忍道 SHINOBIDO

劇場公開日

  • 予告編を見る
忍道 SHINOBIDO
33%
33%
17%
0%
17%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

栃木県日光市のテーマパーク「江戸ワンダーランド 日光江戸村」が開園25周年を記念して製作した時代劇アクション。泰平の世が訪れ、使命を終えた忍たちは里で静かに生きていた。しかし、忍たちの力を恐れ、その存在を抹消しようと企む者たちが隠密組織「黒羽衆」を差し向ける。女忍のお甲は、族長の命に従い黒羽衆の侍と目される東五郎を密かに調査するが、次第に東五郎に対して恋慕の情を抱いてしまう。主演は「鈍獣」「nude」の佐津川愛美。共演に人気アイドルグループ「AKB48」の菊地あやか。

2012年製作/93分/PG12/日本
配給:ジョリー・ロジャー

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4

(C)2011 EDO WONDERLAND Studio

映画レビュー

4.0日光江戸村に行ってみたくなるほど、実に切れのいい忍者アクションが楽しめました。

2012年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 日光江戸村がスポンサーとなり、全面監修をしているため、実に切れのいい忍者アクションが楽しめました。通常の時代劇と比べて、殺陣が超高速で、飛び回るところが忍者ものならではのお楽しみですね。主演の佐津川愛美は本来はホリプロ所属のアイドルなのに、本作では果敢なくのいちぶりを、吹き替えなしで披露してくれました。
 冒頭から、捕まった仲間を里の秘密を守るため抹殺すべく敵陣に単身乗り込んで、バッタバッタと敵を倒すところはなかなか痛快です。
 忍者であるときの人相は険しく、まさに忍びの顔なのに、里に戻ったり街中に隠棲しているときは、あどけない少女の顔つきとなって、とても愛らしいのが魅力的。一見の価値有りです。

 物語の核心は、忍の壊滅を企てる黒羽衆と忍び軍団の対決を軸に、その裏で黒羽衆の侍である東五郎とお甲の悲恋が語られます。
 東五郎とお甲は、双方の軍団の監視役として、街場に草として隠棲しているとき、偶然知り合い、恋に落ちるのです。東五郎とお甲は、当初はお互いの素性を知らされていませんでした。双方のトップから警告され、お甲は仕方なく東五郎に黙って里に戻ります。
 やがて、里の所在地がバレて、黒羽衆の軍団が里を襲います。黒羽衆の幹部で腕の立つ東五郎は、次々里の忍者を斬り殺して、ついにお甲と対峙するところが、一番の見せ場でした。
 果たして、愛し合う相手を殺すことができるのか。興味深い筋運びですね。ラストの黒羽衆の軍団と忍者軍団が総力戦でぶつかるシーンはなかなか迫力あって見応えありました。
 但し、東五郎とお甲の関係は余りにプライトニック過ぎます。もう少し男女の情念を色っぽく描いておいた方が、対決シーンでの互いの苦悩が引き立ったと思います。その結果も意外とあっさりしたもので、もう少し、一緒に逃げようとか、余韻やアヤをつけた方が互いの置かれた立場からの葛藤感がもっと演出できたのではないかと思うのです。

 とにかく見終わって、日光江戸村のアクションを見直しました。日光はよく行くところなんで、鬼怒川・川治温泉に立ち寄ったときは、ぜひ見学に行ってみたいものだとと感じた次第です。

 出演者では、研ナオコの忍者の首領役は、ちょっと喜劇すれすれのキャラで、本人は凄く真面目に演じているのだけれど、見ているだけで可笑しい存在ですね。お甲の妹分役で出演している、AKB48の菊地あやかはいささか大根気味。お甲の監視役として、街中で一緒に行動する霧助役三浦孝太(最近では、映画『ファイナル・ ジャッジメント』に主演)が、お甲の許される愛を諫める役どころを演じいい味を出していました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵

5.0息子と鑑賞

2012年2月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

大変面白かったです!
息子と観にいきました。
ハードなアクションもありましたが、
あまり血が飛び散るような作品じゃなくてよかったです。
ただ、帰宅後、息子が掃除機のジョイントを振り回して困っています(笑)。

女性が主役なので、女性が観ても感情移入できますよ。
よければ観てみてください。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ツカミー

4.5息を呑むアクション!

2012年2月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

興奮

時代劇ファンとして、当作を観てきました。
もともと、忍者モノは苦手で、どちらかというと避けてきました。
ですが、主演の女優さんをテレビドラマで拝見して、
「こんな可愛く、華奢な人が忍者を!?」と興味を持ち、劇場へ。

内容は書きませんが、満足しました。
女優さんのアクションが想像より遙かに素晴らしく、
その迫力に息を呑みます。
あと、豪華な出演陣に驚きました。
観て損はないと思いますよ。

オススメ!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
時代劇フリーク

1.0つまらない・・・

movieeeeさん
2012年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

寝られる

「あずみ」の二番煎じほどにも魅力のないキャスト。
チラリズムも何もなく、アクションもテレビ「おりん」に及ばない。
なぜこんな映画を企画したのか?プロデューサーの顔が見てみたい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
movieeee
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「忍道 SHINOBIDO」以外にこんな作品をCheck-inしています。