劇場公開日 2013年9月20日

  • 予告編を見る

エリジウムのレビュー・感想・評価

3.3144
7%
46%
41%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全144件中、101~120件目を表示

3.0エリジウムの描写があっさり

αさん
2013年10月13日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
α

4.0ブロムカンプ!!

HigeKoboさん
2013年10月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

スラムやギャング、運命に巻き込まれてゆく男の悲哀。こう言ってしまうとどの映画も同じになってしまうが、第9地区のブロムカンプ!らしい映画だった。前作の悲しげなエンディングとは違い、多少は救いがあった。
前作ではかわいそうな役所の官吏がクルーガーとしてアクション部門の盛り上げ役兼ストーリーの調整役として活躍。
話の流れの強引さにも拘らず不覚にも泣けてしまいました。
よくできた映画です。
細かいSF的科学的設定が気になることはあっても未来には未来の事情があります(たぶん)。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
HigeKobo

3.0設定が安易なので最初が退屈

2013年10月12日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

難しい

寝られる

設定の辻褄があって無いので、リアル感がない。始めから退屈で、寝てしまった。よくあるアンドロイドもの。最近の洋画は似たようなものが多すぎる。ほとんど、こんな感じ。時間潰しにはなるけど、何にも残らない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
クマリン

2.5ストーリーが単調

2013年10月12日
iPhoneアプリから投稿

単純

単調だなぁ、ストーリーも単調、ジョディフォスターあっけない、もっと演技を見せて欲しいところ。ラストはお決まりの乱闘だけ?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画好き夫

4.5いいっす

opasuさん
2013年10月11日
スマートフォンから投稿

興奮

第九地区は途中で帰りましたが
この映画は入り込める。
最後、100%完治のシーンが訳もなくドーンと泣けてくる
星新一のショート映画版、
今年一番って事で。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
opasu

3.0ちょっと期待外れ

2013年10月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
古泉智浩

3.5自己か地球か。

ハチコさん
2013年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

単純

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ハチコ

3.5二作目もおもしろかった。

2013年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
いも男爵

1.5ニール・ブロムカンプ監督がなんでこんなものを・・・

2013年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

第9地区の監督ということで興味はもちつつも、予告、あらすじを見ても全くピンときませんでした。きっと面白く無いだろうとずっと見るかどうか迷っていましたが、このモヤモヤを解消するために見に行ってしまいました。
ストーリーは貧乏人が金持ちと喧嘩するよくある話でなんのひねりもありません。
主人公に正義もなく、お金持ちの世界を勝手に踏みにじるだけ。中身は何にもありません。
こんなものにマット・デイモンやジョディー・フォスター、贅沢すぎます。
ニール・ブロムカンプ監督、有名になりすぎちゃって本人の意志と関係なくこんなもの撮らされちゃったんだろうと思い込むしかありません。
山ほどある貧乏人がお金持ち(支配階級)に乗り込んでく系の映画(最近では「トータル・リコール」「スノーピアサー」)を見たことない方やそういうの好きな方ならいいと思います。
ただ、映像だけはすばらしいです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
よんしん

5.0最初から引き込まれる作品!最後までドキドキと興奮続く!

ajunさん
2013年10月4日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

「第9地区」でかなり衝撃をうけたので、同監督作品ということでかなりの期待を寄せて見に行きました。
あまり期待をしすぎると、期待しすぎて肩すかしなんてことよくありますが…結果は期待以上!
戦闘シーンはリアルさを出しているので残酷な感じが苦手なひとはあまり楽しめないかも知れませんが。
今秋、オススメの1本ですね。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ajun

4.0カバの得は友達

aceさん
2013年10月4日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

エリジウムは理想郷か?どんな病気も治ってしまう。それは人類の理想なのだろうか。人生いろいろあったが100歳まで生きた、とか。大病を克服した、とか。仕事かんばって金持ちになった、とか。自分は他人とはちがう。努力した結果の他人との差別化が自己満足になるのではないだろうか。人生は理不尽で不公平だ。そんな人生の終局で自己満足できればそれでいい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ace

4.0リアルでハードですが 良かったです

hamadonさん
2013年10月3日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

怖い

思ったよりも戦闘シーンがリアルで怖さもありました^^;
少しハードでした。
演技も良く、ラストも良かったです。

社会派らしく重たいところもありながら、観ていて納得し、よかったなと思えるラストは良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
hamadon

