蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH

劇場公開日

蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH
22%
56%
11%
11%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

人型兵器「ファフナー」に搭乗して未知の生命体「フェストゥム」に立ち向かう少年たちを描き、2004年に放送されたSFロボットアニメ「蒼穹のファフナー」の劇場版。テレビ版に続き、脚本を「マルドゥック・スクランブル」の冲方丁、キャラクターデザインを平井久司、アニメーション制作をXEBECが手がける。2148年、フェストゥムから人類を守り、奪われた皆城総士を救出し、人類に味方するフェストゥムのコアを解放する「蒼穹作戦」が行われてから2年。少年少女たちは取り戻した平和の中で、日々を生きていた。そんなある日、一隻の船が竜宮島に打ち上げられる。そこにはひとりの少年が眠っており……。2019年1月には、シリーズ新作「蒼穹のファフナー THE BEYOND」の公開を記念し、本作が体感型上映システム「4DX」で2週間限定上映される。

2010年製作/94分/G/日本
配給:ムービック
日本初公開:2010年12月25日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)XEBEC / FAFNER PROJECT (C)Copyright King Record.Co.,Ltd. All Rights Reserved.

映画レビュー

4.5「蒼い空が見たいよぉー」

aotokageさん
2010年12月30日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

興奮

知的

難しい

2004年にテレビ放映されたロボット・アニメの劇場版。
適格者として選ばれた14才の少年少女たち、人型決戦兵器のロボット(ファフナー)、襲来する謎の生命体(フェストゥム)との決戦に備えて実は要塞化されていた竜宮島、島と敵対し謀略を仕掛けてくる新国連・人類軍、主人公・一騎の父が島の司令官で、母はフェストゥムの研究者で先の戦いで犠牲になったなどエヴァンゲリオンの設定と重なるところも多いが、主人公はじめ子供たちは親と共に暮らし、もともと幼なじみだったり、司令部に集うのが彼らの親たちだったりと独自の設定や世界観を創りエヴァとは別の物語となっている。

敵であるフェストゥムは、最近のSFでよく使われる個であり全体であるシリコン型生命体。
それと戦うために開発されたのが人型決戦兵器ファフナーであり、敵に対抗できる少年少女たちが搭乗する。
ただし、戦闘を繰り返すと同化されてしまう恐れがある。

劇場版はテレビの最終話から2年後の話。
北極のフェストゥムの本拠を滅ぼして、島は平和な日常を送っていた。
郷愁を誘う日本の夏祭りの日、浴衣姿で集う少年少女たちは、亡くなった仲間への灯籠流しを行うが、そこへ敵襲来の警報が鳴り、島は再び要塞と化す。
現れたのは、少年を乗せた潜水艦だった…。

主人公の一騎は、同化されてしまう恐れがあるので搭乗できず、その親友で、各ファフナーを後方支援するシステムを司っていた総士は最終決戦で敵に同化されてしまって不在、仲間の多くが戦死し、生き残っていたファフナー搭乗者は四名だけであとは初陣の後輩たち。

人柱のように、島を維持するコアとなっていた総士の妹も同化してしまい、再生の途中で島の防衛システムも不安定な状態だったが、先の決戦で生き残ったフェストゥムが容赦なく襲いかかってくる。
「蒼い空が見たいよぉー」繰り返される敵襲にファフナー搭乗者も疲弊するなか、島と人類に希望はあるのか……。

劇場版は作画や戦闘シーンがマクロスやエヴァに引けを取らないくらいレベルアップしてるし、ストーリー展開も飽きさせず面白いが、もともと登場人物が多く、設定が複雑なこともあり、テレビシリーズを見てないとついていくのは難しい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aotokage
すべての映画レビューを見る(全1件)