シリアの花嫁

劇場公開日

  • 予告編を見る
  • AmazonVideoで今すぐ見る
シリアの花嫁
10%
40%
30%
20%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

67年の第3次中東戦争以降、イスラエルの占領下となった中東・ゴラン高原。“無国籍者”の境遇にあるイスラムの少数派とされるドゥルーズ派の花嫁モナが祖国のシリア側へ嫁いでいく。1度境界線を越えたら2度と家族のもとへは帰れない複雑な中東情勢を背景に、揺れ動く家族の姿が描かれる。監督は「Cup Final」「Lemon Tree」のエラン・リクリス。04年のモントリオール世界映画祭ではグランプリを受賞した。

2004年製作/97分/フランス・ドイツ・イスラエル合作
原題:The Syrian Bride
配給:シグロ、ビターズ・エンド

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0軍事境界線を越えての結婚は家族と二度と会えないことを意味します。宗...

miharyiさん
2018年11月3日
PCから投稿

軍事境界線を越えての結婚は家族と二度と会えないことを意味します。宗教的な意味合いもあり難しい作品ですが、感動はひとしおです。
2014.5.7

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
miharyi

3.5シリアかぁ・・・

2016年1月16日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

悲しい

知的

今のシリアの現状を知る者としては、この映画はおいそれと語ることは難しく感じますね・・・
花嫁がずっと不安気なのが印象的です。
自然にそこにあるはずの家族に、外的な要因で無理やりにも楔を打ち込まれ、そしてまた今度も引き裂かれる。それをなんとかまたつなぎ合わさろうと皆がもがくけど、簡単ではなくて・・・ 確かにこういったことってどこの家族にも大なり小なりあるのでしょうけども、花嫁になることに、ここまでの決意と忍耐を強いられることは、そうないのだろうと思います。
国自体が抱える悲劇を扱う作品は、これまでにも多く見てきましたけど、それらの中では、かなり無理をせず、そして誇張もせずに、普通の日常の苦悩を描いていることが好感を持てましたね。
花嫁さん、今、どうしてるかなぁ・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
チャーリー

4.0嫁ぐことの決意。

ハチコさん
2010年5月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

難しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ハチコ

4.5結婚は。。。

pekouranさん
2010年4月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

知的

幸せ

スローな話の展開が何となく気持ち良かった。
平和な日本では考えられない、宗教や文化・民族間の違い、あと何百メートルかで異国なのになかなか超えられない国境。。。
その中でもなんとか未来に向かって進もうとする人々の姿に、日本人にはないたくましさを感じました。
少し前に見た「キャラメル」の中に同じ台詞が出てきたのにも感激。
「結婚はスイカみたいなものだ。割ってみなければわからない…」
…なるほど。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
pekouran
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る