私が、生きる肌

劇場公開日

私が、生きる肌
19%
52%
22%
3%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ペドロ・アルモドバル監督とアントニオ・バンデラスが「アタメ」(1989)以来22年ぶりにタッグを組み、最愛の妻を亡くし禁断の実験に没頭する形成外科医と、数奇な運命をたどるヒロインの姿を描く問題作。画期的な人工皮膚の開発に執念を燃やす形成外科医ロベルは、かつて非業の死を遂げた最愛の妻を救えるはずだった「完璧な肌」を創造することを夢見ていた。良心の呵責や倫理観も失ったロベルは、ひとりの女性を監禁して実験台にし、人工皮膚を移植して妻そっくりの美女を作り上げていく。

2011年製作/120分/R15+/スペイン
原題:La piel que habito
配給:ブロードメディア・スタジオ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第69回 ゴールデングローブ賞(2012年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  

第64回 カンヌ国際映画祭(2011年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ペドロ・アルモドバル
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

Photo by Jose Haro (C) El Deseo

映画レビュー

2.0期待していただけに。

2021年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

TSUTAYAでレンタルしてチラ見しました。

ネットで2chまとめサイト(狂気じみた映画BEST!云々..)とか見て、初めて聞いたそのタイトル、そのストーリー展開に期待して観ましたが、いまいちモノ足りなかったかな。

ストーリーのアウトラインだけ聞くと、ものすごく狂気的で且つ、猟奇的な映画だと思ったんだけどね。映像美も画角とかも、もちろん問題なく上質だし、バンデラスという一流俳優出てるし、女優さんは奇麗だし..だからこそ、自分的には非常に期待していただけに、そのぶんガッカリ差も大きかったです。

けどそれは監督が超一流監督だからこそだよね。ストーリーの狂気さを、その手腕の上手さが殺してしまっていて、こその雑味もなくて少し退屈。
見ている自分の感情の起伏もラストまでほぼ平坦に進んでいきました。
他の方のレビューはいろいろと書かれているけど、私的にはとても退屈でした。

~劇終~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チラ見ヶ丘キネ太郎

5.0最高にロマンティック

2021年7月13日
iPhoneアプリから投稿

アルモドバル監督らしい、演出、舞台、セリフ、ストーリー展開、全て大好きです。逸脱した愛ではあると思いますが、純愛だと思います。原作が読みたくなりました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Miwako Hori

4.0亡き妻を造る・・・

2021年1月30日
スマートフォンから投稿

怖い

面白い邦題をつけましたね♪ すごい物語ですねえ~、男を監禁して妻そっくりに手術して抱いちゃうんですから・・人はみんな大なり小なり変態ですが(笑)、これはかなりの・・変態?狂気?どちらかな?どちらもかな(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
映画は生き甲斐

3.5思ってたより芸術的価値のある作品だと思った

松田さん
2020年9月19日
iPhoneアプリから投稿

思ってたより芸術的価値のある作品だと思った

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
松田
すべての映画レビューを見る(全32件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る