宇宙人ポールのレビュー・感想・評価 (4)

メニュー

宇宙人ポール

劇場公開日 2011年12月23日
75件中、61~75件目を表示 映画レビューを書く

観る人を選ばないコメディ

祝日の渋谷シネクイントは混んでいましたし、半券特典がある館内のカフェも笑顔の行列が出来ていました。ネタの理解度は人其々で良し、こういうシンプルでハッピーなコメディに観客が入るのは、とても良いことだと思います。僕も帰りに想定外の買い物をしてしまいました。

dekatter
dekatterさん / 2012年2月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

案外ほのぼの、とっても楽しかったです。

始終ニヤニヤ、それに案外ほのぼの。映画ファンへのサービス満点です。とっても楽しかったです。

ポールが特殊な存在なのかと思ってたら、世慣れてて妙に自然で面白い。外国人のオタク二人の方がバタバタしてるし、オートキャンプ場親娘は浮世離れしてるし。
下品ワード繰り出しつつ、いいトシして恋愛模様も友情も照れちゃうくらい純。なかなか良かったです。
いつに間にかクライブとグレアムのオタク作家コンビを応援してました、スタンディングオベーションしそうになっちゃったもの。

キャスティングは隅々までこれでもかとやってくれてます、嬉しくなります。暴走女ルースを演じたクリステン・ウィグ、微妙な雰囲気が最近お気に入りです。

ポールはまた現れるような気がするんだけど。でかい繭から陽気に出てきたりして欲しいです、ちっこいUFO型宇宙人達とお友達方面でもいいですが、いつかまた。

グッドラック
グッドラックさん / 2012年2月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

SF映画愛の小ギャグ満載

「ショーン・オブ・ザ・デッド」ではゾンビ映画・愛
「ホット・ファズ」では刑事ドラマ・愛
そして今回は、SF映画・愛♪とやってくれたね今回もw

SFヲタク二人組がUFOスポット巡りの旅の最中
突如、宇宙人ポールと出会っての珍道中。
ロズウェル、エリア51、スピルバーグ映画、
その他のSF映画と、これでもかと小ネタ満載の
ロードムービーコメディに仕上がっております♪

内容は結構ざっくりしたインディーズくさい小品なんだけど、
細かいディティールやこだわりには豪華さを感じる小気味よさ。

主演のコンビ(サイモン・ペッグ)&(ニック・フロスト)
私生活から仲良しなこの二人が、演技も雰囲気も無理なく
自然に溶け込んでるのが観ている方も入りやすく良い所。
(この二人“タンタン”でも仲良く双子の刑事さんやってます)

宇宙人ポールの声は(セス・ローゲン)
ここんとこ、彼の作品によく遭遇するせいかすっかり
馴染みのある声。下ネタが流暢な低い声が特徴。
グレイの姿でプレデターのマネとかしておちゃめだけどw
ポール自体は、ちょっと年長の仙人っぽいキャラで
ヒーリングを発揮する時の気合いの入れ方が微笑ましいw
(オヤジが一拍しながらいっちょやったるか!という感じ)

60年前から地球に来ているせいか、のっけから
地球生活の溶け込み具合がフランクすぎるがw
その辺はロズウェル事件の裏付けから、スピルバーグが
カメオ出演するに至まで、しっくりクスクスw

途中から旅に参加するガチガチのキリスト信者女性
(クリステン・ウィグ)彼女の登場シーンで着てた
キリストvsダーウィンのTシャツがウケる。
アメリカ人曰く宇宙人の発表をなかなかしないのは
宗教観が崩れるというのがひとつの理由らしいけど
そこにやんわり触れているトコはある意味今作の肝♪
SFファンとしては夢じゃないと主張したいトコw

宇宙人を追いかける黒スーツ男(ジェイソン・ベイトマン)
ちょっとトボケたコンビ捜査官(ビル・ヘイダー)と
(ジョー・ロー・トゥルーグリオ)もなんだかんだ
やっぱりヲタクで解説してくれたりw

