ラブドガン

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ラブドガン
23%
23%
31%
8%
15%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

師弟関係にあった殺し屋の対決を軸に、孤独な少女と殺し屋志望の青年の成長を描くドラマ。監督・脚本は「博多ムービー ちんちろまい」の渡辺謙作。撮影を「Beliver」の安田圭が担当している。主演は、「DEAD END RUN」の永瀬正敏と「lovers' kiss.」の宮崎あおい、「東京原発」の岸部一徳、「天国の本屋 恋火」の新井浩文。

2004年製作/111分/日本
配給:リトル・モア

ストーリー

悲しみの青、憎しみの黒、怯えの黄色……銃弾は、撃つ人間の感情によって色を変える――。幼い頃に殺された両親の復讐の為、門脇組長を殺害した殺し屋の葉山田。逃走途中、スクーターに乗った少女・観幸に出会った彼は、両親を無理心中に追いやった父親の愛人を殺してくれるよう、彼女に頼まれる。だが銃撃の瞬間、思わず弾先を逸らす観幸。その後、両親が自殺した森へと赴いた彼女は、そこで葉山田に呟く。「殺されるなら、私もママのように愛する人に殺されたい」と。翌朝、観幸と別れた葉山田は、彼を追う殺し屋・丸山と対峙する。葉山田の殺しの師匠である丸山は、実は彼の父親を殺した仇でもあった。しかし、葉山田は撃たず、丸山の撃った”赤い銃弾“によって絶命。直後、発作を起こした病身の丸山も、見届け人の種田に自分を射殺しろと命じる。そして、躊躇いながらも銃爪を引いた種田は、ふたりのような殺し屋になることを決意し、偶然出会った観幸と共に彼女のスクーターを駆ると、未来へ向けて走り出す。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

映画レビュー募集中!

この作品にレビューはまだ投稿されていません。
皆さまのレビューをお待ちしています。
みんなに感想を伝えましょう!

レビューを書く
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ラブドガン」以外にこんな作品をCheck-inしています。