ソウル・オブ・ロック
ホーム > 作品情報 > 映画「ソウル・オブ・ロック」
メニュー

ソウル・オブ・ロック

劇場公開日

解説

居酒屋と音楽スタジオを舞台に描く脱力系コメディで、「フィールヤング」(祥伝社)で連載されたノセクニコの同名コミックを実写映画化。売れないロックバンド「バーミヤンズ」でボーカルを担当するレイカは仕切り屋で強引だが、持ち前の明るさでバンドを引っ張っていた。ドラムのザキはマイペースな変わり者で、常に冷静な傍観者。ギターのタクは情熱的だがいつも空回りしてばかり。全く性格の異なる3人が居酒屋で夢を語り、時にスタジオでケンカもしながら、ロックへの愛と未来への夢を追いかけていく。「SEVENTEEN」専属モデルの有末麻祐子が映画初主演を飾る。

スタッフ

監督
プロデューサー
西健二郎
森角威之
中町サク
企画
中町サク
原作
ノセクニコ
脚本
天野裕充
撮影
中尾正人
編集
天野裕充
劇中歌
へーけ

作品データ

製作年 2011年
製作国 日本
配給 BANANAFISH
上映時間 70分
オフィシャルサイト  

Amazonプライムビデオで関連作を見る

他のユーザーは「ソウル・オブ・ロック」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi