シャレード(1963)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「雨に唄えば」(1953)の巨匠スタンリー・ドーネン監督が、オードリー・ヘプバーンを主演に描くコミカルなミステリー。レジーナは友人とのスキー旅行の途中で離婚を決意するが、帰宅すると夫は死んでいた。さらに、夫が戦時中に3人の男と軍資金を横領したあげく、仲間をだましていた事実が発覚する。3人から脅迫を受けるはめになったレジーナは、旅行で知り合ったピーターに助けを求めるが……。

1963年製作/113分/G/アメリカ
原題:Charade
劇場公開日:1963年12月21日

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 アカデミー賞(1964年)

ノミネート

主題歌賞

第21回 ゴールデングローブ賞(1964年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ケイリー・グラント
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) オードリー・ヘプバーン
詳細情報を表示

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0オードリーが珍しく相手役を口説く理由

2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

列車から投げ落とされた男の血だらけの顔がアップになった直後に、スキー場のテラスで優雅に食事するマダムに銃口が向けられる。でも、それは水鉄砲だったという巧いオチから始まる、25万ドルをめぐる騙し合い。その間、未亡人のレジーナは謎の紳士、ピーターの素性を疑いながら、次第に惹かれていく。製作から60年近くが過ぎてもなお、ロマンチック・サスペンスの秀作として、また、オードリー・ヘプバーンの代表作の一つに数えられる作品だ。でも、本作の場合、オードリー扮するヒロイン、レジーナと相手役の関係が他と少し異なる。ピーターがレジーナを口説くのではなく、どちらかと言うと、否、露骨にレジーナの方から積極的に誘いをかけるのだ。それには裏があって、撮影当時58歳だったピーター役のケーリー・グラントが、33歳のオードリーにアタックする(オリジナルの脚本)ことに難色を示し、逆モーション・バージョンにリライトされたのだった。こうして、本作はオードリーが珍しく男性に対して積極的な作品として記憶に刻まれることに。オードリーとグラントはこれで意気投合し、再共演を模索するが、遂に叶わなかった。ハリウッド黄金期の最後を飾ったトップスター同士の顔合わせは、もしかして1度きりだからこそ色褪せないのかもしれない。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
清藤秀人

4.0ヘップバーンを愛でるため″だけ″のフィルム。。。

2024年3月17日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

幸せ

萌える

オードリー・ヘプバーンが34歳の時に製作されたサスペンス調の映画だ。

アカデミー賞主演女優賞を獲得した出世作『ローマの休日』からちょうど10年、
世界中を魅了し紛れもないスターとしての地位を掌中に納めた彼女の、長編プロモーションフィルムとして見れば、何の文句もない。

作中のヘップバーンは、本当にチャーミングで健康的な美しさを振り撒いている。
どの角度から見てもスキがない。

怒った顔、笑った顔、困った顔、恐怖におののく顔、、
あらゆるヘップバーンを愛で楽しむのが本作のゴールとなっている。

大変申し上げにくいが、
ケーリー・グラント、ウォルター・マッソー、ジェームス・コバーン、ジョージ・ケネディなど錚々たる男優陣も、本作では、全員が刺し身のツマでしかない。

誤解を恐れずに言えば、脚本すらどうでもよかったのではないか、と感じてしまうほどだ。

以上を理解して鑑賞すれば心から楽しむことができるだろう。

コメントする (0件)
共感した! 1件)
Haihai

4.0ケーリー・グラントは素でとぼけててはまり役。

2024年2月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

次々と殺されるミステリーなのに、テンポがキャピキャピしていてこわさが全然なくて楽しい。

ピーターは、ポール・ニューマンになるかもしれなかったらしいけど、ポールは色っぽすぎてコメディになり切らないだろう。いくら純朴なオードリー・ヘプバーンでもレジーナからの誘惑はポールでは妙にリアルになりすぎてしまっただろうから、ケーリー・グラントでよかった。

衣装も素敵だけど、街並みや車、部屋の装飾なども楽しめる。
60年代は素敵だ。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
zoumyao

3.0オシャレ尽くしだけど

2024年2月20日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする 6件)
共感した! 9件)
りか
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る