幸福の黄色いハンカチのレビュー・感想・評価

幸福の黄色いハンカチ

劇場公開日 2010年4月10日
29件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

あけましておめでとうございます。年末からの続きで本年はこの幸福から...

あけましておめでとうございます。年末からの続きで本年はこの幸福からスタート。

「遥かなる山の呼び声」が1番だが、やっぱり本作もいいなあ。ロードムービーに流れる音楽に時代の親しみも感じる。
健さんのかっこよさ、もうたまりません。ちょっと本作での犯罪はいただけませんが、男はこうありたいといつも思います。
倍賞さん、まさに理想の妻なのです。
本作の主筋、武田鉄矢に桃井かおり、ちょっとウザい、減点(笑)しかしその2人がだんだんいい奴に思えてきます。
ラストはわかっているのに滂沱の涙。

暖かい感動の涙でよい始まりとなりました。今年も素晴らしい映画をいっぱい見たいと思います。

はむひろみ
はむひろみさん / 2019年1月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

結末を知っている映画を見るこの不思議

1977年作品(観たのはデジタル・リマスタリング版。2010年)というと、今から41年前。そんな昔なのかー。

沢山の黄色いハンカチがたなびくあのシーン。映画好きじゃなくても知っているでしょう。私もその一人ですが、その過程をずっと知らずにいました。今回BSで放送されていたので早速見ました(感謝!)。

前半は欽也のドタバタぶりが目に余るし、朱美のもったりした喋り方がなんだかよくわからない感じでしたが。

途中口数の少ない勇作が二人のドライブに加わることで。段々3人のバディ&ロードムービーになっていくのが興味深い。
勇作を「おじさん」呼ばわりする朱美が、愉快。

勇作と元妻に起こった悲しい出来事から、事件が起きて別れた二人。
だけど心の底はまだ愛情があるんじゃないか。
20円の葉書に「待ってくれていてまだ独りなら。、黄色いハンカチを出してくれ」って。このネット時代だったらさっくりLINEで終わりそうな内容を、アナログ的に進むのがじれったくてたまらなく胸に来ますよ。いいねー。

後半以降は勇作が元妻との思い出を話すシーン。そこに投じの思い出シーンが差し込まれているのがグッときます。

観に行く勇気がない勇作を、朱美が元妻の気持ちを代弁するところも、禿同!。男って肝心なところで、勇気が出せないのよね。モー。

「それでも九州男児か。おなごは弱い。男が守らなあかん」。
勇作が欽也に諭す場面。かっこよかったですねえ.声を大にして言いたい!。
そして最後のシーン。何回も見たことあるのに、ホロっと来ました。

原作がピート・ハミルさん(妻は日本人)って、外国の本を映画化するって、当時は冒険だったかも。2008年に「イエロー・ハンカチーフ」でリメイクされたと今回知りもっとびっくり。
このアナログ感をどうリメイクしてるのかしらん。

fukui42
fukui42さん / 2018年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生に遅いはない

高倉健は、じつは名優ではなく、本当に不器用なだけなのは、調べたらすぐにわかること。でも、ここまで、使われて、人気があるのにはそれなりに理由がある。彼は、誰に対しても礼儀は失わ無い、例外はない。それが、演技に現れる。この作品では、その魅力が、遺憾無く出ている。こんな人間なら、どんなに高齢になろうとも、明るい出会いが待つであろうことを、疑いなく信じられることを、この映画を見て、感じることができるなんて、素晴らしい。

アサシン
アサシンさん / 2018年9月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

古き良き昭和の勢いだけの作品

昭和の絶頂期に近い1977年公開の本作
武田鉄矢がマツダのファミリアを退職金で買うところから作品の流れがわかる

3人の物語を主軸に進んで行く端々の言葉・音楽・行動からわかるのは、
一般的な昭和という時代のイメージに一番近いのかもしれないと思う
人情なのか迷惑の押し付け合いなのかは、見た人によって変わるところだろう