4.5ジョディとマットのからみがもっと見たかった~

peanutsさん
2013年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

面白かった!
オープニング、よくここまでマットデイモンの面影を残した子役を見つけたもんだ、と妙なところで感心。
そして荒廃した地球の高層ビルのカッコよさ!エリジウムもカッコイイ!それに登場するメカがどこかしっかり‘メカ’の重量感がありかっこいい!
映像はやはり‘第9地区’で見たような映像が端々にありますがこれは当たり前、ok。
お話は富裕層はエリジウムへ、貧困層は地球で暮らす。エリジウムではどんな病気も一気に治せる治療器があるから病気を抱えた人たちは誰もがそこにいきたがる。そうして地球に暮らしていた貧困層の人たちは密入国のごとく侵入をくわだてているのでした…。
結局、どの立場の人たちもそれぞれに身勝手なんでないの?と途中で感じちゃったりするのですが、救施主のお話なんでしょうね。
あと、ジョディがあっさりした結末でやや拍子抜け感ありですがラストまで緊迫感も途切れませんでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
peanuts

3.5少し低め‥

まみむさん
2013年10月1日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
まみむ

4.0パート2が観たい。

2013年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

人類のは、本当に進化してるのでしょうか?
平安貴族は、館に人口の池を作り船遊び・・・これと宇宙空間で作る人口都市と何が違うのでしょうか。
技術的な背景でしか違いは見いだせません。
アメリカに行ってもアジアに行っても、門番として銃を携帯したガードマンで区切られた居住区を見かけます。
もっと近いのは離島に作られた居住区・・・ネット設備さえ整えば、テレビ会議で十分経営が賄えます。
利益を上げなければ、現場責任者の首をすげ替えれば済みます。
結局荘園領主と資本家の君臨する資本主義と何が違うんでしょうか。
マルクス主義も結局赤い貴族を生み出しただけで、一部の国を除いて瓦解し今日に至ります。
貴族も労働者も結局同じ穴の狢でしか無く、置かれた立場で人間性が変わるだけ。
確かに昔と違い、情報が公開されている、法の下で皆平等である・・確かに人の命に関しては、誰の支配下にもありません。
いや、そう見えるだけ・・

この手の作品のラストシーンは大体予想が付きます、だから余計にパート2として20年後30年後の未来を描くべきでしょう。
一番深刻な問題である人口爆発になんら解答を示していないのですから。
この監督の実力ならどう表現するのかそれが観たい。

「第9地区」も同じで、あんな巨大な施設(宇宙船)を空中に静止させるだけの技術力を有する宇宙人を、差別するだけでなく生体解剖して遊んでいる人類に、再来訪した時、どう宇宙人が行動するのか観たい。
頼むからパート2を作ってください。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
白髪のおっちゃん

4.5この映画はラストシーンを観る為に存在する!このラストに救われるのだ!

2013年10月1日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

怖い

幸せ

私は個人的には、こう言う作品は苦手な部類の映画なのだ。
何故かと言えば、理由はシンプルで、アクション映画と言えば、そう呼べない事もないのだが、本作ではマット・デイモン演じるマックスの挌闘シーンの連続が、観ていて気持ちが良くないからなのだ。挌闘シーンと呼ぶよりは、トーチャーリングの連続と言った方が良いので、観ているとマックスが受ける身体の痛みの連続が、次第に観客である私の心の痛みとして感じられてきて、どうにも胸が苦しくなる。マックスだけの身体や心の痛みの問題では済まされず、どうにも観ている私の居心地が悪く、苦しいのだ。

「第9地区」で魅せてくれた、ニール・ブロムカンプ監督のSFの世界感は、それまでに描いて来たステレオタイプのアメリカ映画とは異なり、地球人類の敵としての、エイリアンの来襲ではなくて、異星人と未来都市に暮す地球人類との、友情を描いて行くと言うもので、彼は「第9地区」を通して、現在の先進国社会が抱えている、人種差別や、その他のあらゆる負のエネルギーに端を発した、人類全体が抱える、差別の根源を間接的に風刺した作品だった。
誰もが今迄描く事の無い、その彼の不思議な世界観に圧倒させられたのだった。

