ハーモニー 心をつなぐ歌

劇場公開日

  • 予告編を見る
ハーモニー 心をつなぐ歌
ハーモニー 心をつなぐ歌
27%
64%
9%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

米テレビシリーズ「LOST」などで知られるキム・ユンジンが主演するヒューマンドラマ。18カ月後には子どもを養子に出さなければならないジョンヘや家族に見捨てられた死刑囚ムノクは、刑務所内で合唱団を結成することに。歌うことを通して人生をやり直そうとする彼女たちに、やがて奇跡が起こる。

2010年製作/115分/G/韓国
原題:Harmony
配給:CJ Entertainment Japan

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved

映画レビュー

4.0音楽が持つ力の素晴らしさ

とえさん
2017年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

号泣だった〜
女子刑務所に収監されている犯罪者たち
更生プログラムとして始めた「合唱部」が思わぬ反響を呼ぶ

罪を犯す程ではなくても、私たちは皆、どこかで人を傷つけたり、傷つけたりられたりして、それでも前を向いて生きている。

そんな私たちの心を癒してくれるのが音楽であり、前を向こうとする背中を押してくれる。

この音楽が荒んでいた彼女たちの心の傷を治していく温かさに感動して号泣。

実際にあった話を映画化したとのこと。
音楽が好きな人に特にオススメの作品

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
とえ

5.0泣けたけど、爽やかな後味!

tuba116さん
2011年1月18日
PCから投稿
鑑賞方法:試写会

泣ける

悲しい

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
tuba116

3.5号泣していた人もいましたが、いきなり4年間ジャンプする脚本の荒さが気になります。

2010年12月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 予想通り、涙に包まれた試写会となりました。しかし小地蔵としては、ちょっともの足りません。ドラマのポイントが、刑務所で子育てに励んできた主人公のジョンヘが規定の18ヶ月を迎えて息子のミヌと引き離されるところにあると思います。ただ別れるのでなくて、自ら望んで、他人の元へ養子縁組に出すことを選択せざるを得なかったこと。それはジョンヘの切ない思いと子供の将来を案じる気持ちへの葛藤となり、一つの見せ場となりました。だから母子の別れのシーンは良かったものの、その後いきなり4年後にジャンプしてしまい、ジョンヘの子供を思う気持ちと、その後の彼女が中心となって結成した獄中合唱団の活動、特に合唱団が歌う曲と全然リンクしていないことが不満です。

 フランス映画の名作『コーラス』では、孤児院の子供たちの合唱が劇中をつなぎ、子供たちの孤独だけれど何とか希望を見いだしていこうとする気持ちを楽曲が雄弁に物語ってくれました。本作でも、わが子を思うジョンヘが別れた4年間の間に、いかに子供を思いつつもその気持ちを歌に込めて、歌唱力を磨いていったか、その変化を少しだけでも挿入していれば、もっと感情移入できたと思います。

 それにしてもキム・ユンジ存在感は抜群です。刑務所の中と言えば、陰湿になりがちなロケーションなのに、彼女がいるだけで、バッと花が咲いたように明るくなり、和やかな空気に変わるのです。
 そして演技面でも凄いと思ったのは音痴ぶり。普通が母親歌い始めれば、子供は安らぐはずなのに、キム・ユンジが歌い出すと余りの音痴ぶりに、本当に子役が泣き出すのです。それが練習のなかで、徐々に上達していくわけですが、音痴が克服される過程の歌声もきちんと歌い分けていました。何と器用な演技でしょう。

 本作の前半はジョンヘの塀の中での子育て奮戦記でもあります。ジョンヘのキャラは天然ボケで、細かいところにくよくよしないタイプ。それにくらべて息子のミヌは、突っ込みタイプで、リアクションが面白いのです。加えて同房の囚人たちも個性的なキャラクターばかりで、随所で笑わせてくれました。

 本作に対してもう一点、不満なところを上げるとしたら、ジョンヘの親子の絆だけでは物足りないと思ったのか、少しエピソードを盛り込みすぎて、メインテーマへのフォーカスが甘くなっていることです。
 特にラストは、合唱団の音楽指導と指揮を担当した死刑囚ムノクのエピソードが、ジョンヘのメインストーリーよりも重くなってしまったことには、疑問が残ります。
 中盤から、死刑実施が久々に行われたというニュースが度々報道されて、ムノクがどんな運命を辿るのか、ほぼ分かってしまうところが興ざめなんですね。
 ムノクのエピソードをカットしてでも、もう少しジョンヘの親子の絆のところを丁寧に描いて欲しかったと思います。

 但し試写会全体としては、号泣していた人もいましたので、演出の荒さが気にならない人であれば、ラストのお涙チョーダイシーンに、きっと泣けると思いますよ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
流山の小地蔵
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「ハーモニー 心をつなぐ歌」以外にこんな作品をCheck-inしています。