しかし、カメラワークやストーリーは練られたものとは思えず、本筋以外は無駄ばかり
無駄に意味があれば、まだ良いがくどい上にわかりにくいのは苦痛でしか無かった。

本筋に関しては、特に捻ったところもなく
安心できるものになっているため、映画として成り立っているのだろう

昭和という時代を生きていなかった人に昭和を感じさせるいい作品ではあります
山田洋次監督作品が好きであればオススメです

T O
T Oさん / 2018年6月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしきムダのある世界

渥美清のセリフ「辛抱してたら必ずいいことがある」
見えない未来への期待感が今と違う。

お釣もらうシーンとかムダに長い。なんか新人女優のための時間なのか渥美清さんの要望なのか、そういうものを感じる。この辺からムダが気にならなくなる。

武田鉄矢は昔武闘派だったのか…?刑事物語しかり。

桃井かおりはちょっとヤバい人。

高倉健はスーパースター。今の感覚ではわからないが…
バスのところとかストーカーやん。笑

しんどいところも多いが見ているうちに…

ヤクザの頭ぶつけて逃げるシーン。芝居くせえ笑

野球でも感じるところがある。魅力的なムダなフォームの選手が減ってきた。だが世界的に芝居、映像技術は確実に進歩している。日本はなぜ遅れた?日本独自の価値観(忖度、上下関係など)だけが残り、客や現場の人間の芝居を見る力が伸びていない?

マジで運転してるなぁ。武田鉄矢。

エキストラのセリフが妙にリアル。宿のおっちゃん

黄色いハンカチみたときの高倉健の表情いいなぁ

いい設定の話だったが30歳男には泣けなかった。。心理描写が雑と感じたのか、この時代の感覚がわからないのか、、

最後ついでに結ばれるのが「うぉーい!」てなる面白さ。
これは面白いんだと思い込ませている自分がいた。

りー
りーさん / 2018年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間好き

人間の味わい深さを堪能できる。

コメディではない、キャラクター達の素の可笑しい行動に親しみを感じる。

ポスターでもう結末が見えているようなものだが、それでも最後、黄色いハンカチが画面に映ったとき、グッときてしまった。
むしろ、ハンカチがまるであたりまえのように掲げられていたからこそ、感動したのかもしれない。加えて、その量である。

一般人達の小さい幸福に、人生は華やかでなくても十分豊かだと感じさせられ、希望が持てる。

JI
JIさん / 2017年12月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

健さんが素敵☆

母に勧められて。
古い映画なんてみたくないよ。と思いきや、魅入ってしまいました。

男性の寡黙でクールな感じ。
女性の健気で可愛らしい感じ。
日本の古き良き雰囲気?
良いですね。

武田鉄矢が面白すぎます。

黄色いハンカチ素敵〜〜☆

Riri
Ririさん / 2017年9月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

退屈な話

採点:50/100

ラストに多少の盛り上がりは あるものの、それ以外は退屈な話が延々と続くだけ。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年9月1日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あ痛っす!

良い。
高倉健もいいけど他の配役もいいね。
昭和の日本はよかったな~。

mstmstmst
mstmstmstさん / 2017年7月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱり健さんかっこいい。

健さんがかっこいい、という映画でした。というかどの映画もかっこいいのですが。
この映画は高倉健以外の役者が主役をやったらどうなっていたのでしょうか?

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

クセがすごいんじゃ!

普通にいい話なんですが、武田鉄矢と桃井かおりの演技のクセがすごすぎて…。
ホリと清水ミチコに見えてしまって集中出来ませんでした。

ジンクス
ジンクスさん / 2016年11月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

高倉健よりも武田鉄矢と桃井かおりの存在感が半端なかった。

高倉健よりも武田鉄矢と桃井かおりの存在感が半端なかった。

hctcl
hctclさん / 2016年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

色褪せない素晴らしい映画

いつもテレビで放映しているのを途中からみて、はじめから見たことはないのだけど、もう二、三回はみているのに、切ないし、笑えるし、健さんは不滅。そして、この映画の武田鉄矢と桃井かおりの芸達者ぶりは、脱帽。

