きみの友だちのレビュー・感想・評価

メニュー

きみの友だち

劇場公開日 2008年7月26日
6件を表示 映画レビューを書く

もこもこ雲 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作 重松清さんの作品です。
好きな本多いです。

小学生の時に雨傘の取り合いから
交通事故にあい片足が不自由になった
子の話です。

主人公の恵美は事故の原因に関わった
同級生を恨み孤立していたが
体の弱い由香との学校生活を通して、
人間性を成長させていきます。

「私はみんなを信じない。本当に大切な
人がそばにいれば、いい。」

知り合いだけの空気の付き合いではなく
恵美が人生を通して獲得した
付き合い方の本質がささります。

印象に残ってる
二人の思い出の会話シーンでは、

「ずっと一緒にいていい?
私途中でいなくなるかも知れないけど、
思い出沢山残って死んじゃうのいやかもしれないけど。いい?」

「あたりまえじやん」

たとえ、その人が亡くなっても、
心を通わせた経験は、
自分と相手との距離感や付き合い方の
基準になり、
そして、その想いを心にしまって
自分独りのアイデンティティーを
作っていくんだと思います。

心の物差しをもっている人は

その人にとっての大きな個性となって
また、その人に関わる人にも
いい影響を与えていくと思います。

一番印象的だったのは、
由香が亡くなった後の病室のベッドに
寝転んだ恵美は、天井にあるものを
見つけるのですが、

これには
堪えがたい衝動が…

最近、人との関わり方悩んで、
昔どうしてたかなーと
思う人に。

おすすめ。

くり
くりさん / 2017年9月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

つらい気持ちになるから気にしない方がいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

つらい気持ちになるから気にしない方がいい。

わがままな主人公の女の子が成長した姿が石橋安奈。小学校から中学・高校時代にそれぞれ出会った女の子や男の子との交流を、その時に写した写真を通して描く。

ある時は固定で、またある時は緩やかに移動しながら。長廻しを多用した撮影は、その時々で少年少女達が感じた感情の揺れ動きを巧みに切り取っており、これまで『ヴァイブレーター』を始めとして孤独な大人の女の“性の寂しさ”を的確に表現して来た廣木隆一監督の真骨頂が、10代の子供達のピュアな姿をも活写して生かされています。いや、これまでにも『恋する日曜日…』シリーズで高校生の女の子の日常を高い演出力で描いて来ただけに、それ程驚く事も無いのかも知れません。
今回は原作が有るだけに(原作はまたしても未読です。重松作品は数作品読んだ事有り。)主人公の彼女の周辺に位置する男女のエピソードが単独で描かれて行き、その結果として主人公の女の子にとって、(画面からは)途中から居なくなる親友の女の子との絆・信頼は、この子にとって如何に大きな存在だったのか。人生を生きて行くにあたって、親友の存在が如何に大切か…を教えてくれます。
主人公を通して観客には過去の出来事が伝わって来る為に、彼女の知らない出来事等が描かれるところが多いのは、少し気になるところも無くは無いのですが、全編で「実は…」とゆう回想劇でも無いので、それ程気にせずとも大丈夫と言ったところ。
寧ろ弟の幼なじみのエピソードと、柄本時生のエピソードがほんの少し違和感がある程度でしょうか。

(2008年8月11日新宿武蔵野館3)

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年3月31日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

じんわりとしみこみ続けるあったかさ

いい映画でした。
心に残る言葉と、たくさんの雄弁で濃密な沈黙がありました。

いくつもの場面が心に繰り返し浮かんできます。
観終わってからも、じんわりとしみこみ続けるあったかさでした。

中学時代のモヤモヤした日常と、幼い心を押し潰しそうな出来事と、ほんのわずかな温かい瞬間。
でもそんな事の全部が今に繋がっている。忘れていた瞬間を思い出させてくれました。

若い人達にあれほどたくさんの沈黙の演技、監督勇気あるな。それにきちんと応えてる子達が素晴らしいです。
音楽も優しく、心を素直にしてくれました。

グッドラック
グッドラックさん / 2010年12月20日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まるで寄木細工のように丹精込めて作り上げられていた

上映前に監督と、
メイン役3名の舞台挨拶がありました。
そのため、通常の上映とは違い、最前列から
席が埋まっていく。ちょっと、違和感というか
怖かったです。その分、見やすいポジションが
キープできましたので、ラッキーでした(笑顔)

さすがに、舞台挨拶後、映画を見ずに、
最前列の2名が帰ったのには、言葉を失いましたが(苦笑)

この作品、監督曰く・・
・演技は3人の感性に任せました
・原作に感動をしたので、その感動を映画にしたかった
・別に「ともだちは、絶対に必要とは思わない」
・ともだち以外にも、メッセージは込められている
・現場は、和気藹々、ではありませんでした

など、朴訥と語られていました。
上映前だったため、深くも突っ込めず、
苦しい点はあったのですが、インタビュアーが
台本そのままで、しかも質問が下手で、
監督と、一部の出演者はイラっとしていたようでした。

私も、イラっとしていました(苦笑)

♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―

”遅効性”の感動をしました。

ラストシーン、エンディングの歌詞、
その二つが合わさったときに、心に、
化学反応が起きてしまいました。

そこから、泣きっぱなし。
次の映画館の道中「やばい、やばい」と
左斜め上を見て、涙が落ちないようにしてました。

ただ、先にコレだけは、書いておきます。
「万人受けする作品」では、ないと思います。
これだけ、感動しておきながら、矛盾すると
お思いになられるかもしれませんが、1年前の私なら、
「なにこれ、時間返してよ」と怒っていた気もします。

