劇場公開日 2009年4月11日

  • 予告編を見る

ある公爵夫人の生涯のレビュー・感想・評価

3.311
5%
46%
47%
2%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全11件を表示

3.5なかなかえげつない実話...

yuyuさん
2019年7月7日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yuyu

3.0 公爵といっても王家みたいなものだから、側室もいっぱいいてもおかし...

kossyさん
2018年10月27日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 公爵といっても王家みたいなものだから、側室もいっぱいいてもおかしくない。まぁ、貴族なんてこんなもんだと批判的に描いてくれれば点数も甘くなったろうけど、しょうがない世界だよな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.0時代映画

素子さん
2018年3月21日
iPhoneアプリから投稿

ストーリーは普通です。貴族に嫁ぐ女性の宿命的ストーリー。でも、まあ最後は意外と幸せで良かった。衣装賞とっただけあって衣装はとても豪華でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
素子

2.5よくある

acoさん
2017年7月4日
iPhoneアプリから投稿

この時代によくある昼ドラのような何回か見たことあるようなやつ。
歴史に基づいているから、ストーリーは何ともならないのかもしれないけど、どれも同じように長くてドロドロ

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
aco

4.0キーラ・ナイトレイが綺麗

2016年6月17日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
ななななな

3.0キーラが物足りない。

2015年8月7日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

イギリス、デヴォンシャー公爵夫人の生涯を、子孫である故ダイアナ妃をちょいちょい匂わせながら描く。

デヴォンシャー侯爵夫人(キーラ・ナイトレイ)は社交界の人気者で全ての人を魅了したようです。が、しかし夫以外。

夫(レイフ・ファイアンズ)は妻を男子を産む道具としか考えていない。愛人を何人も抱え隠し子もいるが、離婚には応じない。男子を産むまで。愛人とのセックスは楽しむくせに、妻には「自分で脱げ」と。てか、妻より犬に興味がある。女子が生まれた時なんかは、顔をちらっと見ただけで去って行く冷淡な男。

結婚初夜のキーラに食い込んだコルセットの後が、この時代の女性の自由のなさを表現しているようで痛々しい。それと対象的な桃色のハイソックスのリボンが可愛い。

でもキーラは勿論綺麗ですが、社交界を魅了したというほどの、圧倒的な美しさ、知性、教養、妖艶さはないので、説得力に欠ける。
おそらくレイフ・ファイアンズや、母親役のシャーロット・ランプリングと比べてしまうからだと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
こねぎ(さぽしゃ)

4.0豪華な貴族社会に生きる女の光と影

Cape Godさん
2013年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

知的

総合:75点
ストーリー: 75
キャスト: 75
演出: 80
ビジュアル: 80
音楽: 75

 優雅な衣装と宝石に身を包み、豪邸に住みながら毎夜のように宴会と賭け事にうつつをぬかす生活は、当時の一般市民から見れば夢のような生活だろう。だが上流社会には上流社会なりの不幸があり、特に社会的に弱い立場であった当時の女性には制約だらけで自由もない。幸せそうな少女時代は過ぎ去り、時間の経過と共に夫との恵まれない結婚に追いつめられ、社会と家のしがらみの泥沼にはまりもがく女性の生涯の儚さが物悲しく綴られていた。
 この時代の絶対権力者である貴族では当たり前であったかもしれないが、それでも夫の行為は裏切りとなって妻の心を傷つけるし、彼との口論や争いの描写は生々しく伝わってきた。ぎすぎすとした殺伐な雰囲気が後半を覆っていて、見ているこちらの感情に直接訴えかけてくる。傷口を触られているような気分にもなって心地よいものでもないが、彼女の感じることがよく理解出来るうまい演出ともいえる。

 細部にもこだわりが見られる豪華絢爛な衣装・セットはたいしたもので、英国の時代劇の質の高さが感じられる。まさにこちらが貴族社会にいるかのように思わせてくれる。美しい風景や建物を意識的に撮影している映像も良いし、音楽もよく作品に合っていた。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
Cape God

3.5男と女ではとらえ方が違ってきそうな映画!

