「じんわりとしみこみ続けるあったかさ」きみの友だち グッドラックさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「きみの友だち」 > レビュー > グッドラックさんのレビュー
メニュー

きみの友だち

劇場公開日 2008年7月26日
全6件中、3件目を表示
  •  
映画レビューを書く

じんわりとしみこみ続けるあったかさ

いい映画でした。
心に残る言葉と、たくさんの雄弁で濃密な沈黙がありました。

いくつもの場面が心に繰り返し浮かんできます。
観終わってからも、じんわりとしみこみ続けるあったかさでした。

中学時代のモヤモヤした日常と、幼い心を押し潰しそうな出来事と、ほんのわずかな温かい瞬間。
でもそんな事の全部が今に繋がっている。忘れていた瞬間を思い出させてくれました。

若い人達にあれほどたくさんの沈黙の演技、監督勇気あるな。それにきちんと応えてる子達が素晴らしいです。
音楽も優しく、心を素直にしてくれました。

グッドラック
さん / 2010年12月20日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報