あと宇宙人を追跡する捜査官のボス“ビッグ・ガイ”に
エイリアンの敵と言えば…のあのお方w
60歳超えても鉄の女健在ですwww

Gleeのスー先生が出てたのもちょっと嬉しかったかな。

小ネタの細かさや単調な逃走劇のわりに飽きない完成度。
オマージュ作品については誰かと話したくなるし、
映画ファンでもそうでなくても楽しめる。
やはりこの主演二人のセンスやバランスは絶妙w

harizo
harizoさん / 2012年1月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新年1作目にチョイスで正解

口コミが良かったし、新年早々気難しいのはヤなんでコレに行ってきました。
おもしろかったですよ^^v
パロディ元もいくつかわかったので笑えました。

ポール、家に来てもいいのに^^

プリン3
プリン3さん / 2012年1月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今年初映画で、くすくす笑いがいっぱい。

事前情報はほとんど無しで見ました。

サイモン・ペッグとニック・フロストといえば、「タンタンの冒険~」コンビ。
サイモンは「Mi:4」にも出演していて、その存在感は、コメディタッチだった。
それに、セス・ローゲン。
「50/50」の気の良い親友役の人。
コメディ3人衆のそろい踏みだったのね。

「コミコン」とSF名所見学に、イギリスからやって来たオタク2人。
その二人が、ゲイに間違われながら、宇宙人ポールと遭遇し、逃避行。

序盤、笑いのネタはあるものの、私は、おもしろいのだけど、あはは~と笑うまではいかなかった。

会場内では、笑いのツボにはまった方がいらっしゃったけれど。

だけど、ポールと出会ってからは、クスクス、アハ~と、笑いがいっぱい。

ポールは、初対面でありながらも、横柄で、上から目線で、下ネタ大好きで、自分のやりたいように、二人を巻き込んでいく。

見なれた容姿にも好感。

そんな少々憎たらしいキャラながらも、憎めないストーリーは、さすが。

そこかしこに見覚えのあるシーンが登場。
「E.T.」「未知との遭遇」「メン・イン・ブラック」などなど。

エージェントの服装。
ルークっぽい服装の少年。
デビルズタワーっぽい山。
それも楽しい。

エージェントの上司が、終盤まで声でしか登場しなくて、一体誰なんだろう??とず~っと気になっていた。
最後の最後に登場してくれたら、なんと!あのお方ではないか。
う~ん、さすが!
嬉しいね~。

こんな宇宙人なら、出会ってみたいわ。

年末年始、私の寝ぼけた頭に、活を入れるのにふさわしい、楽しい作品だった。

りりー
りりーさん / 2012年1月12日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

若干、期待しすぎたかも

ずっと楽しみにしていた映画。なかなか予定が合わずに行けなかっただけに、観に行く日には物凄い期待感で一杯だった。だけど、そのせいかも知れないが、少し肩透かしを喰らった感じ。
正直、予想してたよりも全体的におとなしい印象を受けた。その代り小ネタがてんこ盛りです。割と一瞬しか映らないので見逃しがちですが、過去のSF系の映画のパロディが次々と出て来ます。
ただそこがマイナス面でも有りますね。過去の映画に詳しく無い人には全く分からないネタですから。(ビッグガイがまさかあのお方とはww)
まぁ、それでも過去の映画を知らない人でもそれなりに楽しめるようにはなってます。ただ、本当にこの映画を楽しみたいなら、過去のSF映画(特にエイリアン系)を一通り見ておく事をお勧めしますね。

green condom
green condomさん / 2012年1月10日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポール、俺の家にも寄ってくれ!!

