デタッチメント 優しい無関心

38%
45%
13%
4%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アメリカン・ヒストリーX」のトニー・ケイ監督が、ひとりの男性教師の視点から現代アメリカの荒廃した教育現場の実情を浮き彫りにした社会派ドラマ。臨時教師として公立高校に赴任してきたヘンリー・バルト。はじめのうちは生徒や他の教師たちと距離を置いていたヘンリーだが、いつしか彼らの人生に深く関わるようになっていく。「戦場のピアニスト」のオスカー俳優エイドリアン・ブロディが主人公に扮する。2011年・第24回東京国際映画祭コンペティション部門で上映(映画祭上映タイトル「デタッチメント」)。

2011年製作/97分/アメリカ
原題:Detachment

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

5.0二重思考を理解し、それを判断する力をつけるのは読書をすること

2021年2月7日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

米国の学校の描写だが、ちょっと誇張しすぎたきらいがあると思った。『親が学校訪問できる夜』のどのクラスにもに誰も来ないというのはあまりにも非現実的すぎる。それに、教育コメディーにはならないが、なにかニューヨークの都市部の公立の教育を滑稽に扱っているところもある。個人的に、ちょっと不自然すぎると思う。 いつの時代背景の映画か、よく知らないが『No Child Behind 落ちこぼれをなくせ!』、ブッシュ(George W. Bush)の政策
を公立学校がとっている時代で、2001年以降の話だろう。

ところで、教育界の問題より、ヘンリー(エイドリアン・ブロディ)ののデタッチメントの生活がどう変わっていくかが焦点だと思える。
人間、誰一人、心休まる生活をしているものはいないんんだなあ。みんな多かれ少なかれ、内面で悩みを抱えているんだなあ。それをどうしているのか?解消できているのか?心の中で消化できて、一歩進めていってるのか?心の中のものを吐き出せる場所があるのか?

ヘンリーは社会とのデタッチメントの生活をしている。例えば、3週間、高校で、臨時教師をしている。これこそ、その学校の生徒や教師や組織との深い関わり合いを持ちたくないと言う気持ちなのだ。自分のことを話さないし、静観していいて、かかわりあいを持ちたくないのだ。臨時教員だからこそ、学校組織のことには一切発言をしないが、3週間の間で生徒に『怪我させなきゃいい』と考えるが、3週間後は、また、他の学校に移ると言うデタッチメントの生活。

売春をしているエリカに最初バスであったけど、そのあと、『もっと問題を抱えているようなのはあなただ』と罵倒されたが、その通り、ヘンリーの幼期の問題が影を引いていて、彼から離れない。自分の父親が家出し、祖父(老人ホーム)が母親と関係を持って、その後、睡眠薬自殺をしたことが心の傷となっている。痴呆になっている祖父も死期間際まで、ヘンリーの母親に何か悪いことをしたことが、気になっている。多分、こころの中を曝け出すように、日記をつけるためのノート(作文帳)をあげたが、なにも書き込んでいない。

ヘンリーは十五歳の家族がいないにエリカに初めて、自分の心のなかの暗い面を打ち明ける。それをエリカが静かに聞いてあげるシーンが最高にいい。かれの気持ちを心から理解してあげられるんだから。 ヘンリーは自分の心のうちを吐き出す場所として、日記を書き留めていて、エリカ(サミゲイル)にもノートをプレゼントしたが、未成年のエリカだけが日記をつける。

システムの中で生きていて、ヘンリーは『みんなが落ちこぼれている』と最後に言っていたが、少なくても、ヘンリーは心のある人間で祖父、エリカを助け、成績や素行の悪い学校の生徒を引きつける授業をしたことで、落ちこぼれたと思わなかったし、一言にみなが落ちこぼれと片付けられない。ただ、毒のカップケーキを食べ自殺したメレデス(Betty Kaye-監督の娘)のことは詳細がわからないからなんとも言えないが。 彼女の気持ちに寄り添おうとしたことは確かだが。。。 女性教師に自分は『助けようとしただけだ、自分を若い女性に性的被害を与えるようだと思っているのか』といって机を投げるジーンだが、これが自分が幼少のころの祖父と母が被って現れてくる。デタッチメントの生き方でもここで本音で信条を出して戦えた。

好きなシーンは、ヘンリーが『勉強しろ』と言わないで、二重思考(Doublethink)について教壇ではなしたのち、『私たちは自分の想像を刺激して自分の意識や信念を育むために読むことを学ぶ必要がある。私たちは皆、自分の心を守るために防御するためにこれらのスキルを必要とする』高校生はこの話をよく聞いていた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Socialjustice

3.0凄惨な教育現場のリアル

chibirockさん
2020年4月30日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
chibirock

4.0人と関わる仕事

Momokoさん
2019年12月1日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

の病理をよく描いている。
主人公の子供の頃の映像がところどころに挟まれていて、孤独な彼の瞳が印象的。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Momoko

2.0詩のような

がいさん
2015年1月6日
iPhoneアプリから投稿

悲しい

作品。重い悩みのない今の私にはあまりグッとこなかった。太った女の子は抱きしめないでスリムな可愛い女の子は抱きしめるの?と変な所が気になった。映像的には好きなタイプなんだけど。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
がい
すべての映画レビューを見る(全8件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「デタッチメント 優しい無関心」以外にこんな作品をCheck-inしています。