さん
2012年5月10日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

知的

難しい

男から見れば、子どもまでいるのに、浮気するなんてと思うだろうし、女から見れば、女は後継ぎの男の子を生むだけの道具なのかと思えてくる。映画は、主人公の女の側にたって描かれていて、愛されない妻の不幸を嘆いているようだ。でも、私から見れば、美しい服を着て、楽しい社交界を遊び回っているようにも見える。どちらがより不幸なのか? ウジウジしている夫の方か、どうなのかよくわからなかった。それにしても、公爵ってリッチだなぁ。土地も建物もバカでかい。召使いもたくさんいる。貧富の差がありすぎると思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
瑞

3.0その上の顔が女なら、妊娠だ

shimoさん
2009年5月26日
鑑賞方法:映画館

知的

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

4.0キーラのコスプレに◎^^

ゆりこさん
2009年4月20日
鑑賞方法:映画館

悲しい

単純

キーラのコスプレはもうお決まり^^
彼女のコスプレ姿は、なかなか似合っていて、
それに、プードルみたいなヘアースタイルも
キュートで可愛かったです。

アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞したくらいだもん!
ゴージャスなドレスには、魅了されっぱなし^^
女性には嬉しい映像が満載でしたね(^o^)

そしてストーリーはというと・・・
う~ん・・・
あの当時の女性は、世継ぎの男の子を産まないと
認められない厳しい現実があったのは
ホント!哀しいですね。
(逆に今このご時世は女の子の方が喜ばれるらしいが・・・(苦笑))

時代やスキャンダルの大小は違えど
夫婦間の感情や苦悩などは、
現代の夫婦と同じで、共感できる気がしました。

ラストのジョージアナの選択は、
間違いなかったと思います。

         4月14日MOVIX伊勢崎にて観賞

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ゆりこ

2.0もう少し公爵の気持ちも描いて欲しかった。

2009年4月2日
鑑賞方法:試写会

悲しい

スペンサーという名前が語るように、キーラ・ナイトレー演じる主人公のジョージアナ・スペンサーは、
イギリスの故ダイアナ妃の直系のご先祖様。
こじつけのように見えなくもないけど、キレイで人気があるのに、夫とは上手くいかず、
お互いに不倫に走るあたりは、やはり故ダイアナ妃とダブります。

名家の公爵に嫁ぎ、新生活に期待する彼女ですが、夫からは
世継ぎとなる男子を産み良き母となることだけを求められ、
それ以外は一人の女性としての個性も必要ないような…。
生まれたのが女の子と分かると夫は不機嫌。
貴族の奥様に求められることは、今も昔も変らないのかもしれない。

自分が女だからなのか、とにかく公爵の非情なやり方に納得行かず
本当に憤りを覚えてしまい、途中ものすごくムカッとしてしまった。
お金や権力があれば、何をしてもいいと思っているようで、
今の世の中も男性の力が相変わらず強い面もあるけど
まだまだこの頃に比べたらマシだなと思えた。

最後になって ちょっとだけ公爵が本当は不器用なだけの
いい人なんだ的なシーンがあったけど、
なんだか公爵を悪者にしないようにと取ってつけたような感じがして、逆に興ざめ。
公爵の末裔からクレームでもあった?

最初から 公爵や友人リズがそれぞれ抱える問題とか、
葛藤とかをもっと掘り下げて描いていれば、
もっと厚みのあるストーリーになったのではないかと思う。

とにかく、ストーリーにはただ憤りを覚えるばかり。
後味も良く無くて、決して「また観たい」と思える映画ではありません。
これだけ自分の気分が悪くなったってことは、それだけ演技が
上手かったって事で、キャストも衣装も良いとは思うけど…
全体としての評価は申し訳ないけどあまりいい点がつけられません。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ゆきだるま
「ある公爵夫人の生涯」の作品トップへ