祝(ほうり)の島

劇場公開日

祝(ほうり)の島
33%
67%
0%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

山口県上関町祝島(いわいしま)は、瀬戸内海に浮かぶ人口約500人の自然に囲まれた美しい小島。1982年、島の対岸4キロに原子力発電所の建設計画が浮上するが、島民は28年にわたり建設反対運動を続けている。島民の生活を通し、人間と社会のあり方を見つめるドキュメンタリー。「アレクセイと泉」の本橋成一監督がプロデュースを務め、纐纈(はやぶさ)あや監督が劇場公開作デビューを果たす。

2010年製作/日本
配給:ポレポレタイムス社

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

監督
プロデューサー
本橋成一
撮影
大久保千津奈
全てのスタッフ・キャストを見る

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

(C)ポレポレタイムス社

映画レビュー

3.5基本的に原発には反対である。 海は宝なのだから、子孫に残しておきた...

2017年6月30日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

基本的に原発には反対である。
海は宝なのだから、子孫に残しておきたい、その一心で反対運動している方々の日常の生活を描いたもの。

趣旨を知らなければ、NHKの田舎紹介にしか思えない。

後半になって反対運動の現実が出てきて初めて反対んだったなーと思いだす。

ふと思ったのだが、島には賛成の方もいるとのこと。
その意見を聞いて、でも原発には反対だ、ということを確認したかった。その方が反対の意味合いが強く出るのではないかと思う。

残念なのは見せ方。
映像としては、何にも娯楽のない島の生活が淡々と描かれている。
現実をそのまま、という思いは分かる。ただ、これは映画。
その中で、なにか見せたいものを分かりやすく、でもインパクトもって見たかった。
下手したら途中中だるみしてる印象もあるので、次回作に期待したい。
自然を残していきたいという島民の想いなら、田んぼや漁船でも伝わるが、もう少し海の中や山の風景、あとは満点の星空とか、そういうthe自然も入れるべきである。

インタビューはとっても心を打つ。
海は宝。まさにそうだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
キッスィ
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「祝(ほうり)の島」以外にこんな作品をCheck-inしています。