「つらい気持ちになるから気にしない方がいい」きみの友だち 松井の天井直撃ホームランさんの映画レビュー(ネタバレ)

ホーム > 作品情報 > 映画「きみの友だち」 > レビュー > 松井の天井直撃ホームランさんのレビュー
メニュー

きみの友だち

劇場公開日 2008年7月26日
全6件中、2件目を表示
  •  
映画レビューを書く

つらい気持ちになるから気にしない方がいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

つらい気持ちになるから気にしない方がいい。

わがままな主人公の女の子が成長した姿が石橋安奈。小学校から中学・高校時代にそれぞれ出会った女の子や男の子との交流を、その時に写した写真を通して描く。

ある時は固定で、またある時は緩やかに移動しながら。長廻しを多用した撮影は、その時々で少年少女達が感じた感情の揺れ動きを巧みに切り取っており、これまで『ヴァイブレーター』を始めとして孤独な大人の女の“性の寂しさ”を的確に表現して来た廣木隆一監督の真骨頂が、10代の子供達のピュアな姿をも活写して生かされています。いや、これまでにも『恋する日曜日…』シリーズで高校生の女の子の日常を高い演出力で描いて来ただけに、それ程驚く事も無いのかも知れません。
今回は原作が有るだけに(原作はまたしても未読です。重松作品は数作品読んだ事有り。)主人公の彼女の周辺に位置する男女のエピソードが単独で描かれて行き、その結果として主人公の女の子にとって、(画面からは)途中から居なくなる親友の女の子との絆・信頼は、この子にとって如何に大きな存在だったのか。人生を生きて行くにあたって、親友の存在が如何に大切か…を教えてくれます。
主人公を通して観客には過去の出来事が伝わって来る為に、彼女の知らない出来事等が描かれるところが多いのは、少し気になるところも無くは無いのですが、全編で「実は…」とゆう回想劇でも無いので、それ程気にせずとも大丈夫と言ったところ。
寧ろ弟の幼なじみのエピソードと、柄本時生のエピソードがほんの少し違和感がある程度でしょうか。

(2008年8月11日新宿武蔵野館3)

松井の天井直撃ホームラン
さん / 2015年3月31日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報