ボーン・レガシーのレビュー・感想・評価

ボーン・レガシー

劇場公開日 2012年9月28日
81件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

おうち-139

Run for Money
逃走中。

デイモン閣下も大好きなのですが、ジェレミーさんも大好き!
でもMIシリーズのほうが、アクション含めてかっこよかったかも。
今や主役をはるオスカー・アイザックがチョイ役とは!

シリーズ全体に漂うオシャレ感は継続。
こういう、シリーズ通してその映画にしかない雰囲気を醸し出してる作品って好きなんです。『トランスポーター』とか。
JBシリーズで言えば、人の肌を綺麗に撮らない(スマホのシャープ加工のような)ところ、音楽なしのアクションシーンでしょうか。

ただどうしてもデイモンさんの三部作と見比べてしまうので、ボーンだけが持つ不条理な悲しさや憤りにやるせなくなる…というのはないし、
途中、ただ薬欲しいやつに見えてしまって(すません)。
シリーズ抑えていても、人物、背景、計画がぽんぽん出て来てプチパなるけど、説明は一切ないから初見には厳しそう。
一般女性(訓練を受けていないという意味で)と逃避行というプロットも同じなので、既視感は否めない。
マニラの場面では警察の包囲網に気づかないって、ん?と思いましたし。JBなら気づきそうなもんだが。
ジェレミーが狭い壁と壁の間を落ちるシーンも折角かっこいいんだから、もっとかっこよく撮れそうなもんやけど、と素人は思う(笑)
あとアクションがもっと欲しい。

ハンターことNo.3ももうちょい強いほうがいいのでは。
あ、Run for Drugsですね間違えました。

かいり
かいりさん / 2019年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ボーンシリーズのスピンオフ作品

 ボーンシリーズのスピンオフ的な作品。頑ななまでにマット・デイモンが出てこないのが印象的 笑
 主人公のジェレミー・レナーは、マット・デイモンに劣らず骨太なアクション演技だったし、ストーリーもスリリングな展開でよかったけど、前作アイデンティティやアルティメイタムで見たことある?みたいなシーンが多かったかな、、
 ヒロインのシェアリング博士は、シリーズ随一の魅力だった。意外にも、レイチェル・ワイズ、映画公開時に、40代なんですね。若い。。

かつ
かつさん / 2019年3月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボーンのいないボーンシリーズ。もう無理がある。 ボーン3作目ですら...

ボーンのいないボーンシリーズ。もう無理がある。
ボーン3作目ですらほぼ思考不能状態だった私、本作は完全思考停止。いったいこれ、ボーンの話とどうつながってるの?エンドソング?(笑)
ヒロインはなかなか良かった。バイクアクションも手に汗握る。
しかし、やっぱり根本が分かってないとね。なんとも不思議なもったいない作品でした。

はむひろみ
はむひろみさん / 2019年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

腹が立つほどつまらない。

興味を引かれる謎を追っているわけでもなく、一個一個のエピソードが面白いわけでもないのに異様に展開が遅い。これを最後まで見てられる人はどんな修行にも耐えられるだろう。

KIDOLOHKEN
KIDOLOHKENさん / 2019年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ダサい字幕訳も気にならないほど壮絶な駄作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 雑に紹介すると、ホーク・アイがキャプテン・アメリカになってハムナプトラのヒロインと一緒にターミネーターに追われるお話。前3作がそれぞれエポックメイキングな傑作としてアクション映画のトレンドをぐいぐい牽引してきたボーンシリーズにおいて本作は完全な面汚し。だいたいこのシリーズの肝は”あいつを怒らせたらダメでしょ?”というところ、すなわちケタ違いの戦闘スキルを持った男がかつて自分が所属した組織に単身戦いを挑むカタルシス。でも今回戦う相手は製薬会社の警備員とかアメリカ政府の格下工作員ぐらい・・・ドラクエのスライムレベルの雑魚キャラ倒してドヤ顔されてもなぁ。

 今回主人公を抹殺しようとする組織は完全にアホ集団。まずアラスカの山中の小屋にいる主人公を遠隔地からミサイルで狙うわけですが、昼間にやるからまんまと逃げられる。寝てる間に狙ったら一発やっちゅうねん。だいたい国家機密保持が目的なら確実に抹殺せんなんわけでミサイルボン!よかったね!で済むわけないやん。ちゃんと精鋭部隊を送り込まんとアカンでしょ、何仕事端折ってんねん?

