ユダ

劇場公開日

解説

元カリスマキャバクラ嬢として人気を誇ったタレント・立花胡桃の自伝小説「ユダ 伝説のキャバ嬢『胡桃』」を映画化。新宿・歌舞伎町でナンバーワンキャバ嬢にのぼりつめてもなお、男をコントロールし、大金を稼いでいく主人公・絵里香の19歳からの8年間を描く。ある出来事がきっかけで自身の弱さに嫌気がさした女子高生の絵里香は、ふとしたきっかけでそれまで無縁だったキャバクラの世界に居場所を見出す。過去と決別し、欲望渦巻く夜の世界で、キャバクラ嬢の胡桃として這い上がっていく絵里香だったが……。

2012年製作/109分/R15+/日本
配給:アイエス・フィールド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2012 立花胡桃/ユダ製作委員会

映画レビュー

3.0【キャバクラ】

ワンコさん
2021年9月25日
iPhoneアプリから投稿

自伝的小説が原作だと知らなければ、単にステレオ・タイプの作品だと思っていたと思う。

でも、面白いわけではない。

僕は、キャバクラは接待以外で行ったことはない。
そのキャバクラやクラブでの接待は、業界として、今やタブーとなっていて御法度だ。
グローバルなダイバーシティの観点から、ダメになって、もう20年近くなると思う。

でも、先輩や同期や後輩には、プライベートでキャバクラに行くのが大好きなのは結構いる。
そして、コロナでなかなか行きづらくて、死にそうになっている。
死ね!笑

さて、この作品、別に面白いわけではないが、河瀬直美監督の「光」や、ゴリ監督の「洗骨」で印象的な演技をしていた水崎綾女さんが主人公役で、若い鈴木亮平さんまで出ていて驚いた。本当に驚いた。

水崎綾女さんは、この「ユダ」のしばらく後に、河瀬直美さんの「光」で好演、映画のエンディングのナレーションをした樹木希林さんに舞台挨拶でちょっとからかわれていたことを覚えていて、この作品については全く知らなかった。

キャバクラ大好きな僕の友人に言われて配信で観たけれど、まあ、配信のサブスクで観れるんだったらって感じでした。

ごめんなさい。

水崎綾女さん、明日の食卓でちょっと見かけたけど、もっといろいろ出れば良いのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ワンコ

2.5キャバクラの権力闘争

2020年5月9日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

主人公(水崎綾女)は高校生で妊娠、彼氏からは突き放され、ひょんなことからキャバクラに勤めることに。
中絶後、歌舞伎町でキャバ嬢となり、いろんな男と知り合い、絶頂期と没落を目の当たりにする。
夜の街は規模の違いはあれど、どこも同じだと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5キャバクラ好きのための映画

光陽さん
2019年8月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

興奮

ありきたりなストーリーではありましたが、キャバクラ好き、夜のネオン街が好きな人にはきっと面白かったでしょう。
ということで、僕はまあまあ面白かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
光陽

2.5安っぽい部分と、丁寧な部分

Ayakaさん
2018年11月13日
iPhoneアプリから投稿

安っぽい部分と、丁寧な部分の差が
なんとも言えなかった。

始まりは安っぽく、途中また丁寧になり
ラストも安っぽい。

どうなって終わったのか不明で
始まりの、ナレーションは必要かな?と思った
夜の世界は、どうしても偏見がある人がいて
「誰も憧れてないよ。」と言われて終わってしまいそうな
余計なナレーションだった。

キャバ嬢としての一面がみんなが憧れるのではなく
自分ではない、何者かになりそれに価値を見出す様が
女性としてどうか、というサクセスストーリーを見てほしい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ayaka
すべての映画レビューを見る(全10件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る