劇場公開日 2013年9月20日

  • 予告編を見る

エリジウムのレビュー・感想・評価

3.3144
7%
46%
41%
5%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全144件中、121~140件目を表示

3.0何か物足りない

ZEPさん
2013年9月26日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ZEP

4.0しっかりと現実を見据えたニール・ブロムカンプのSFワールド

近大さん
2013年9月25日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

単にSF映画と言っても、ジャンルは多岐に渡る。スペースオペラ、ヒーロー物、近未来物、タイムトラベル物…。
でも、それらに共通するのが、見る者を見た事の無い世界へ誘ってくれる楽しみ。それが、SF映画の何よりの醍醐味。
その点、ニール・ブロムカンプは異色だ。

「第9地区」に続く新作SF。
「第9地区」も本作も、何も「アバター」のように未知の惑星に連れて行ってくれる訳ではない。地球が舞台である。
なのに、この監督のSFは斬新。
それはきっと、しっかりと現実を見据えた主観にある。

富裕層は楽園のようなスペースコロニー“エリジウム”に住み、片や貧困層は病気と犯罪が蔓延する荒廃した地球に住む。
貧困層は満足に治療も受けられない。過酷な労働を強いられ、使えなくなったらバッサリ切り捨てられる。
権力を行使し、富裕層の貧困層に対する仕打ちは冷血極まりない。
これは決してSF世界の中だけの事ではない。格差社会に異を唱え、文明社会に警鐘を鳴らす。
我々がよく知る世界を、SFというフィルターを通して、別の角度で見せてくれる。だからこそ、この監督のSFワールドに不思議と魅了されてしまう。

偽りの理想郷に反旗を翻す男の物語。
それを映画として傍観する我々はそれこそ“エリジウム”の住人そのもので、皮肉もたっぷり効いている。

ちょっとお堅く書き過ぎたが、勿論、一SF映画としての醍醐味もバッチリ。
ロボット、武器、メカデザイン、コロニー世界などなど、この監督は本当にSFが好きなんだなぁ…と、つくづく思う。
スペースコロニーや、宇宙と地球に二分した人類なんて、「ガンダム」を彷彿させる。(この映画の設定を初めて知った時、真っ先に「ガンダム」じゃん!…と思った)
クルーガーの武器も日本刀みたいでニヤリ。

そのクルーガーに扮したシャルト・コプリー、堂々と憎まれ役に徹し、マット・デイモンやジョディ・フォスターが霞むほど場をさらう。今回はエイリアン化はしない。顔面は吹っ飛ぶが(笑)

正直、「第9地区」ほどではないが、それでもニール・ブロムカンプのSFワールドを今回もたっぷり堪能。
次回作も期待が高まる。

ところで…「第9地区」の続編はいつ見られるのかなぁ?

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 4 件)
近大

5.0エリジウムとは死後の楽園⁈

星織音さん
2013年9月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
星織音

5.0南アの天才監督が描く本格派SF

そふつさん
2013年9月25日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
そふつ

4.0皮肉的手法としてのSF

crawlonさん
2013年9月25日
PCから投稿

興奮

寝られる

『第9地区』のニールブロムカンプ監督作品。
今作では、異星人こそ出てこないが、人間同志において「地球外と地球内」の二層に隔てられている。富裕層は「地球外」すなわち「宇宙人」であり、貧困層は「地球人」であるという設定は『第9地区』とは真逆であり興味深い。

そもそもSFを皮肉的手法として用いる意義とは、人間世界での惨たらしい出来事を昇華させることで、黙殺しかねない事柄を遠回しに表現することにあると考える。とすれば、本監督が描き出すSFとは『アバター』の其れとは類を異にし、その真逆を進むものと捉えることができる。
つまり、悽愴な現場をSFという相乗的効果で以て一段と「酷い現状」を観客に提起するという訳だ。
ブロムカンプ監督の出身地である南アフリカ共和国に、ストーリーのルーツはあるに違いない。

にしても、『第9地区』の「アナザーストーリー」的な今作の衝撃はどうしても緩和されてしまい、新鮮さは残念ながら無かったように思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
crawlon