理由、ストーリーが淡々としすぎていて、
これ、原作、短編集なんでしょうか?
主役を、ハブにしながら、脇役の人物を
スポークのように、1人ずつ描いていくんです。

そして、1人ずつ、
「友情」を重心におきつつ、
「死」「羨望」「身体障害」など、
サブテーマを盛り込んでいく。

「メッセージ、受け止めます。お願いします」
積極的に作品の世界へ飛び込んでいく姿勢であれば、
共感できることも多く、心動くと思うんです。

でも、
「面白い作品見せてください。待ってますよ」
完全受身の姿勢で見た場合。メッセージは届かない
気がします。セリフ立てていませんし、派手な
出来事も用意されていませんから。

一昔、流行った「ウォーリーを探せ」
お客様側から、メッセージを探しに
行かなければ、見つからない、
そのような作品に思えました。

《みんなは信じない。ひとりがわかってくれればいい》

小学、高校~社会人まで、描かれている。
心に残った、それぞれのとき、は、

[小学校]
・「こんな足になったのは、
  あなたのせいでもあるんだからね」と
 つい、吐いてしまうシーンと、それを受けた翌朝のシーン

[高校]
・いつも二人でいるシーン
・吉高さんが、石橋さんに、雲の写真を渡すシーン

[成人]
・石橋さんの写真展に、北浦さんの両親が
 ある写真をもって、訪れるシーン

全体を通して、セリフは多くないです。
沈黙という声、を使うシーンが非常に多いです。

説明セリフが、ほとんどありませんので、
観客側で、思いを膨らませられる場面が多い。
「監督、よくここまで、間をとれるよなぁ」って
感心したくなるほど。シーン転換前だけでなく、
セリフとセリフの間にも、そんな場面がありますので、
余計に、その感心を強くさせられました。

《「思い出をたくさん作ってしまうかも
  しれないけど、一緒にいてもいい?」「いいよ」》

ここまでのシーン、このセリフ、
ある贈り物、ある場所、そしてエンディング歌詞。

そのすべてが、全部あわさったその瞬間、
遅効性の感動、落涙へと繋がってゆきました。

♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―♪♪―

作品披露試写会、上映終了後、
著者重松さんは、監督廣木さんと、抱き合ったそうです。
著者も感動するほどの、世界がそこにあった証ではないでしょうか。

あまり多くの映画館で上映されていないのが
残念ですが、もしよろしければ、一度ご覧下さい。

~なん年か経ったとき、
 「よく、この5人を集められたね」
 そんな思いで振り返ることになりそうな気がしました~

※注:5人
 石橋さん、北浦さん、吉高さん、森田くん、柄本くん

septaka
septakaさん / 2010年1月5日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

忘れるんだったら、思い出作らない方がいいよ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「きみの友だち」(廣木隆一監督)から。
久しぶりに、映画を観て泣いた。
これといった大事件が起きたわけでもないし、
大自然の大きさに感動したわけでもない。
私たち誰もが経験する学生生活や日常生活なのに、
こんなに心が動かされるとは、正直思っていなかった。
いつもは淡々と書き留める「気になる一言」も、
今回は、時々涙でかすんで書けない時さえ・・。
その中で、選んだ台詞は、
「忘れるんだったら、思い出作らない方がいいよ」。
「みんな」という、わけのわからない単位の固まりで、
すぐ忘れてしまうようなことを「思い出」と口にしながら、
私たちは、学生生活を送る。
しかし、5年、10年という歳月が流れた時、
「みんな」とは誰だったのか、覚えていないし、
「思い出」が何だったのか、これまた忘れてしまう。
これでは、薄っぺらな人生を送ることになる気がしてならない。
この会話がどんなシーンで使われるのかは、観てのお楽しみ。
外は寒かったけれど、心が温かくなって、
大切な友だちに逢いたくなった映画である。

shimo
shimoさん / 2008年11月25日 / から投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

長回しはいいのですが、妙に長い間延びしたシーンが多々あって、素人作品に近いもののを感じました。

 喪失と希望、痛みと再生がテーマの重松清の原作が持つナイーブな感性を感じさせる作品です。しかし映画としては、素人作品に近いもののを感じました。
 長回しはいいのですが、妙に長い間延びしたシーンが多々あって、台詞がないのに人が佇んでいたり、次の台詞が出るまでのタイミングが結構遅かったりします。
 あと台詞が所々棒読みになっているところもありました。映画出演の経験のない若手を起用しているのはいいですが、ちょっと酷すぎると思います。
 あと低予算ミエミエのところとして、ロケ現場が限られていて、同じ場所の使い回しが目立ちました。相当短いスケジュールで、効率的に撮ったのでしょう。

 肝心のストーリー面でも、カットバックを多用し、恵美がその時々に撮影した身の回りの人のエピソードをランダムに描いたため、肝心の由香との友人関係が希薄になってしまっていました。物語中盤には、突如由香は登場しなくなり、終盤にはもうベッドで療養中だったのです。

 さらに音声のセットがライブ気味な収録で、台詞が聞き取りにくいところもありました。
 それなりのキャストと監督なら、きっとLittleDJkような感動作になったはずです。

 ただ、恵美が知り合ったライター写真展の開催を勧められたとき語る、『「みんな」という言葉は嫌い』という気持ちには共感できましたね。「みんな」って誰のこと?それより、大切な人に来て欲しいという言葉はなるほどと思いました。
 恵美にとって沢山の友達に恵まれるよりも、由香とのたったふたりの関係が、とても掛け替えのない日であったのです。
 友情って、量よりも質でしょうね。
 この作品で見せられる友情は見ていて悪くはないので、小地蔵も魂レベルで深く交じり合う友が持てたらいいなぁと啓発されましたよ。

流山の小地蔵
流山の小地蔵さん / 2008年6月26日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報