希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言

劇場公開日

  • 予告編を見る
希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言
0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

毎年約3万人が自ら命を絶っていく日本の中でも、2010年までに15年連続で最も高い自殺率を記録した秋田県で行われている自殺対策の1年間を記録したドキュメンタリー。人と人とのつながりの大切さを説き、過疎化が進む地域のコミュニティを復活させようと、1杯100円のコーヒーサロンを立ち上げた「心といのちを考える会」会長で住職の袴田俊英さんや、かつての自身の経験から会社経営者とその家族の自殺防止に取り組むNPO法人「蜘蛛の糸」の佐藤久男さんらが、それぞれの取り組みのなかで多くの人と出会い、やがて個々の民間団体が連携して大きな流れを作り出していく様子を追う。

2012年製作/102分/日本
配給:ロングラン・映像メディア事業部

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
企画
都鳥拓也
都鳥伸也
打田内裕子
製作
都鳥拓也
都鳥伸也
撮影
都鳥拓也
編集
都鳥拓也
整音
若林大介
音楽
柴田晃一
ナレーター
大久保千紗
全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5

(C)「希望のシグナル」サポーターズ・クラブ/ロングラン映像メディア事業部

映画レビュー

2.0自殺予防とは

2018年6月13日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

悲しい

その人がその人として居られる(必要とされる)コミュニティ作りを推していました。
自殺は独り寂しくやってしまうかと思いますが、例え家族が居ても心は独りとか、これでは自殺は減らないと。
いつの間にか、人間の生活の便利さを追求して発展していた人間社会は利益を追求して合理化の名の元に人間を切り捨てている等ドキュメンタリーらしい切り口がありますが、これを観るだけではまだ足りないのではと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
うにたん♪(新型コロナで映画館へ行くのに躊躇う)
すべての映画レビューを見る(全1件)

他のユーザーは「希望のシグナル 自殺防止最前線からの提言」以外にこんな作品をCheck-inしています。