1.0純粋な健康は自分自身との闘い

2013年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

怖い

単純

いつもアメリカは自分の幸福や不幸を人のせいにする。
そして近年目をつけた「富よりも健康」についての考え方も自然を崩壊した競争のせいにする。

原始から続いた人類の長い平和でのどかな営みの純粋な健康は「自分の中でのバランス」である。
決して人から奪うものでもないし、競争して人に認めさせるものではない。

自分自身とのジックリした闘いが純粋な健康の精神と肉体を作る。

生息している地域から離れ、外へ目を向けて、空間を独占し振り回す暴力は習慣になると麻痺して自分で客観的に気づかない。
生息する灯火を自分で可愛がって穏やかに暮らす。
機械であちこちに乗り込んで凶暴に破壊する領域拡大は自分をも破壊する。

子ども目線での純粋透明さでなくて、長老目線でのピュアで透き通った保身を挿入して欲しかった。

純粋な健康は自分の中でのバランス」きつければ行動を休める。人のせいにしない。どんどん動かない。健康は人から奪う物でない。優劣を競争する物でもない。他人に認めさせても無意味。自身とジックリ闘う純粋。生息地域に戻って休む。中内へ目を向け、空間を忘れる。生命の灯火を自分で可愛がる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ばかたれ

4.0スラムを描いたら右に出るもの無し

2013年9月24日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
よんさま

2.5予告詐欺

くりあさん
2013年9月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

予告編を見たらですね。こんな話かと思ったんですよ。

子供を助けるために必要な仕事を、危険なことを理由に躊躇していた主人公が、事故で余命宣告されたことで決心をし、エリジウムに忍び込むための偽装外装を手に入れて、エリジウムの秘密を持ち帰るのだ。

そんな話じゃねーから。

主人公の行動がいきあたりばったり。
敵も味方も行動の優先順位がおかしすぎ。
カウントダウンで盛り上げてるけど、そもそもがリミットあるのわかってるのにぐだぐだ言って先延ばしにしたせいですから。
たまたまめぐり合わせてたまたま障害を乗り越えてたまたまうまくいった。

最後はすっきりするかというとしないからなお悪い。
エリジウムの価値ってそれだけなのか。
今はよくても五年十年先困るだろ。

スパイアクション的なのを期待するとはずす。
馬鹿と馬鹿が泥臭くなぐり合うアクションです。
それがわかるようなあいつとかあいつとかが予告編に出てこない。
予告編詐欺。

ロケやセット、小道具大道具、CGの映像は最高クラスな事を考慮にいれて☆2.5。
普通に凡作。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
くりあ

3.5シャルト・コプリーが抜群!

AKIRAさん
2013年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

先読み容易な筋書き、ワクワク感に欠ける展開、大味なSF設定。
完治を目指す安直な目的に釈然としない気持ちが残る。

全体に物足りなさが色々と存在するが、
『第9地区』同様、ニール・ブロムカンプ監督の世界感は面白い。

二分された社会の構図を引き立たせるSFアクションが巧い。

人間の支配欲と生存欲をパワフルに風刺を込めて活写。

"理想郷(Elysium)"で死を鷲掴んで猛進するシャルト・コプリーの姿が、
映画の世界をみごとに体現していて強烈。

そこが見どころ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
AKIRA

5.0最高。期待以上。☆

karenさん
2013年9月23日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

第9地区の監督?!!!!!絶対見る!!!!!

ってことで、公開日に観てきました。

ほんとにおもしろかった。

第9地区の終わり方は、後味が悪いというか、え?!うそ!!!!って終わり方ですが、

エリジウムは、え?うそ!!!!!もありますが、、

私的には気持ちのよい後味の悪さがありましたね〜(>_<)

マッドデイモンも役にすごく当てはまってた〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))

劇場内の客層が意外に高くてびっくりしました!!!!!

老若男女たのしめる作品って、すばらしいーー♡

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
karen

5.0エリジウム

snoopyさん
2013年9月23日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

知的

期待した以上に良かった!
タイトルや予告を見ただけではどのようにストーリーが展開していくのか全く想像がつかなかったので、見て初めてあーこういう展開だったのか、と思い、ますます映画の中にのめりこむことができた。
Matt Damonはどうしてこのような人間性に富んだ役があうのだろう。たぶん彼自身の内面性がそのまま出ているからなのか。ハリウッド映画に出てくる派手なアメリカンヒーローではない、一見目立たないが心にぐっとくる、Jason Bourne的なヒーロー役はMatt Damonが一番だと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
snoopy

5.0シャールト・コプリー、大変身(笑)

yumessanさん
2013年9月22日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

タイトルの如く、第九地区のヴィカスはどこへやら(笑)

髭を生やしムキムキの肉体を披露し、刀と銃火器で人殺しまくりって。

でもとてもかっこよかった!

