ロストロストロスト

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

アメリカ実験映画のパイオニア、ジョナス・メカスの1949年から約20年間にわたる難民としての生活を綴った <映画日記>で、製作・監督・撮影・編集すべてメカスが手がけており、6つのリールで構成されている。

あらすじ

<リール1・2>1949年10月、ニューヨークに着いたリトアニア移民のジョナス・メカスとアドルファス・メカスの兄弟はブルックリンに住みつく。このl・2巻に収められるのは、50年~52年のリトアニア移民たちのコミュニティの模様だ。52年の大晦日、彼はマンハッタンに居を移し、コミュニティから離れる。 <リール3>マンハッタンに移った兄弟は、本格的に映画撮影に取り組み「サイレント・ジャーニー」「フィルム・カルチャー」などを撮る。 <リール4>メカスが当時コミットしていた反戦運動のニューズリールが収められる。爆撃演習に抗議するためにシティ・ホールや大学に集まる人々、街中を歩くデモの列。アメリカにおけるマッカーシー旋風(非米活動委員会)から米ソ間緩和の時代。前衛映画の牙城だったチャールズ劇場では『平和のための映画』を上映中。 <リール5>アドルファス・メカス監督の「ハレルヤ・ザ・ヒル」(62)のためのスクリーン・テストのフィルム。時おり挿入されるのは、この時期にメカスが撮った「うさぎ糞の俳句」の未完成フィルム。雪の中でアコーディオンを弾き踊り狂うメカス。ロング・アイランドの精神病院にバーバラの友人を見舞いにいく。 <リール6>メカスの「タイニー・ティム」と「トゥワイス・ア・マン」 「フラハティー・ニューズリール」の挿入。朝、フィルムメーカーズ・コーペラティブの前で映画作家、ケン・ジェイコブズとバーバラ・ルービンと待ち合わせて、フラハラィー・フィルム・セミナーに行く。ジャック・スミスの「燃え上がる生物」とジェイコブズの「ブロンドのコブラ」をもって参加するが主催者から拒まれ一夜を寒空の下で明かす。サルバドール・ダリとの交流、ストニー・ブルックの海岸に行った時のことが綴られ、ジェイコブズとメカスのフィルムが挿入される。最後に10年後のメカスがそれについてコメントしてエンドとなる。

1976年製作/アメリカ
原題:Lost Lost Lost
配給:イメージフォーラム

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

ユーザーレビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く