マッターホルン
マッターホルンさん / 2015年11月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色褪せない幸福 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ずっと観たかった映画でした。
高倉健みたいな人って現代に少なくて…寡黙で喧嘩一等賞
だけど不器用な女性好きってカッコいい!!!
夕張という町も昔は炭鉱でにぎやかな感じ。
今は…なのを知っていると感慨深い。
そして、何より桃井かおり!今の方が全然綺麗でビックリ!
武田鉄矢に健さんが説教するところ。本当に良かった。
意気地のない健さんの姿も可愛かった。
最後のハンカチのシーン思わず泣いてしまった。
遥かなるを先に観てしまっていたので、ラストが心配でしたが山田洋次監督が素晴らしいことは、今回も改めて感じました。
あー良かった!観て良かった!!

みきねこ
みきねこさん / 2015年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

70年代の日本を強く感じる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

車、歌、飯、服、街並みから貞操観念まで、あらゆる部分でその時代の日本特有の事柄を強く描いた作品。
常に70年代を感じさせるため一過性のミーハー作品っぽいのに、歴史の1ページとしての普遍性も感じるという不思議な作品。

主人公の考え方もまさに時代そのもの。
妻が流産した直後に、妻を慰めるどころか、過去の流産を知って逆ギレして暴力的に振る舞った挙句、怒りにまかせて通りすがりの赤の他人を撲殺して刑務所に入ったうえ、妻に離婚届を叩きつけ離婚を強制させ、しかしその数年後の出所時にやっぱりヨリを戻したいと復縁の手紙を送る。更には、手紙を送ったはいいが結果を見るのが怖くてできず、たまたま出会った観光客に結果の確認を任せる、と。

どうしようもなさすぎて鼻血が出る。不器用なんてレベルじゃない。一昔前のステレオタイプのチンピラのほうがまだマシである。

しかし、こんな主人公の行動も、本物の愛ゆえだというのである。しかもそれでも、健さんパワーなのか時代のせいか知らないが何故か説得力があるから不思議である。

最後の、ハンカチでいっぱいの竿をみたら涙腺が…。
あの描写は卑怯だ。なんで一杯あるかなー…愛の深さなのかなー…悔しい。

武田鉄也と桃井かおりの関係もよかった。山田洋次っぽい、日本の大衆的というか少し下品な描写が、幸福をリアルに感じさせてくれた。

いもりり
いもりりさん / 2015年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

幸せおすそ分け映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ラストシーンの決して美男美女とは言えない二人のキスシーンがとっても幸せを醸し出しています♪

akazaru
akazaruさん / 2015年4月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作と聞いていたけど、期待ほどでは。でも感動した。武田鉄矢とけんさ...

名作と聞いていたけど、期待ほどでは。でも感動した。武田鉄矢とけんさんの対照的な感じ最高。

いつこ
いつこさん / 2015年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

健さんの魅力に溢れている

出所後に定食屋で本当に旨そうにビールを飲んで、醤油ラーメンとカツ丼を食べる健さん。元囚人だとわかっても健さんに寄り添う桃井かおりと武田鉄矢。健気に夫の帰りを待つ倍賞千恵子。全ては不器用だけど真っ直ぐで実直な健さんが魅力的だからだと思う。

斉藤くん
斉藤くんさん / 2014年12月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

身近な幸せを感じた

日本の幸せとか楽しい、面白いといった感性が詰まっている。
はじめて見るときは古い映画なんで詰まらんかなと思っていたけど
いざ見てみると笑えて、泣けた!
ミットもない!!

ようくん
ようくんさん / 2014年12月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

互助

高倉健の話かと思えば、登場人物3人の成長物語だった。
女の弱さ、て言葉が映画中に出てくるが、どちらかというと男の弱さを描いている。

…しかし、こうちょっと前の映画を見ると、本当に男は弱く女は強くなったんだなぁ、と思う。いい男の定義も変わってるかな?

awahira
awahiraさん / 2014年12月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

29件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報