 当然の結果として秘密を握る科学者レイチェル・ワイズともどもまんまとマニラまで逃げられた組織はバンコクにいた工作員を1名現地に派遣・・・たった1人?いくら主人公と同じようなスキルを持つ男やとしても、サイドキック的なスタッフはおらんとダメでしょ?それまで散々人工衛星使ったりして支援してたのに、こいつがマニラ入りした途端にサポート終了、それってやる気あんのかいな!?で、こいつが無表情で猛然と追いかけ始めてから『ターミネーター』みたいなことになっていくわけですが、もうこの辺は全然笑えないギャグになってしまっている。ちゃんとしたスタントマン起用して撮影している大層なスタントシーンですが全3作と違って作り物臭さ、すなわち段取りがきっちり見えてる感じになっていて失笑しかない。

 前3作の脚本書いている人が監督ですが、映像センスに乏しいんでしょうね。一カ所だけムチャクチャスタイリッシュなシークェンスがありますが正味10秒もない・・・全長135分ぐらいなのにそれだけかよ!?一応シリーズなので前作『~アルティメイタム』と同時進行しているような設定になってますが、取ってつけたようなシーンが挿入されるだけで全部蛇足。そういうのがやりたければ『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』を最低50回は観ないと。

 とにかくダメなのは肝心の美味しそうなシーンが全部予告で使ってしまっていること。予告を観た人なら容易に要所要所のオチが読めてしまう。さすがにそろそろ予想外の展開があるでしょ?と思ったら、スーッとカメラが引き始めてジ・エンド。ポップコーンをスクリーンに投げつけなかっただけ自分もオトナになったなあと感心するくらいヒドいクズ映画。あまりにもヒドすぎるので戸田奈津子さんによるダサい字幕訳も気になりませんでした。

よね
よねさん / 2019年1月15日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

"NO MORE" いなかったニ匹目のドジョウ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

1人で勝手に「ジェレミー・レナー強化月間」の第五回は「ボーン・レガシー」です。あのジェイソン・ボーン・シリーズのあからさまにニ匹目のドジョウを狙った本作なのですが、ドジョウはいなかったようです。ただ映画館で観て面白くなかったという記憶があったのですが、久しぶりに観直すとそこまで酷くはないかなとも思えます。マニラでのチェイスシーンとかけっこう好きかも。

本作のジェレミー・レナーは国家に創られた屈強なスパイの位置付けなのですが、特に演技が上手いなって事を感じる事もなく、なんというか普通でした。アクションの流れ、例えばマルタの家でのシーンは好きなのですが、演技としてみると普通ですね。

レイチェル・ワイズが相変わらず美人です。当時42歳という年齢で博士役に説得力が出てます。博士があまり若かったりするといかにも作り物っぽくなるんで、あまり好きではないんですよね。エドワート・ノートンはいったいなんだったんでしょうか?本作では回想シーン以外ではアーロンに会ってもない!冒頭のアラスカでのオスカー・アイザックのシーンも長い割に大きく物語に絡んでくる訳でもなく、ちょっと不思議でした。

というわけで色々と雑で評価が低いのも納得できる本作。最後のNo.3とか強い強いと言われてたのに追っかけ方が雑なら、やられ方も雑でしたしね。有名シリーズのスピンオフにして有名な俳優使ってる割にあまりパッとしなかったのも納得なできばえでした。

アキ爺
アキ爺さん / 2018年12月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

詐欺にかかるのである

紛らわしい題名付けるなやつーの。
出て無いや無いか!
似て非なるものですやん!
オモロナイ。クソとは言えないそこそこの出来で、微妙ですが。
題名ちごたら楽しめたのに、イケズ。

アサシン
アサシンさん / 2018年10月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

4作目

再視聴ですが、あまり記憶になかった。薬を投与してのアーロンなので、ジェイソンボーンの凄さが改めて思い知らされる作品。この後どうなったのかしら〜。ラストの音楽はいつもので良かった。

サラ
サラさん / 2018年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前回までの3作で謎も回収して解決と思ってたら、その後もまだいろいろ...

