生田斗真が太宰治作品の“顔”になる 全10冊で表紙に

2009年12月15日 00:55

生田と一緒に太宰の世界へ…
生田と一緒に太宰の世界へ…

[映画.com ニュース] ジャニーズJr.の生田斗真が、太宰治の代表作を初主演で映画化する「人間失格」の公開を記念し、角川文庫の太宰作品全10冊のカバーを飾ることが分かった。

今年で生誕100年を迎え、「斜陽」「ヴィヨンの妻」「パンドラの匣」と映画化が相次ぐ太宰作品だが、その代表作ともいえる「人間失格」は、「赤目四十八瀧心中未遂」の鬼才・荒戸源次郎監督のメガホンで映画化。これに合わせ、すでに10月から「人間失格」(定価300円)のカバーには生田が登場し、早くも10万部を売り上げて増刷を重ねている。さらに、12月15日から「走れメロス」(定価380円)、「晩年」(定価540円)、「女生徒」(定価460円)、「斜陽」(定価340円)、「ヴィヨンの妻」(定価540円)、「ろまん燈籠」(定価420円)、「津軽」(定価420円)、「もの思う葦」(定価420円)、「愛と苦悩の手紙」(定価620円)のカバーにも生田が登場。角川文庫から刊行されている太宰作品の全てのカバーを、生田が飾ることになる。

近年、集英社文庫の太宰作品のカバーを「デスノート」の小畑健が描き下ろしたり、角川文庫版では松山ケンイチがカバーを飾ったりと、古典文学作品でさまざまなコラボレートが実現。それでも、映画の主役が原作者の全作品のカバーを飾るのは出版界でも初の試みになるということで、新たな追い風となるか注目だ。

人間失格」は角川映画配給で、2010年2月20日から全国で公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース