シャレード(1963)

ALLTIME BEST

劇場公開日:

解説

「雨に唄えば」(1953)の巨匠スタンリー・ドーネン監督が、オードリー・ヘプバーンを主演に描くコミカルなミステリー。レジーナは友人とのスキー旅行の途中で離婚を決意するが、帰宅すると夫は死んでいた。さらに、夫が戦時中に3人の男と軍資金を横領したあげく、仲間をだましていた事実が発覚する。3人から脅迫を受けるはめになったレジーナは、旅行で知り合ったピーターに助けを求めるが……。

1963年製作/113分/G/アメリカ
原題:Charade

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第36回 アカデミー賞(1964年)

ノミネート

主題歌賞

第21回 ゴールデングローブ賞(1964年)

ノミネート

最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ケイリー・グラント
最優秀主演女優賞(コメディ/ミュージカル) オードリー・ヘプバーン
詳細情報を表示

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0オードリーが珍しく相手役を口説く理由

2020年4月26日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

列車から投げ落とされた男の血だらけの顔がアップになった直後に、スキー場のテラスで優雅に食事するマダムに銃口が向けられる。でも、それは水鉄砲だったという巧いオチから始まる、25万ドルをめぐる騙し合い。その間、未亡人のレジーナは謎の紳士、ピーターの素性を疑いながら、次第に惹かれていく。製作から60年近くが過ぎてもなお、ロマンチック・サスペンスの秀作として、また、オードリー・ヘプバーンの代表作の一つに数えられる作品だ。でも、本作の場合、オードリー扮するヒロイン、レジーナと相手役の関係が他と少し異なる。ピーターがレジーナを口説くのではなく、どちらかと言うと、否、露骨にレジーナの方から積極的に誘いをかけるのだ。それには裏があって、撮影当時58歳だったピーター役のケーリー・グラントが、33歳のオードリーにアタックする(オリジナルの脚本)ことに難色を示し、逆モーション・バージョンにリライトされたのだった。こうして、本作はオードリーが珍しく男性に対して積極的な作品として記憶に刻まれることに。オードリーとグラントはこれで意気投合し、再共演を模索するが、遂に叶わなかった。ハリウッド黄金期の最後を飾ったトップスター同士の顔合わせは、もしかして1度きりだからこそ色褪せないのかもしれない。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
清藤秀人

4.0オードリーのサスペンスはかなりヤバい

2022年7月6日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

スターチャンネルの吹替(日テレ版)で観ました。
オードリー映画で(たぶん)初のサスペンスですが、シーン事による衣装チェンジが魅力的に感じました。
時にサングラス、時に頭まで隠すという衣装は此ほどにない演出だと思います。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 3 件)
HIDE Your Eyes

3.0いつだったか忘れたが、小学生の時『国際諜報局』と『シャレード』の二本立てで、親父につれられて松戸の映画館へ見に行った。

マサシさん
2022年5月11日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:VOD

いつだったか忘れたが、小学生の時『国際諜報局』と『シャレード』の二本立てで、親父につれられて松戸の映画館へ見に行った。あとは、テレビで見たことはあったが、忘れていた場面が沢山あった。どうしてだろうと思ったが、民間放送だったので、CMの部分だと分かった。カットなしで見ると些かくどい様な気がするが、オードリーファンにはオードリーの可愛らしさが見られて良いのだろうと思った。
さて、ストーリーだが何も語れない。一回見て、ちょっとでもネタバレさせると面白さは半減すると思う。
つまり『スティング』なんかと一緒。
ヘンリー・マンシーニとジョン・バリーが二本立ての理由だった。昔は映画音楽を作曲する大家がいたが、現在はそう言った大家はいるのだろうか。あまり、騒がれなくなった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マサシ

5.0お洒落

LaLaさん
2022年2月23日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、DVD/BD、TV地上波

オードリー・ヘプバーン
主演作品も 多くあり

『ローマの休日』が
好きな方も多い事でしょう。

『麗しのサブリナ』
『パリの恋人』
『マイフェア・レディ』
『おしゃれ泥棒』
等、ファッションを
楽しめる作品が多いですね。

ミュージカル映画
Singin' in the Rain
『雨に歌えば』の
スタンリー・ドーネン監督作品

『シャレード』(1963年)

音楽は、
ヘンリー・マンシー二
(Henry Mancini)
その作品は
『酒とバラの日々』の
「Days of Wine and Roses」
『ティファニーで朝食を』の
「Moon River」
『ひまわり』の
「Loss Of Love ”Sun Flower”」
等、名曲揃いです。
美しくて
哀切なテーマ曲に感動です。
『シャレード』のテーマ曲もステキ

この「シャレード」
ヒッチコック作品に
欠かせない
ケーリー・グラントと
共演されています。
渋いおじ様って感じ(´▽`)
そして、
ジバンシーの衣装で登場する
オードリーが、とてもステキです。

キャストも豪華で
『がんばれ!ベアーズ』の
ウォルター・マッソー
「大脱走」の
ジェームズ・コバーン
『エアポート'75』の
ジョージ・ケネディ
それぞれ
脇役で登場も凄い事。

サスペンスですが
ユーモラスな会話も
楽しめますよ。
大好きな映画です。

コメントする (コメント数 1 件)
共感した! (共感した人 8 件)
LaLa
すべての映画レビューを見る(全30件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る