誰もが知ってる宇宙人の姿は、実は自分がモデルだと言ってはばからない陽気で口が達者なエイリアン。宇宙人を保管しているのではないかという噂で有名になったエリア51から逃げ出してきたというから、それだけでSFファンの心をくすぐる。

「スター・ウォーズ」「未知との遭遇」「E.T.」「スター・トレック」など、70年代後半から80年代のSFXを駆使したSF映画に対するオマージュとパロディが満載で、メチャクチャ笑える。

「E.T.」のアイデアがどこから来たか(もちろんパロディ)とかジョークはもちろん楽しいし、スピルバーグの飛び入りまである。
だが映画ファンにとってもっと楽しいのは、
故郷に帰りたいポールの目的地ってひょっとしたら、とか
ポールを追いかける組織のボス(女性の声)があの人だったらなど、
映画ファンの期待を裏切らず、「そらみろ」「やっぱり」とニンマリさせられる。
また、飛んでいく母船のケツがいつまでたっても出てこないシーンには、声をあげて笑ってしまった。
とにかく、ルーカスやスピルバーグが好きな者にとっては、痒いところに手が届く映画なのだ。ただし、痒いところを掻いてくれるのではなく、くすぐりっぱなしなのである。

「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」もコメディでありながら切り口が鋭く面白かったが、今回もサイモン・ペッグとニック・フロストによる豊富なアイデアには舌を巻く。
「たまには冒険が必要だ」メッセージもしっかりしている。

マスター@だんだん
マスター@だんだんさん / 2012年1月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

設定が文句なくおもしろい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サイモン・ペグ、ニック・フロスト、セス・ローガン(声)、ジェイソン・ベイトマン、XXXXXXX(内緒)。

**

サンディエゴのコミコン会場にやってきたイギリス人でSFオタクの
クライヴ・ゴリングス(ニック・フロスト)とグレーム・ウィリー(サイモン・ペグ)。

ゲイに間違えられたりいろいろあるものの、キャンピング・カーを借りてUFOスポット巡りをする。

ETハイウェイ、ドライブインのALEINN、ブラックメイルボックスなどオタク垂涎の観光スポットが紹介されていく。

このあと、ひょんなことからエリア51から逃げてきたエイリアンのポールと遭遇し、キリスト教原理主義者の娘を巻き添えにポールを逃がすために奔走する。

**

小ネタ満載。
同じセリフを何度も別人に言わせるなどの古典的笑いの取り方もあるし、
他愛無いセリフの伏線もちゃんとフォローされている。

「未知との遭遇」のデビルズタワー、
「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のエリア51の倉庫、
セリフでは「ET」や「SW」のネタ、それに「スタートレック」のクリンゴン語も登場。
スピルバーグ自身も声で出演。

また、ブラックメイルボックスはホントにある。

最後にXXXXX(内緒)が登場したのには面食らった。

そうそう、彼は死んでないよ。
大火傷したけど2年後にすごい顔で出てました。

KGR
KGRさん / 2011年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

このノリでなぜ人が死ぬ・・・? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

楽しかったよ、人に聞かれればそう答えるし、行くなら宇宙人と三人で劇場に行けばいいよ。とアドバイスできるけど・・・間ぬけな警官があんなになるのがざんねんだ。

ふみだい評価は甘め
ふみだい評価は甘めさん / 2011年12月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

カウボーイ(米国人)&エイリアンズ(英国人と宇宙人)

オープニングからしばらく頭の中で、
スティングの『イングリッシュマン・イン・ニューヨーク』が流れ続けて困った。
まあ映画に忠実に言えば『イングリッシュマン・イン・LAのコミコン』なんだが、
「オー、アイム・ア・エイリアン(あたしゃよそ者)」なんて歌詞もあるし(笑)。

とてつもなくどーでもいい話はさておき。

アメリカを訪れたSFオタクのイギリス人コンビが、
エリア51から脱走したフランク過ぎる宇宙人と共に
政府から逃げ回る羽目になる、ロードムービー風味のSFコメディ。
ところで主演のサイモン・ペッグ&ニック・フロストは本作の脚本も担当している。
最近この2人はホントに大活躍ですねえ。嬉しい。