前回までの3作で謎も回収して解決と思ってたら、その後もまだいろいろありましたってことで、しかもボーンも出てこないということからどうすんのかと思ってたけど、すごく面白かった。

なんかデイモン出ないみたいだし見なくてもいいかなって思ってる人はもったいない。デイモンの個人的ファンなだけとか、サイドストーリーに興味がないって人はまぁいいけど、世界観がより多角的に楽しめてアクションもまったく遜色なく素晴らしいし、あくまでも次作に繋げる作品としては十分楽しめる映画でした。

アルティメイタムはカーチェイスがものすごいできだったけど、レガシーはバイクのシーンが出色の出来栄え。

作品の雰囲気としては冗談の一つも言わない陰のあるデイモンと違って、ジェレミーのほうが色気もユーモアもあって、レイチェルの美女っぷりも今までのボーンシリーズの比ではなく、二人で敵から逃走するところなんかもあるから、あれ?これ007だったっけ?って感じがあるのは否めない。ラストシーンなんてまんま007のオチだもんねw

supersilent
supersilentさん / 2018年3月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

単体としてはイマイチ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こういうサイドストーリー的な作品て嫌いじゃない。世界観を広げていろんな可能性を期待させてくれる。本筋で聞いたことのある作戦名やらが出てきて楽しめた。が、単体としてはイマイチ。これが当たればボーンの世界はもっと広がったのかもしれないが、ここまでかな。

ずん
ずんさん / 2018年2月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

改めて見てみると…

ボーン・シリーズで脚本を担当したトニー・ギルロイが、『ボーン・アルティメイタム』と同時期に起こっていた事件を描く、シリーズ4作目(?)

映画館で観た時は、だいぶ期待はずれな印象しか無かったけど、改めて見てみると、そんなに悪くはない(^^)b
ただ、やっぱしこのシリーズはリアリティが売りなのに、最後の敵がちょっと人間離れし過ぎちゃってたのは残念。
おまけに、ちょっとカッコ悪かったし(^_^;)

それにしても、レイチェル・ワイズ、エドワード・ノートンといった人気俳優で脇を固めても、ジェレミー・レナー主演ってのは、ちょっと弱い気がする…

n.yamada
n.yamadaさん / 2018年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

レイチェル

全然おもしろい。トレッドストーン作戦とかの極秘作戦が、果たして規模が大きいのか、小さいのか、よく分からないけど。ラストのバイクチェイスはターミネーター2みたい。エンディングが、ちょっと安い香港映画みたいで素晴らしい。

pigeyes
pigeyesさん / 2017年10月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小粒

なんだろう。やむを得ない事情で作られた駄作という感じがする。
設定も展開も単純だし、アクションも物足りない。元のボーンシリーズに影響しないよう配慮されてるのか、目新しい情報も伏線も伏線回収もない。

佐ぶ
佐ぶさん / 2017年10月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボーンすら登場しない

ひどい作品でした。 アメリカ政府と てき (ボーンではない誰か) が戦いますが、 希薄なストーリーと意味不明な展開が延々と続くだけです。 アクション シーンなどもありきたりで、 過去の複数の映画のよくあるアクションを継ぎはぎしたようにしか見えませんでした。

ボーン シリーズは大人気シリーズです。 私は第一作目をみて感動しました。 しかし、 2作目以降は非常に劣悪でした。 今回の 4作目も例に漏れず、 低俗な作品に成り下がっていました。 と言うか、 今作では ボーンすら登場しないため、 もはや [見るに堪えないレベル] です。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ボーンサイドストーリー

ジェイソン・ボーン同様、CIAに翻弄されたプログラム参加者の悲劇を描く。
今回、ジェイソン・ボーンことマット・デイモンは出演せずに、新たなヒーローアーロンをジェレミー・レナーが演じる。
プログラムを隠蔽するために、有無を言わせず参加者を亡き者にするCIAはとんでもない組織だな。
今後、どこかで本作の主役アーロンとボーンの競演を観てみたいものだ。

321
321さん / 2017年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはこれで、、、

評判があんまり良くないのは知ってましたがボーンシリーズは好きだし、ジェレミーレナーも好きなので
とりあえず見ました。

「あ、これで終わりなの?」という感じはありましたが、
アクションは爽快だし、
アーロン?(ジェレミーレナー)がいつもカッコよく現れてヒロインを救う感じがとっても良かったです。