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yumessan

4.0マットデイモンVS忍者

2013年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミシェル

3.5思ったよりも、深いテーマです

2013年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

『第9地区(District 9)』のニール・ブロムカンプの作品。

『第9地区(District 9)』でも、安全で快適な生活をしている地球人と、不衛生で危険な生活をしている難民の異星人という格差が描かれていましたが、この作品でも、安全で快適なエリジウムに暮らす超富裕層と不衛生で不快な地球に暮らす貧困層と言う格差が描かれています。超富裕層が地球を捨てて宇宙で暮らすというのは、言ってみると、問題を金で解決したということなんでしょうね。それにしても、何でもかんでもあっという間に治癒してしまうという技術は凄い!

地球の主な舞台は、ロスアンゼルス付近という設定になっています。それが故か、英語のみならず、少なからずスペイン語もセリフに混ざってきています。今でさえ、アメリカはヒスパニック系の人たちがたくさん居て、所によっては、英語ではなくスペイン語が幅を利かせているところがありますが、それは行き着くところまで行き着いた結果ということなんでしょう。ただ、地球からエリジウムに向かう宇宙船にチラリと南アフリカの国旗が描かれていましたね。監督の母国愛と言うことなんでしょう。

最初、貧困に喘ぐ人たちの、単純な武装闘争かと思っていたんですが、そう単純な話では無かったんですね。クールに策略を巡らすジョディ・フォスターが、中々怖いです。

ちょっと突っ込みたくなるのが、武器と輸送手段。上記にも記しましたが、簡単なスキャニングで病気を診断すると同時に、ありとあらゆる病気をそのまま直してしまうという恐ろしいほどまでに素晴らしい技術があるのに、人間が移動するには、旧態依然としたシャトル。転送装置くらい実現していてもいいような気がします。あと、武器。これも、現代のような形で、しかも、威力は非常に強いものの普通に弾薬を使う銃器って、ねぇ。治療装置への一点豪華主義なんでしょうか?

あと不思議なのが、エリジウムの構造。形は、2001年宇宙の旅で描かれるようなコロニーの形状なんですが、内側に壁がない?画期的ですね。回転による遠心力で、大気組成物をコロニーに引き留めておくという思想なんでしょうね。でも、あの程度の回転速度で、大気組成物を留めておけるほどの遠心力が働くんでしょうか?

もう一つ不思議なのが、地球から飛びだったシャトルを撃墜するのに、わざわざ地球からミサイルを撃っていること。これは、外れた場合にエリジウムに当ってしまう可能性があるので、合理的でないですし、危険だと思います。なんで、エリジウムから迎撃しないんでしょうね?

若干突っ込むところはありますが、意外に奥が深いテーマを描いている映画だと思いました。単純な、ドンドンぱちぱち映画ではありません。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
勝手な評論家

5.0このクソみたいなすばらしい世界 その表現力に感服

10Ki_Fireさん
2013年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

「第9地区」で斬新で衝撃的なデビューを飾り、社会情勢をうまく織り交ぜ、類稀なセンスで興奮させ、考えさせる、展開が小気味いい素晴らしい監督 この作品で大ファンになりました。

近未来の地球で極度に格差社会が進行し、超裕福層はぬくぬくと快適な暮らしをし地球の貧困層を虐げる、科学医療は大幅に進化、治せない病気はないという世界。
家族や大切な人を救いたいという誰しも願う思いと、暴力的な人間の本質、低所得層は格差を抑えられない政治や国に対しての不満が爆発し、無法地帯で犯罪や違法侵入を繰り返す 元々は一般市民である人間もこんな世界だと人格も豹変してしまうのは仕方ない

展開の読めない引き込まれるストーリー、興奮する戦闘シーンと世界が抱える社会情勢が合わさり、世界に警鐘を鳴らすこの作品にずっぽりと浸り魅了されました。 これからの映画を担う素晴らしい新監督誕生に賞賛と、今後に期待

 前作を思い返してこの作品を思い起こすと、この監督はサッドエンドを好む 決してバッドエンドではないものの、何かどうにも拭いきれないもどかしさが残る この監督の思いが、伝えたい気持ちが画面から溢れてくる この気持ちは、今生きている世界に似ているものがある

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
10Ki_Fire

3.5DQNは地球を救う

2013年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

皆大好き『第9地区』監督の最新作!あの突飛なアイデアと設定、度肝を抜くガジェットの連続で映画ファンの心を駿足で鷲掴みにしたニール・ブロムカンプのハリウッド超大作ですよ!
しかも監督とは『第9地区』コンビと言っても差し支えないシャルト・コプリーまでガッツリ出演でしかも凶悪極まるヒールという、こりゃあ『第9地区』ファンなら観ない訳には行かないでしょうよ!という『第9地区』で血沸き肉躍った人間にはご褒美でしかない映画!です!(よね?

