選ばれた、ネットで... 続きを読む

2020年5月16日
「七人の侍」から「万引き家族」まで! 英国映画協会が選ぶ、1925~2019年の優れた日本映画95本

「七人の侍」から「万引き家族」まで! 英国映画協会が選ぶ、1925~2019年の優れた日本映画95本

英国映画協会(BFI)が、1925年から2019年にかけて、それぞれの年の優れた日本映画を選定したリストを発表。計95本の多彩な作品がナインナップされている。伝統的なトップ100などのランキング形式ではなく、年ごとにベスト作品を選ぶ形式とし... 続きを読む

2020年5月16日
【パリ発コラム】世界の名匠や是枝裕和監督らがお気に入りを推薦するYouTubeチャンネルとVODプラットフォーム

【パリ発コラム】世界の名匠や是枝裕和監督らがお気に入りを推薦するYouTubeチャンネルとVODプラットフォーム

新型コロナウイルスの影響で、フランスも映画館がいつ再開できるかわからない状況のもと、ストリーミング・サービスを利用する人々が増えている。たしかにこんな機会にこそ、見逃していた旧作、巷では傑作と言われているもののじつは観ていない作品などを掘り... 続きを読む

2020年5月3日
「映画.com ALLTIME BEST」発表! 自宅での映画鑑賞に役立つ“必見の名作”1200本選出

「映画.com ALLTIME BEST」発表! 自宅での映画鑑賞に役立つ“必見の名作”1200本選出

映画情報サイト「映画.com」が、名作映画セレクション「映画.comALLTIMEBEST」を発表した。映画黎明期の名作から最新のヒット作まで幅広いジャンル、年代、国の1200作品を“必見の名作”として選出。自宅での映画鑑賞に役立つ、バラエ... 続きを読む

2020年5月1日
道後温泉×「火の鳥」コラボアニメで水樹奈々が火の鳥に 手塚作品の魅力を熱弁

道後温泉×「火の鳥」コラボアニメで水樹奈々が火の鳥に 手塚作品の魅力を熱弁

重要文化財に指定されている愛媛・道後温泉と、手塚治虫の代表作「火の鳥」がコラボレーションした「道後REBORN」プロジェクト。その一翼を担うオリジナルアニメ「火の鳥“道後温泉編”」の製作発表会が3月27日、東京・銀座三越で行われ、愛媛県松山... 続きを読む

2019年3月27日
AKIRA、「MIFUNE」ナレーションで「用心棒」の台本を待ち受けに「お守りです」

AKIRA、「MIFUNE」ナレーションで「用心棒」の台本を待ち受けに「お守りです」

三船敏郎さんのドキュメンタリー映画「MIFUNE:THELASTSAMURAI」が5月12日、東京・有楽町スバル座で封切られ、出演した女優の香川京子、司葉子、三船さんの長男・史郎さん、ナレーションを務めた「EXILE」のAKIRAが初日舞台... 続きを読む

2018年5月12日
吉永小百合「北の桜守」役名は祖母の名前「天国から見てくれているかも」

吉永小百合「北の桜守」役名は祖母の名前「天国から見てくれているかも」

吉永小百合の120本目の出演映画となる「北の桜守」の公開記念イベントが2月20日、東京・丸の内TOEIで行われ、吉永と共演の土屋慶太くん、三谷麟太郎くん、山崎光くん、大竹悠義くんが出席した。映画は、吉永主演の「北の零年」「北のカナリアたち」... 続きを読む

2018年2月20日
「道」「甘い生活」「8 1/2」にオマージュを捧げた「フェリーニに恋して」予告編入手

「道」「甘い生活」「8 1/2」にオマージュを捧げた「フェリーニに恋して」予告編入手

イタリア映画の巨匠フェデリコ・フェリーニに魅せられて旅に出る少女のロマンティック・ファンタジー「フェリーニに恋して」の予告編と場面写真を、映画.comが先行入手した。1993年、世間を知らず母に守られながら育ったルーシー。ある日、母の病に気... 続きを読む

2018年2月14日
坂本龍一「戦場のメリークリスマス」からこだわり抜いた映画音楽の流儀

坂本龍一「戦場のメリークリスマス」からこだわり抜いた映画音楽の流儀

第30回東京国際映画祭のマスタークラス「坂本龍一スペシャルトークイベント」が11月1日、六本木アカデミーヒルズで行われた。時代を切り開く、革新的な作品を世界に発信し続けてきた映画人に贈られる「SAMURAI賞」を受賞した坂本。同イベントは、... 続きを読む

2017年11月1日
「高知の映画人口を増やしたい」安藤桃子監督がミニシアターをオープン

「高知の映画人口を増やしたい」安藤桃子監督がミニシアターをオープン

安藤サクラ主演の「0.5ミリ」などで知られる映画監督の安藤桃子氏がこのほど、高知市内にミニシアター「ウィークエンドキネマM」をオープンさせた。立ち上げから約2カ月半でのスピード開業。市内の中心商店街に映画館が復活するのは2006年以来となる... 続きを読む

2017年10月22日
古典名作がずらり!ダルデンヌ兄弟が選ぶ「20世紀の名作映画79本」

古典名作がずらり!ダルデンヌ兄弟が選ぶ「20世紀の名作映画79本」

カンヌ国際映画祭で2度のパルムドール受賞を誇る、ベルギーの名匠ジャン=ピエール・ダルデンヌとリュック・ダルデンヌの兄弟監督が、自分たちが理想とし、多大な影響を受けた20世紀の映画を79本選出した。世界中の現役監督たちの協力のもと、20世紀の... 続きを読む

2017年8月12日
深田晃司監督、ヒッチコック論かく語りき「すべての時代に代表作。バケモノみたい」

深田晃司監督、ヒッチコック論かく語りき「すべての時代に代表作。バケモノみたい」

「淵に立つ」の深田晃司監督が12月17日、ドキュメンタリー映画「ヒッチコック/トリュフォー」を上映中の東京・新宿シネマカリテでトークショーを行った。フランソワ・トリュフォー監督が、アルフレッド・ヒッチコック監督へのインタビューをまとめ、映画... 続きを読む

2016年12月17日
“賞金稼ぎ”デンゼル・ワシントンの早撃ちがさく裂!「マグニフィセント・セブン」特別映像

“賞金稼ぎ”デンゼル・ワシントンの早撃ちがさく裂!「マグニフィセント・セブン」特別映像

黒澤明監督の傑作時代劇「七人の侍」(1954)と、同作を西部開拓時代のメキシコに置き換えてハリウッドリメイクしたウエスタン「荒野の七人」(60)を原案に描く、ウェスタン「マグニフィセント・セブン」の特別映像を、映画.comが独占入手した。主... 続きを読む

2016年12月9日
「道(1954)」の作品トップへ