抱腹絶倒とまではいかないものの、
パロディに風刺にあるあるネタにと多彩な笑いが盛り込まれている本作。
やっぱり笑えるのは、タイトルにもなっている宇宙人のポールだ。
マリファナ吸うわ、スラング連発だわ、サブカルにやたら詳しいわ、
見た目と特殊な力を無視すればもうチャキチャキのアメリカっ子ではございませんか。

けれど、だんだん宇宙人ポールも他のキャラもみな同列に見えてくるのが面白い。
大人げないオタク2人、
キリスト教原理主義者(あとで理性崩壊)、
気に入らないとすぐケンカを売る野郎ども、
銃を撃ちまくるおとぼけ捜査官、
つまり、みんなイカれた連中に見える(笑)。

まあ他方から見れば誰だってヘンな連中ってことでしょう。
「なんで仏教徒がクリスマスやハロウィンを祝ってるんだ? 訳分かんねえぜ!」
「ニホンジンは腐った豆や生魚を喜んで食うらしいぞ! ホーリー・○ット!」
みたいな。
未知の文化を頭ごなしに否定するんじゃなく、
「ま、そういう人種もいるわな」くらいの広い心で構えましょうって事かしら。

あと個人的に一番ツボだったギャグは、
ポールを執拗に追う黒幕“ビッグ・ガイ”の正体!(爆)
劇場で危うく声を上げて笑いそうになってしまった。
まさか、あの人類が誇る対宇宙人戦のリーサルウェポンが登場するとは。
怖がる訳だわ。素手でも超強いし(爆)。

人を選ぶだろうお下品なギャグも多いが、風刺が利いてて、
気持ち良く笑えて、しかも最後の方はちょっぴり泣ける、
素敵に良く出来たSFコメディです。

ところでポールがスピルバーグから電話を受けてた場所って……
『インディ・ジョーンズ』のあの場所だよね。

<2011/12/24鑑賞>

浮遊きびなご
浮遊きびなごさん / 2011年12月28日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは好き ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

本作は設定とストーリーとセリフだけでもイケる。
別に「E.T.」や「未知との遭遇」なんか知らなくて良い。
というかこの映画見る人はほぼ見てるとは思うが。

主役の2人のホモくささはこれまでのエドガー作品のファンのためのサービスでこういう自虐的なことが出来るのがまず面白い。

次に下品な笑いが9割がただが、意外とクールな笑いもある。買ったばかりの「エイリアン乗車中」のステッカーをすぐさま剥ぐあたりを差し込んだりしてとても面白い。小道具のベーグルも下品だがクール。

映画オタにとっても、かつての映画のシーンまんまのシーンあり、追っての
大ボスが異星人にとって最大の敵のあの人だったり、その人を殴るときのセリフがその人の有名なきめセリフだったりと(まあ、これはさすがに無理やり感あったが)

宇宙人ポールは散々他のレビュアーさんが書かれているとおり。
個人的には、ポールがモテ王のファーザーみたいな顔に時々なるのが勝手なツボだった。

途中乗車のオンナがうるさかったり、追ってが多分にもれず、あんな感じだったりと、こればっかりはどうしようもないんだろうけど、それをさっぴいいてもとてもよく出来ていると思うよ。

しんざん
しんざんさん / 2011年12月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

本当の宇宙人は侵略者じゃなかった!?

