バンバン・クラブ 真実の戦場

劇場公開日

バンバン・クラブ 真実の戦場

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ピュリッツァー賞を受賞した若き戦場カメラマンの苦悩を描いたノンフィクション小説を、ライアン・フィリップ主演で映画化。1990年代初頭、内戦状態にあるアパルトヘイト末期の南アフリカで、グレッグ、ケビン、ジョアオ、ケンの4人の戦場カメラマンは次々と決定的な瞬間を捕えていく。グレッグは人間が炎に包まれる写真でピュリッツァー賞を受賞し、命知らずな4人は「バンバン・クラブ」と呼ばれて注目を集める。グレッグに続き今度はケビンが、スーダンで飢餓状態の少女とハゲワシを撮影した「ハゲワシと少女」という写真でピュリッツァー賞を受賞するが、その写真は「報道か人命か」という議論を巻き起こす。刺激的な被写体を求め続ける4人は、次第に精神のバランスを崩していき……。ケビン役は「ジョン・カーター」「バトルシップ」のテイラー・キッチュ。

2010年製作/108分/カナダ・南アフリカ合作
原題:The Bang Bang Club
配給:「バンバン・クラブ 真実の戦場」実行委員会

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8

(C)2010 Shooting Foundry Film Inc / Out Of Africa PTY

映画レビュー

4.0戦場カメラマン

2014年2月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

難しい

戦場カメラマンのリアルな話。
改めて生と死が隣り合わせの世界だなと痛感しました。
正直戦場の最前線で写真を撮りよる人の気持ちなんか理解できません。
この作品では、その人達にも葛藤も描かれてましたがもっと前面に出してほしかった。
でも、この人達がいるおかげで戦場の、最前
線の様子が僕達にも伝わり、戦争の悲惨さを世に知らせてくれてて、それはそれで必要なのかなと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
mousououzi
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る