ザ・バンク 堕ちた巨像

劇場公開日

ザ・バンク 堕ちた巨像
10%
37%
45%
6%
2%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ラン・ローラ・ラン」「パフューム/ある人殺しの物語」のトム・ティクバ監督によるアクションスリラー。世界中から莫大な資金が集まる欧州の巨大銀行IBBCに、ある違法行為の疑惑が持ち上がる。インターポール捜査官サリンジャーとニューヨーク検事局のホイットマン検事補は共同で捜査に乗り出すが、手がかりとなる人物が次々に暗殺されてしまう……。出演はクライブ・オーウェン、ナオミ・ワッツ、アーミン・ミューラー=スタール。

2009年製作/117分/アメリカ
原題:The International
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

特集

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

映画レビュー

2.0最後に取り巻きがいなくなるのは

myzkkさん
2022年2月10日
iPhoneアプリから投稿

何故なんだ。
運転手はどうした。イタリアの兄弟が送った刺客にやられたか?
イスタンブールの屋根の上の道で一人になるのは、
なんだかな。
後半がいきなり萎んだ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
myzkk

5.0最後まで目が離せない良質のサスペンス映画

hjktkujさん
2022年2月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、VOD

原題は「The International」、邦題は「ザ・バンク 堕ちた巨像」である。IBBCという「ザ・バンク 巨像」の大銀行が、ミサイル売買に関与して、その取引の利ザヤではなく、負債を背負わせることによってその国を支配し利益を上げるという戦略を告発した映画である。このIBBCという銀行のモデルとなったのは1991年に経営破綻した「ザ・バンク 堕ちた巨像」の国際商業信用銀行である。さて、この映画は、インターポール捜査官クライヴ・オーウェンとニューヨーク地方検事局員ナオミ・ワッツが、内部告発者、IBBCの幹部、巨大軍事産業の社長、IBBCの殺し屋、裏切り者らを捜査しながら陰謀の核心に迫っていくという物語である。テンポが速く、118分間緊迫感に溢れた、2009年製作の良質のサスペンス映画である。映画製作時に意識していたかどうかは知らないが、実際、現在では、一民間銀行ではなく、チャイナ銀行が同様の手口で他国を支配しつつあるのは周知の事実でありこの作品は警鐘を鳴らしていたという意味においても傑作と言える。暗殺者が薬品や放射性物質を使って対象者を殺害するのは周知の事実だが、映画はいきなり、ある捜査官がIBBC暗殺者に殺害され、クライヴ・オーウェンも同時に交通事故にあって意識を失ってしまう。一体何が起きたのかわからないまま観客もクライヴ・オーウェンもいきなり物語に放り込まれる。このショックシーンからスタートして、ケネディー暗殺もかくありなんと思わせる、巨大軍事産業社長の暗殺シーン、ナオミ・ワッツが暗殺者に車をぶつけられるシーン、グッゲンハイム美術館での撃ち合いシーンなど、話がテンポよく進んでいき飽きない。とりわけグッゲンハイム美術館でのイングラム M11等のサブマシンガン同士の撃ち合いシーンは他に例を見ない名シーンである。イタリアだけに巨大軍事産業がマフィアっぽいのは若干信じがたいものの、巨大軍事産業の社長の息子たちが殺し屋を使って仇を討って映画は終わるのだが、最後まで目が離せない良質のサスペンス映画に仕上がっている。最近は、やたら、カンフーでの殴り合いが鼻につく映画が多いが、この作品では一切そのような絵空事のシーンはなく、裏切り者、知りすぎた者、逮捕されそうになった者らが問答無用で殺される様が徹底的にリアルに丹念に描かれている。そのへんのお気楽アクション映画では決して得ることのできない大人の満足感を堪能できる傑作である。ナオミ・ワッツは相変わらずきれいな姿を見せている。この映画はもっと高く評価されてもよいと思うが、あまり一般受けしないのかもしれない。折角の傑作なのに残念である。TV版では一部カットされているので話が分かりにくい。是非とも、118分間版をみてほしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
hjktkuj

5.0グッゲンハイム美術館が!!

redirさん
2021年9月13日
iPhoneアプリから投稿

魅力的な登場人物たち。理想と現実の隔たり。必要悪としてよくできているシステム。
人類の功績の一つ、一つとして、ニューヨークという美しい都市を作ったことそしてイスタンブールという美しい街をつくり今もイスタンブールらしく生き続けていること。
そして、グッゲンハイムがあんなことになっちゃうなんて!!それだけでも見応えあり。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
redir

4.0ハラハラの美術館シーン

2020年12月27日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
bluetom2000
すべての映画レビューを見る(全31件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る