この監督の手腕というか、冒頭への舞台設定の提示、説明への時間の割き方ってなかなか丁寧ですよね。前作でも感心したけど今回も唸りました。
あのね、最初物語が殆ど進まんのですよ。
地球は劣悪極まる環境で貧困層が苦しみながらも生き抜き…富裕層は地球から離れたエリジウムというスペースコロニーで暮らし…エリジウムにのみ存在する医療ポッド…病を治す為に医療ポッド目指しエリジウムに不法侵入を試みる貧困者達、それを排除しようとする政府、排除を委託される民間業者…。
この流れを淡々と映す訳です。そこにちょいちょいインサートされるのが、底辺の生活を強いられる単なる地球暮らしの元DQNな主人公、マックス(マット・デイモン)。
この一民間人マックスがはっちゃけ出した地点から物語スタート。

で、そっから何か少しずつ雲行きが怪しくなるんですよね。んー?あれー?という。
なんてーかね、あんだけ冒頭で丁寧に設定積み重ねてたのにね、後半、特にエリジウムに侵入したとこから物語が大雑把になってくんですよ。勢いだけで突っ走るというか。
あんま言っちゃうとネタバレになるから細かいこと書けないんですけども、ま要約すると「おいおい、何だここの警備?ザルじゃね?」的な、そんな展開になっちゃって。
なんかね、勿体ないんですよね。

もうちょっと脚本煮詰められなかったのかな?て。あんだけ設定しっかり構築してたのになあ、て思っちゃって。惜しいんですよ。凄く惜しい。
『第9地区』的に後半怒涛の展開に捲し立てるって芸当は、あれ『第9地区』だから成立してたんであって、今作の『エリジウム』には無理が生じちゃったのかもなあ、と。

いやね、全体的に映画としてのレベルは高いし、面白いのは保証いたします。
そりゃニール・ブロムカンプ&シャルト・コプリーですもの。つまらない訳がない。

ただちょっとこういう不満もありました、というご参考の程度に。以上です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ロロ・トマシ

3.5物足りなさもあるが充分楽しめた

harukitaさん
2013年9月22日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

エビ星人の「第9地区」ニール・ブロムカンフ監督の2作目。

本作に描かれていることは前作の「第9地区」と同様に「迫害された者たちの解放」ですね。

前作も本作も画的にはけっこう面白いんだけど、シナリオ的に「?」って思うところもあるように思う。
特にはじめの方はなんかダラダラしてて、大丈夫か?って感じなんだけど、これが話が進むにつれて意外な展開になって、ラストは壮大かつ感動的な物語に…。
一見の価値はあると思います。

ジョディ・フォスターの気の強そうな感じ、やっぱり上手いなぁって感じ。
そのジョディの結末も意外性と新鮮味があって良かったな。ジョディ・フォスターのああいうところ観た記憶がないので驚いた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
harukita

5.0映画『エリジウム』の衝撃

2013年9月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kansyawokomete

4.0リアリティ感満載。

2013年9月21日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

楽しい

興奮

ニール・ブロムカンプ監督らしいドラマ性があり、心打たれました。
大迫力のシーンは、あまりないものの、リアリティあふれるシーンが満載で、とても良い。
俳優陣が皆個性あふれるキャラクターになり切っていて、すごく面白い。
地球とエリジウムの世界が、本当にある様な映像で、良く作り込まれていて、これもリアリティがあり、さすがニール監督の映画でした。
最後の場面は、ちょっと感動しました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tatsu tatsu

3.5第9地区を引きづりつつ・・・のエンタメ作品

2013年9月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

興奮

第9地区で注目されたニール・ブロムカンプの作品。
マット・デイモン、J・フォスターが出演願との前情報ありで
やや期待値“高”での鑑賞。

半ば強引なストーリー運びありも
ギリ長さを感じさせない尺で
予想通りに終了なラストも
やっぱりながら腑に落ちる。

マット・デイモンは
はずれなしって感じでしょうか・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たむさん
「エリジウム」の作品トップへ