今回も前作同様に、彼の描く地球の未来都市の姿は、決して平和な人類の未来ではなく、LA近郊に住む人々にとって、その街は、生き地獄とも呼べる、これまで以上に進んだ貧富の2極化の世界だ。
そんな世界の底辺で、何とか真面目に生きるマックス。
持つ者達と、何も持つ事が出来ない貧しい人種達の究極の2極化の世界を皮肉たっぷりに描き出す彼の今回の作品の見所とは何か?
何だか、観ていて本当に希望が持てずに、悲しくなる。
これでもか、これでもかと不運の連続のマックス。
一方で地球を脱出して理想郷で有るコロニーの住民となった、超富裕層の人々の生活が少しずつ描かれていたが、しかし、病気を治すマシーンが、不治の世界にだけ住む事あっても、果たして本当の幸せを得る事が出来るのか?何だか虚しさだけが、漂う世界にしか見えないのだった。そして、このデラコート長官を演じていたジョディー・フォスターが更に悲壮感の塊に見えた。権力まみれのエゴに振り回されるだけの中で生きる彼らの生活に平安な日々は感じられなかった。
突っ込み処満載で、観ていて嫌気が射す程のハプニングの連続。
早く、「この映画終わらないかな?」と、希望のかけらも無い世界を観客が金を払って見せられるのは虚しいので、ラストシーンをひたすら早く観たいと只願うと、この映画のラストで思いっ切り救われた。このラストシーンは是非とも名画のラストシーンの一つに残したいと、安堵する。これまでの不快感があっと逆転し、吹っ飛ぶ名ラストシーン!思いっ切りこの映画に惚れました。是非このラストの為にも、この映画を観る価値は有ると思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Ryuu topiann(リュウとぴあん)

4.5男子映画ですねえ。

2013年9月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

いやあ、面白い! あっという間の2時間でした。
この監督の繰り出してくるウェポンにイチイチ驚かせられ、先の読めないストーリーにハラハラします。ハリウッド映画ですが、監督が南アフリカからアメリカに招かれた人で、ハリウッド映画とは違ったテイストがとてもいい味を出してします。
前作『第9地区』(アカデミー賞 作品賞ノミネート!)では人種差別の問題をエイリアンで描いていましたが、今回はスペースコロニーを登場させ富裕層と貧困層の差別を描いています。この設定が、手塚治虫の世界そのものなんですね。そしてこの監督は、富裕層にはあまり興味がないのか、貧困層であるスラム側を丁寧に描いています。

当然、監視しているのはロボットとなり、かなり厳しくチェックしています。このロボットのデザインが、あまりにも工業的過ぎなのがちょっと残念。まあ、かなりリアルなんですけどね。あとは今回の悪役クルーガーがイイですねえ。やはり敵役がしっかりしていると俄然面白くなります。

これは男子映画の決定版です。エグいシーンもありますので、デートの際若干覚悟してください。『パシフィック・リム』や『オブリビオン』がOKな人は是非! こちらも!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
shinematsuyama

4.0世の中の発達も荒廃も欲望が生み出す

2013年9月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

スラムと化した地球上と、富裕層だけが住むことができる楽園〈スペースコロニー〉の対比が物語の上だけでなく画的にも面白い。
荒廃した街にハイテクな機器を違和感なく融合させる世界観は「第9地区」に通じるものがある。
ロボットの融通のきかない応対ぶりが可笑しいが、マニュアル通りにしか動かない現代の人間もすでに同じようなものという皮肉が込められていて、笑ってばかりもいられない。

事故で余命5日と宣告されたマックス(マット・デイモン)が、楽園にある万能治療器を求めてコロニーに密航するというのが大筋だ。体力の落ちたマックスが活発に動けるよう、身体に装着されるのが大リーグ養成ギブス(効果は逆)みたいな特殊ギアだ。
半人造人間みたいなマット・デイモン、これがそれなりにサマになって楽しめる。
一方で、コロニーの実質的な支配者、デラコート高官のジョディ・フォスターは、今ひとつ精彩に欠ける。ほかの女優でもじゅうぶんな役で、彼女を使い切れていない感がある。ひょっとしたら、ニール・ブロムカンプ監督は女優の使い方が上手くないのかもしれない。

実際、男優の実力を引き出すのは上手い。
「第9地区」では家に帰りたくても帰れず哀愁を漂わせたシャルト・コプリーが、真逆の非情なエージェント・クルーガーとなってマックスを痛めつける。この変わり様はまさに別人。その存在感はジョディ・フォスターの遥か上をいく。

誰もが死の恐怖もなく生きていける理想郷“エリジウム”とはいうけれど、けっきょく人の上に立ちたいという欲望がある限り、人類に真の平等は訪れないと本作は語る。世の中、良くなるも悪くなるも欲が成せる技ということだ。
そうしてみると、いっとき、平等の世界を手に入れたかに見える地球も、時が経てばまた同じ道を辿るということか・・・。犠牲になった生命に虚しさを感じる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
マスター@だんだん

5.0きれいはきたない、きたないはきれい。闇と汚れの中を飛ぼう。

小二郎さん
2013年9月27日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
小二郎

3.0ジョディーフォスターの扱い?

セナさん
2013年9月26日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

いろいろ、突っ込みどころがあり、矛盾点も多いが、まあ、それはそれでいいとして、ジョディーフォスターの扱いが悪い。単なる利己主義で傲慢な女でしかない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
セナ
「エリジウム」の作品トップへ