エンター・ザ・ボイド

劇場公開日

  • 予告編を見る
エンター・ザ・ボイド
13%
33%
44%
3%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「アレックス」で物議を醸したギャスパー・ノエ監督が、東京を舞台に固い絆で結ばれた兄弟を描く作品。東京にやってきたばかりのドラッグ・ディーラーの兄オスカーと、ナイトクラブでストリッパーとして働く妹リンダ。ある日、オスカーは警察の捜査に遭い、拳銃で撃たれてしまう。遠のく意識の中、リンダのことを強く思ったオスカーの魂は現世にとどまり、東京の街をさまよい出す。

2010年製作/143分/R18+/フランス
原題:Soudain le vide
配給:コムストック・グループ

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第62回 カンヌ国際映画祭(2009年)

出品

コンペティション部門
出品作品 ギャスパー・ノエ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6
  • 画像7
  • 画像8
  • 画像9
  • 画像10
  • 画像11
  • 画像12
  • 画像13
  • 画像14
  • 画像15
  • 画像16
  • 画像17
  • 画像18
  • 画像19
  • 画像20
  • 画像21

(C)2010 FIDELITE FILMS – WILD BUNCH – LES FILM DE LA ZONE - ESSENTIAL FILMPRODUKTION – BIM DISTRIBUZIONE – BUF COMPAGNIE

映画レビュー

4.0不安をうやむやにする浮遊ショー

2020年2月14日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

一人称視点を客観視する不思議な世界に入り、翌日から両手の位置気になりました。w
パチッパチッと静電気のような小刻みでリズミカルな映像を見ていると、物事の道理をこえる救いようのない映画の世界が不思議と「ま、どうでもいっか」となってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
生生生レバービール

3.0んーーつまり……

赤囲碁さん
2019年10月31日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

寝られる

「輪廻転生」を映像化したって事でしょうか?
ちょっと退屈でした。
新宿の街を見て、監督さんがラリったノリで撮影した感じです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
赤囲碁

3.5ドラッグでのトリップと、臨死体験

2019年10月4日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

難しい

ドラッグでのトリップ体験と、臨死体験が主観映像によって描かれた作品。ストーリーは生から死、死から輪廻転生へと展開される。ドラッグでのトリップ体験をよりリアルに映像化したような作品で、映像は常に主観でリアリティがあった。暗い映像とシリアスな内容は、バッドトリップさながらの鬱屈とした空気感だった。

暗くダークな新宿歌舞伎町の街並みと、CGで作り上げたサイケデリックな世界が印象的。只、10年くらい前の作品なのでCG部分のクオリティの低さはどうしても感じてしまった。現在の最先端の映像技術でCG部分を作り直して、3Dもしくは4Dなんかで上映したら凄まじいことになると思う。

生と死に対する描写が多く哲学的なものを感じたが、結局何が一番伝えたいメッセージなのかは分からなかった。ドラッグでのトリップ体験と臨死体験が似てるってことを一番伝えたかったのか??

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
アントキのバンデラス

4.0映画が終わった瞬間、軽い放心状態だった。猫背になって首が前のめりに...

BOnbonさん
2016年11月17日
iPhoneアプリから投稿

映画が終わった瞬間、軽い放心状態だった。猫背になって首が前のめりになってる自分に気づいた。
噂に聞いていた通り、オープニングにはやられた。現実世界のカメラワークとグラフィティーアートの融合によって表された、「ラリ」るという抽象表現には、いかにもギャスパーノエらしく、前衛的な芸術を感じた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
BOnbon
すべての映画レビューを見る(全12件)

他のユーザーは「エンター・ザ・ボイド」以外にこんな作品をCheck-inしています。