劇場公開日 2009年10月10日

  • 予告編を見る

パンドラの匣 : 関連ニュース

ギリギリアウト!言葉巧みにモデルをヌードに…「素敵なダイナマイトスキャンダル」新場面カット

ギリギリアウト!言葉巧みにモデルをヌードに…「素敵なダイナマイトスキャンダル」新場面カット

編集者・作家の末井昭氏のエッセイを、柄本佑主演で映画化した「素敵なダイナマイトスキャンダル」の、新場面カットが公開された。今作で劇映画初出演した菊地成孔が、写真家として言葉巧みにモデルの服を脱がせていくシーンを収めている。幼少期に、実母が隣... 続きを読む

2018年2月23日
末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」映画化!柄本佑主演×冨永昌敬監督

末井昭「素敵なダイナマイトスキャンダル」映画化!柄本佑主演×冨永昌敬監督

編集者で作家の末井昭氏が自身の半生を描いたエッセイ「素敵なダイナマイトスキャンダル」が、冨永昌敬監督のメガホンで映画化されることになり、主人公・末井昭を俳優・柄本佑が演じていることが明らかになった。白夜書房の取締役編集局長を長らく務めたこと... 続きを読む

2017年5月23日
三浦貴大主演、冨永昌敬監督最新作「ローリング」、初夏公開決定

三浦貴大主演、冨永昌敬監督最新作「ローリング」、初夏公開決定

俳優の三浦貴大が主演、冨永昌敬監督の最新作「ローリング」が、今年初夏に公開されることが決定した。同作で三浦は、茨城・水戸のおしぼり業者で働く青年に扮している。「パビリオン山椒魚」「パンドラの匣」の冨永監督が、「サムライフ」「リトル・フォレス... 続きを読む

2015年2月14日
染谷将太、クランクイン直前「寄生獣」について語る

染谷将太、クランクイン直前「寄生獣」について語る

山崎貴監督の最新作「寄生獣」の撮影が、1月にクランクインする。この話題作の主演に抜てきされたのが、映画界で引っ張りだこの俳優・染谷将太。静かなる闘志を燃やす21歳の新鋭が「寄生獣」、メガホンをとる山崎監督への思いを語った。2009年に「パン... 続きを読む

2014年1月4日
新生・石井岳龍、10年ぶりの渾身作「山が見えたらそこに登りたい」

新生・石井岳龍、10年ぶりの渾身作「山が見えたらそこに登りたい」

[映画.comインタビュー]「狂い咲きサンダーロード」(1980)、「爆裂都市BurstCity」(80)、「逆噴射家族」(84)など前衛的な作品を発表し続け、世界中から熱狂的な支持を得た鬼才・石井聰亙。2011年に石井“岳龍”と名を改め、... 続きを読む

2012年2月17日
聰亙改め石井岳龍監督「生まれ変わったつもりで映画に向かいたい」

聰亙改め石井岳龍監督「生まれ変わったつもりで映画に向かいたい」

石井聰亙改め石井岳龍監督の最新作「生きてるものはいないのか」の完成披露試写会が11月16日、都内で行われ、主演の染谷将太と石井監督が舞台挨拶に立った。「五条霊戦記」以来、約11年4カ月ぶりに長編メガホンをとった石井監督は「勝手に(名前を)変... 続きを読む

2011年11月16日
浅野忠信主演「乱暴と待機」ビジュアルを「ヱヴァ」鶴巻和哉が描き下ろし

浅野忠信主演「乱暴と待機」ビジュアルを「ヱヴァ」鶴巻和哉が描き下ろし

浅野忠信の主演最新作「乱暴と待機」のポスタービジュアルを、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズでも知られるアニメーション監督でアニメーターの鶴巻和哉が手がけた。同作は、「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で知られる劇作家で小説家の本谷有希子の... 続きを読む

2010年4月16日
生田斗真が太宰治作品の“顔”になる 全10冊で表紙に

生田斗真が太宰治作品の“顔”になる 全10冊で表紙に

ジャニーズJr.の生田斗真が、太宰治の代表作を初主演で映画化する「人間失格」の公開を記念し、角川文庫の太宰作品全10冊のカバーを飾ることが分かった。今年で生誕100年を迎え、「斜陽」「ヴィヨンの妻」「パンドラの匣」と映画化が相次ぐ太宰作品だ... 続きを読む

2009年12月15日
仲里依紗の「女の子度がアップ」 太宰原作「パンドラの匣」公開

仲里依紗の「女の子度がアップ」 太宰原作「パンドラの匣」公開

生誕100年を迎えた太宰治の原作小説を映画化した「パンドラの匣」が10月10日、東京・テアトル新宿で公開初日を迎え、主演の染谷将太、川上未映子、仲里依紗、窪塚洋介、冨永昌敬監督らが舞台挨拶を行った。太平洋戦争終結直後、結核のため療養所に入所... 続きを読む

2009年10月10日
窪塚洋介が「再生」を語る。太宰治原作「パンドラの匣」

窪塚洋介が「再生」を語る。太宰治原作「パンドラの匣」

今年、生誕100年を迎え、映画化が相次ぐ太宰治作品の中でも、希望に満ちた物語として知られる「パンドラの匣」(冨永昌敬監督、10月10日公開)。このほど、主演の染谷将太と、主人公の年上の友人を演じた窪塚洋介が、ポジティブな作風が意外だったこと... 続きを読む

2009年10月9日
美人芥川賞作家・川上未映子、女優デビュー作で「単語の気持ちになれた」

美人芥川賞作家・川上未映子、女優デビュー作で「単語の気持ちになれた」

08年「乳と卵」で第138回芥川賞を受賞した作家で、歌手でもある川上未映子の女優デビュー作「パンドラの匣」(冨永昌敬監督)の完成披露試写会が、6月16日、東京・シネセゾン渋谷で行われ、川上、染谷将太、仲里依紗、窪塚洋介らが舞台挨拶を行った。... 続きを読む

2009年6月17日
「パンドラの匣」の作品トップへ