佐賀のがばいばあちゃん

劇場公開日

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

1980年代に一世を風びした漫才コンビ「B&B」の島田洋七が自身の少年時代をつづった同名ベストセラーを映画化。昭和30年代の広島。父親を亡くし、母親に女手ひとつで育てられていた明広は、佐賀で暮らす祖母のもとに預けられることに。極貧の厳しい状況にあっても、独特の人生哲学で気丈に切りぬけていくがばいばあちゃんとの暮らしの中で、明広はさまざまなことを学んでいく。主演はベテラン女優の吉行和子。

2006年製作/104分/日本
配給:ティ・ジョイ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1

映画レビュー

4.0 子育てに悩んでいる人がいたら、この作品で自信がつくと思います。心温まる一品。

2008年9月8日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 MOVIX柏の葉のワンコイン上映で見てきました。
 がばいばあちゃんというと、ドケチな鬼婆風のイメージがありました。でも映画をみたら全然違っていましたね。
 確かにすごいところはあります。常に大きな磁石を腰からぶら下げた紐引きながら、落ちているくず鉄を拾い集めるところは、がばいです。
 裏の川には堰を設けて、近くの市場で捨てられる野菜などをかき集めて、川はスーパーマーケットたい!と豪語します。そればかりか、灯籠流しで流されてきたお供えものをありがたく頂戴してしまうのです。
 でもその反面、ケチなばかりではありませんでした。明広がケガをしたときタダで診察してくれ、バス代まで工面してくれた診療所には、即刻乗り込んでいき診察料とバス代を払うなど、ここ一番ではスジを通します。
 明広が野球部のキャプテンになったときは、祝いだからと一番高いものをいって、2000円のスパイクシューズを強引に1万円で買おうともするのです。
 ばあちゃんの台詞から、どうして“がばい”になったか分かる気がしてきました。貧乏には暗い貧乏と明るい貧乏がある。どうせなら貧乏を楽しめと明広にいうのです。
 この人は環境に負けない人なんだな、愚痴を言わない人なんだなと思いました。明広にろくな食事を出せないことも、当然とは思ってなく、何とか食べさせてあげたいという温かい気持ちがよく感じられました。特に明広の運動会の朝、せめて卵焼きを食べさせてやりたいと、かなりの気迫で「生め!」とニワトリに叱り飛ばしているところは何とも可笑しかったです。

 明広も母親とおばちゃんが貧乏なところはちゃんと心得ていて、文句も言いません。家計がピンチと知って、ご飯を1膳で我慢したりして殊勝な心がけなのです。そんな明広の枕元に、喰えとメモを置いて握り飯を差し出すばあちゃんの優しさにホロッとしました。 またこっそりアルバイトをして、ばあちゃんに内緒でメガネを買ってやるなど、なかなか孝行なんですね。

 原作がヒットしたのは、単にタレント本というだけでなく、厳しい環境の中でも、愛情があれば子は育つという体験に多くの方が共感したからではないでしょうか。
 子育てに悩んでいる人がいたら、この作品で自信がつくと思います。厳しい家計の中で満足に子供たちに手をかけてやれないとお悩みのひともいることでしょう。でも大丈夫なのですよ。
 かえって満ち足りた生活の中よりも、足ることを知る日々を送る方が、子供たちは親の愛情を知り、感謝することを学ぶものでしょう。

 明広が広島に戻ることになり、ばあちゃんと別れるときのさっさと行けとむ言っておきながら、行くな~と何度も叫ぶシーンが印象的でした。ばあちゃん役の吉行和子は、気の強さと優しさとかばいぶりでいい味を出していました。明広の演技も素直さが出ていてよかったです。

 ところでエンドロールで、協賛のところに地元佐賀の個人名や中小企業名が多数告知されていました。佐賀県民が小口で出資しあった、まさに県民映画だったようです。

 なお、原作者島田洋七自身が監督を手がける「島田洋七の佐賀のがばいばあちゃん」の撮影が本日クランクアップしたそうです。
 こっちは来年公開で、ばあちゃんに香山美子さん、昭広の母親が高島礼子さん。郵便配達員で東国原英夫宮崎県知事も出演。原作者としては、本作の出来栄えにちょっと不満があったのかな?

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「佐賀のがばいばあちゃん」シリーズ関連作品