4ヶ月、3週と2日

劇場公開日

  • 予告編を見る
4ヶ月、3週と2日
35%
39%
14%
7%
5%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

チャウシェスク独裁政権によって個人の自由が制限されていた80年代のルーマニア。大学生のオティリアは、ルームメイトのガビツァの違法中絶を手助けするべく準備を進めていた。ところが、手術当日に思わぬ問題が発生する。ルーマニアの新鋭クリスティアン・ムンジウ監督が、ヒロインたちの長い1日をリアリズムに徹底した映像で描き切り、2007年カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを獲得した社会派ドラマ。

2007年製作/113分/ルーマニア
原題:4 Luni, 3 Saptamani si 2 Zile
配給:コムストック・グループ

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

第65回 ゴールデングローブ賞(2008年)

ノミネート

最優秀外国語映画賞  

第60回 カンヌ国際映画祭(2007年)

受賞

コンペティション部門
パルムドール クリスティアン・ムンジウ

出品

コンペティション部門
出品作品 クリスティアン・ムンジウ
詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画評論

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2

(C)Mobra films 2008

映画レビュー

3.0なぜ吐いたのか?

2020年1月3日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マツドン

3.5おおむねワンシーンワンカットで手持ちカメラ長回し多用の上、もしかして自然光のみ…?

なおさん
2019年12月8日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

あらすじを把握してから観たのだが、説明を排して進んでいくので、むしろ事前情報なしで観た方がこの一日をよりダイレクトに味わえたかも知れない。
そもそも相手が会話にすらほとんど出てこなかったように思うが、何か見逃しただろうか。なんとか丸く収めてやり抜こうとする主人公がいつ爆発するかハラハラした。彼氏宅での会食シーンとかレストランとか。
もう彼氏ともルームメイトともうまくいかないように思うがさて。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
なお

4.5女子大生の危険な1日

2018年10月9日
Androidアプリから投稿

もうね、素晴らしいとしか言いようがない!
この映画の持つ魔力は一体なんなんだろう...
全編に渡って途切れる事のないリアリズムに息詰まりそうになります。

舞台は1987年のルーマニア。
全く存じ上げなかった人ですか、ニコラエ・チャウシェスク大統領の独裁政権下であり、一定の条件を除いて離婚や中絶が違法であったようで、コンドームさえ販売されなかったとのこと。。。

そんな中絶という罪を犯す女学生の1日を主人公であるルームメイトの視点から描く作品です。
中絶行為自体は良いとも悪いとも言い難いものですが、色んな事情がありますからねぇ。
それを禁止されてしまってはあまりに可哀想である。
罪を背負って彼女らはバレぬようにひっそりとやらなければならない。
でも、そう容易く事は運ばず、様々な困難が立ちはだかります。

まず、この作品は長回しが非常に多くて、物語に直接関係のない会話も多い。
そしてBGMは一切なし。

この世界観がたまらない。
引き込まれる。
今まさに罪を犯そうとしている二人の女学生の緊迫した時間が延々と続く。
序盤は一体この子達は何をしてるんだ?と分からないように作られてますが、ある1日の一部を切り取ったものなのだから、そこがまた自然である。
とても生々しくて犯行現場を傍観した気分で全く退屈しない。

中絶を受ける子がこれまた優柔不断で、ワガママで、気まぐれで、それでいて弱虫で、同情すると同時にイライラしてしまう。
この感じもクセになる!!
優しいイライラである。

更にホテルの受付や支配人がムカつく野郎ばかりだし、致し方ないけど中絶を依頼された医者も融通効かないし、あげくにとんでもないこと要求したり、嫌な奴もいっぱい出てきます。
ルーマニアってこんな人ばかりなの...?

そんな奴らに振り回される主人公の苛立ちや哀しみ、勇敢さや焦りが画面を通してストレートに伝わってきます。
一心同体になれるというか、そのリアリティは他の追随を許さないレベル。

特に、彼氏の母親の誕生日パーティーでの一幕は珠玉の名シーンである。
周りの見知らぬ人たちに挟まれながら、どうでもいい与太話に長時間付き合わされ、たまに話しかけられたと思えば、即また別の話題で自分達だけ盛り上がる。
その時の黙り込んだ虚ろな表情や仕草。
もう最高!女優さんがめちゃくちゃ好みだってのもありますが、これは映画の名シーン・ベスト100に入る!

ラストも好きです。
この映画はある女学生のたった1日を描いたもの。
夜が明ければ僕らの知り得ない2日目が始まる。
これ以外のラストは考えられないでしょう。

パルムドール納得の傑作でした!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ジーナ(レビューはFilmarksに移籍しました)

4.0寮のうっかり妊娠してしまったドジっ娘友人のために、文字通り体を張っ...

kttm05さん
2017年6月27日
PCから投稿

悲しい

怖い

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
kttm05
すべての映画レビューを見る(全11件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る