ヒロインの学者さんはどこかで見たことあるな、、、と思ってましたが
ハムナプトラとコンスタンティンでした。ちょっと痩せててパッと誰かわからず。

評判良くないのもまぁ納得と言えば納得ですが
面白かったので別に問題なし!です。

ぴすけ
ぴすけさん / 2017年5月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ボーン詐欺

ジェイソンボーンを演じるマットデイモンを写真のみでカメオ出演させた程度のボーンシリーズとの関係性。よくこの作品にボーンをつけたな全然関係ない気がするんだが笑。

CIAはトレッドストーン作戦と並行して他にもスパイ育成計画的なものを進めていた。その極秘裏に進めて来た1つの作戦が明るみに出てしまい、その被験者となっていたスパイ候補たちが次々と殺されていく。そのうちの1人であるアーロンクロスもその標的とされていた。

冒頭から横文字の作戦名連発でわけがわからなくなる。エドワードノートンの役所もいまいちわからないし、なんでアーロンを殺そうとしてたのかもよくわかんない。
つまり全体的によくわからない笑。
ジェレミーレナーのアクションはかっこいいし特に文句はないのだが、冒頭でも言ったようにこの作品にボーンを付けてどうしたかったんだろうってのは感じた。
アーロンとボーンは直接関わり合いがないわけで正統派な続編ではないし、かといってボーンに関するオマージュやら前シリーズを窺わせる
要素があるわけでもないから何か別の作品を観ている気分になった。

今後アーロンを主役にシリーズ化していくのかと思いきやの今年のマットデイモン復活新作だし、今現在非常に中途半端な存在に。
ボーンシリーズと名乗ったことが相当な裏目になってしまっている気がする。ただの単作だったらここまでズタボロに言われなかったんじゃなかろうか。残念。

オレ
オレさん / 2016年11月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

薬の意味って? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「ボーン・アルティメイタム」と同じ時間軸で、別の計画の別の工作員による逃走劇。ボーンシリーズのキャラも出ているので、ファンには、嬉しいスピンオフなのかな?

感想としては、シリーズ意識して制作してるけど、う~んな感じ。
まず、話が長い、丁寧というより、冗長でダラダラな感覚です。
序盤が長い、意味深なオスカー・アイザックとのやり取りは、一体何だったのか?後、薬のくだりはかなり意識して描いていますが、正直よくわからなかったです。途中飲まなくていいみたいな言い回しがあったのにPTSDの人には欠かせないみたいな理由でわざわざマニラまで行きます。後、錠剤から注射式に何故か変わっていて解毒薬みたいな解釈でいいのか?

女博士が研究室で同僚に襲われますが、薬で操られていた(゜ロ゜)

バイクチェイスのシーンも長すぎだし、No.3の刺客アイツ何なんですかね。
ターミネーターみたいに無表情で追いかけて最期は柱に激突(笑)

ジェレミー・レナーのアクションは、さすが!なのですが、話は基本逃げるだけだし組織はやること全て後手後手で動いていてなにやってんの?な印象。

続編あるらしいですが、( ̄~ ̄;)

Mt.ブルー
Mt.ブルーさん / 2016年10月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひと味違う ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今までのシリーズと比べるとパワー落ちしますね。まぁしょうがないのかな。

ジェレミーレナーは好きな俳優さんで、演技は良かった。
ですが、演出的に一つ一つのアクションだったり、バイクのシーンだったりが、普通なんですよね。
狭い壁の間を降りて行くシーンはおぉと思いましたが。

アルティメイタムのシーンとかザッピング?的に出てくるからどうしても比較しちゃうよねw

TPO
TPOさん / 2016年10月10日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

裏側

ボーンシリーズの裏側、アルティメイタムと同時進行のもう1つのストーリー

これはこれで面白い。ただジェイソンボーンの方は自分が何者なのかを探すのと同時に命を狙われ戦うという2つの美味しさがあるのだけれど、こちらは自分の命狙われ生きる為に戦うの1つ。
なので比べると美味しさが1つ足りない…その分地味。

でも世の中にはスピンオフの方が面白いよね♪って映画が結構あったりするので、本編を超えずにあくまでも控え目に、尚且つそこそこ面白いってとこがいいのかな?なんて思ったりw

豆
さん / 2016年10月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

81件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報