北のカナリアたち

劇場公開日

北のカナリアたち
10%
42%
37%
7%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

湊かなえの連作ミステリー「往復書簡」(幻冬舎刊)に収められている「二十年後の宿題」を原案に、吉永小百合主演、阪本順治監督で描くヒューマンサスペンス。日本最北の島・礼文島と利尻島で小学校教師をしていた川島はるは、ある事件で夫を失う。それをきっかけに島を出てから20年後、教え子のひとりを事件の重要参考人として追う刑事の訪問がきっかけとなり、はるはかつての生徒たちに会う旅へ出る。再会を果たした恩師を前に生徒たちはそれぞれの思いを口にし、現在と過去が交錯しながら事件の謎が明らかになっていく。脚本を「北の零年」の那須真知子が担当。撮影は「劔岳 点の記」の木村大作。

2012年製作/130分/G/日本
配給:東映

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 日本アカデミー賞(2013年)

受賞

優秀音楽賞 川井郁子

ノミネート

優秀作品賞  
優秀監督賞 阪本順治
優秀脚本賞 那須真知子
優秀主演女優賞 吉永小百合
優秀助演男優賞 森山未來
優秀助演女優賞 満島ひかり
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3

(C)2012「北のカナリアたち」製作委員会

映画レビュー

3.5吉永小百合VS満島ひかり、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平、森山未來、勝地涼

2021年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

吉永小百合主演、阪本順治監督で湊かなえの連作ミステリー「往復書簡」所収の「二十年後の宿題」を原案に映画化。日本最北の島・礼文島と利尻島でロケをした、今を思えば非常に贅沢な製作体制だった。
小学校教師だったはるが、ある事件をきっかけに、かつての教え子たちを訪ね歩くわけだが、
満島ひかり、勝地涼、宮崎あおい、小池栄子、松田龍平と実力派がずらり。そのうえ、キーパーソンとして森山未來が控えているから抜かりはない。余談だが、島でのロケ取材は人間味あふれる事が多々あり、撮影監督を務めた木村大作のはちゃめちゃな振舞いが懐かしくもある。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
大塚史貴

4.0カナリアたちの『あの時』の事情と『その後』の境遇が豪華キャスト陣に...

tunaさん
2022年3月18日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

カナリアたちの『あの時』の事情と『その後』の境遇が豪華キャスト陣によって描かれています。
間延び感が否めない展開でしたが、極寒地で暖かく描かれていて胸を打たれました。
良かったです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tuna

5.0吉永小百合の最高傑作の映画だと思います 彼女の長いキャリアの中でも、その主演映画で一番上出来の映画だと思います

あき240さん
2022年1月25日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

吉永小百合67歳
図書館の司書を定年退職するシーンがありますから、役は60歳ということになります
回想シーンは20年前だから40歳の設定
67歳なのに40歳に見えるのだからすごいものです
昔の40歳はこんなもんです

脚本が大変にすぐれています
まず冒頭でなぜあのように悲しげに石を投げられて一人寂しく島を去るのかの疑問を提示して、殺人事件の容疑者として追われる教え子の動機の追跡が、いつしか主人公の過去の謎を解くことの方に重点が移っていく構成が上手いです
雪の冬、子供達が歌う明るい陽光の春、燃える熱情の夏
シーンの意味と季節の連動が明快です

最後にはすべての謎も、全ての登場人物のわだかまりも春を迎えた雪のようちに溶けていくのです

子供達の合唱シーン、終盤の合唱シーン
あざとくてもこれで良いのです
感動しました
これでこそ映画です

また6人の元生徒達のそれぞれの20年後の大人になった現在も要領よく説明しています

例えば小池栄子の演じる稚内の溶接工の不倫の現状と心境の吐露を、あざとくても修羅場をあえてわざとぶつけることで、ものの5分程度で片付けてみせてます

主人公の性格と小学校の先生という役の設定が、吉永小百合の持つ雰囲気にぴったりとあっているのです
彼女の演技が役にとてもマッチしており、ごく若い時をのぞけば一番自然な演技であり成功していると思います

自分は吉永小百合の最高傑作の映画だと思います
彼女の長いキャリアの中でも、その主演映画で一番上出来の映画だと思います

カメラもさすが木村大作だ!と感嘆する美しい映像が撮れています
彼の気合いの入り方が違うことがよくわかります
本気を出すとここまで凄いんです

礼文島の南端に分校のセットが保存されて観光施設になっているそうです
遠い遠い最果ての島ですが一度訪れてみたいものです

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あき240

3.0心が荒んだ時に

ミカさん
2020年4月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

悲しい

古き日本の良心が詰まった作品で、心が荒んだ時に鑑賞すると心洗われると思います。私が子供の時の日本映画やドラマは、今作みたいな人情作品が多かった様な。誰かを庇う気持ちや思いやりは、ドライな自己責任論よりやはり人を幸せにしますね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ
すべての映画レビューを見る(全55件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る