愛するとき、愛されるとき

劇場公開日:

解説

6人の気鋭監督が競作した「Love & Eros CINEMA COLLECTION」シリーズの1作として、「ヘヴンズストーリー」の瀬々敬久監督が撮りあげた官能ドラマ。田舎町で暮らす平凡な事務員・佑子には、「魔法使いゆこりん」としてブログを書くという別の顔があった。ある日、ネット上に露出プレイ写真をばら撒かれた妹を助けるため犯人らしき男に会いに行った佑子は、交換条件として野外で淫らな写真を撮られることになり……。

2010年製作/70分/R18+/日本
配給:レジェンド・ピクチャーズ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

映画レビュー

4.5主演の女優さんが良い

2020年10月18日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

成人映画だからある程度エッチなんだろうと思って見たら想像以上だった!特に主演の江澤翠が惜しみなく裸体を晒してる。陰毛もしっかり見せていて好感がもてる。カメラのアングルも陰毛から胸と非常に男目線で、抜きたい方におすすめの作品

コメントする (0件)
共感した! 0件)
むっつり
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「Love&Eros CINEMA COLLECTION」シリーズ関連作品

他のユーザーは「愛するとき、愛されるとき」以外にこんな作品をCheck-inしています。