単純なんだけど着眼点というか思いつきが素晴らしいですね、この映画。
『2人のオタク青年が宇宙人ヒッチハイカーを何故か助ける破目になり色んな人物巻き込んでひたすら何かから逃亡を続ける爆笑ロードムービー』とでも表現すれば理解してもらえますかね?
いやもう『爆笑ロードムービー』だけでいいかw
宇宙人を出して、さあどうしようか?エリア51辺りのネタでも出してロードムービーにでもしちゃう?ていう、このお軽いノリで決めたかの様なプロット(実際そうだったか分かりませんよ?)が非常に素晴らしい!!w
ずっと笑わせてもらってましたよ、いやホントw

で、この我らが宇宙人ポール君。コイツがマジに最高なキャラクター性発揮しとります。
“如何にも”なグレイタイプの宇宙人がこんなに陽気で毒舌下ネタ大好きなフレンドリー野郎なら友達になりたいもんですよ自分もw
彼がアメリカの過去60年のポップカルチャーの礎を築いてきたっつー設定なんかマジ胸熱だしスピルバーグが彼に意見を仰いでるシーンなんか堪らん笑ったしw
そんで彼、劇中では終始命の危険に晒されてるんですけど、何かノンビリ構えてるというか飄々としてるから緊迫感が全然ないしずっと下ネタ吐いてるしずっとオフビートw

まあそんな彼中心の物語展開なんですけども、この映画、過去のSF映画のオマージュが多分に含まれていて、その向きで鑑賞するのも映画ファンには最高のご褒美。
で逆に、SF映画ファンでなくてもストーリー自体が非常に練られてるから知識なくても全然オッケーなんですよね。この映画を入り口にしてもらっても良いぐらいじゃないかな。

笑いあり涙ありのお手本みたいな作品。
2011年劇場鑑賞映画は「宇宙人ポール」で締めるのも、ちょいと乙なモンかもしれませんよ。

ロロ・トマシ
ロロ・トマシさん / 2011年12月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

SF映画ファンのためだけではない作品

映画ファンが映画ファンに向けて作った映画はいかがなものかという風潮がある。閉じた世界で楽しんでいるだけで何も成長がないではないかという批判で、それは確かに一理あると思いながら、この映画を見たところ、まんまととても面白かった。しかし過去のSF映画をしのばせる場面は多々あるものの、決して閉じた作品ではなく、知らなくても充分に面白い力強い作品だった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2011年12月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

手放しに面白い

イギリス人のSFオタク2人がキャンピングカーでアメリカのコミコンとUFOスポット巡りする道中
ネバダ州のエリア51(SFオタクの聖地?!)の近くでポールと名乗る宇宙人と遭遇する。
ゲイに間違われるほど仲良しで気弱なイギリス人2人とクールで陽気で弾けた宇宙人。
そこに、キリスト教原理主義どっぷりの田舎娘が加わっての珍道中。
SFオタクの休暇が、宇宙人を故郷に帰すための大冒険へと一変します。

スピルバーグ作品へのオマージュという点では
『スーパー8』とは、兄弟映画とも言われています(?!)
やはり、多くの映画のシーンのパロディが使われ、
ポールがスピルバーグにアドバイスしたことになってます♪

思わず声をあげて笑ってしまうシーンのオンパレードですが
イギリス人から見たアメリカの不可解な部分として
アメリカの持つ問題点にも、軽く触れています。

他のどんなSF映画でもこんな宇宙人見たことない!?

最高にファンキーなSFコメディ映画です。

☆くっきー
☆くっきーさん / 2011年10月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

ウィッチマウンテンとETを足して2で割った感じ

エリア51から逃げ出した宇宙人ポールをSFオタクの二人が無事に地球から脱出させようとする話
 まずこの映画の主役である宇宙人ポールの性格が半端なく面白い・・・
宇宙人にも関わらず性格はまるでジャンキー、しかしそこに親近感も覚えるかもしれません。セス・ローゲンの声がまた笑いを誘いました。コメディではありますがマレーシアでは18禁でした
といってもグロいと思うシーンほぼはなくエロチックなシーンもありません。一瞬だけありますが・・・・子供向けの映画でもないかな
レンタルで十分な感じもします
あとゲイネタが多い・・・

LUDACRIS
LUDACRISさん / 2011年6月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

75件中、61~75件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報