第9地区のレビュー・感想・評価

メニュー

第9地区

劇場公開日 2010年4月10日
137件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

前代未聞な傑作SFの影にあの名匠の支えあり

始まりは6分の短編だった。それもピーター・ジャクソン指揮下で企画されていた「Halo」映画化が頓挫した末、せっかくだからこのメンバーで何か撮ろうという流れで俎上に上ったのがこの短編の長編化だったというから驚きだ。ビジネスも映画も失敗をバネにして這い上がるところでこそ大きなチャンスが得られるのかもしれない。

特殊造形やVFXにおいてもジャクソン率いるWETAワークショップやWETAデジタルの技術力を取り入れて作り出された、この全く新しいドキュメンタリー・タッチのSFアクション。冒頭で様々な記録(風の)映像を駆使しながら宇宙船の到来や難民の受け入れ、スラムの形成、住民との軋轢などをスピーディーに織り成していくクレバーな構成も、ジャクソンによる指南を柔軟に取り入れた結果なのだとか。本作に関して彼の名が取りざたされることは稀だが、超大作を手がけた名匠と新進気鋭の若者による師弟コラボレーションこそが真の推進力となりこの傑作が生み落とされたのだ。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2017年6月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

色々なメッセージがあるんでしょうが・・・

まあーエイリアンを動物に例えたり人種に例えたりしてるのかな?よーわ人間はエゴの塊だと言いたいんじゃろーけど・・・。
それならそれで、もーちょっと話を作り込んで欲しい。エイリアンを解剖したりするのも解るけど、20年もの間、空に浮かんでる宇宙船や未知の武器をそのままにしとく!?エイリアンが食うのに困ってるなら、そこに目を着けて構造や技術を聞き出したり盗めば良いじゃん。感染した人の内臓よりもっと欲しいんじゃないの!?
それから結局なんで感染したの!?宇宙船の燃料がかかって感染!?よー解らんかったし。

トラ吉
トラ吉さん / 2019年4月7日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

出来は良い。娯楽を期待すると残念

エイリアンものとして一筋縄ではないであろうことは雰囲気から予想できていたが、あまりに想定外のテーマで面食らった。
グロテスクな宇宙人、非倫理的な実験、人智を超えた兵器などのホラーあるあるな表現は、この映画では差別や人権問題を考えさせる小道具として巧みに使用されている。なまじ上手く料理されているだけに、なんだかモヤモヤしてしまう。
「考えさせられる」なんていったら月並みだが、美味しいマグロの寿司を食べさせたあとにマグロ絶滅論を振りかざすみたいな、そんな騙し討ち感。次はホラー映画を見よっと。

BAC
BACさん / 2019年2月26日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

55点

映画評価:55点

突如、宇宙船が空中に現れ
そこには知的?な生命体が存在した

地球人は私利私欲のため、
それらを地上に降ろし生活をさせた
その一帯の場所を「第9地区」と呼んだ

ここまでが、あらすじです

まぁ、相手は宇宙人なのだから
地球人と上手く生活していける訳もなく
色々な問題が起こり出す

そこで移転を考えた地球政府が宇宙人たちに
移転願いをしていくのだけど
それが笑える

この映画の見せ場の1つだ
宇宙人VS地球人という構図ではなく
共に地球で生活するもの同士
言葉が通じなくとも、姿形が違っていても
協力?しあっていこうというもの

それが笑える

その後の展開でアクション映画ばりに
ドンパチし始めるのだが、
そのアクションシーンも作品の見せ場なのだろう

この作品を見終えて感じたのは
人間って汚くて、自分勝手で、強引だ
今回は宇宙人に対してだったが
我々は地球に住む動物たちにも
同じ様な事をしてきているんだなと
なんだか考えさせられました

見て良かったです

【2019.2.8】

まぁと@名作探検家
まぁと@名作探検家さん / 2019年2月14日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 萌える
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良作

ドキュメンタリー風の演出がこの作品の魅力を引き出している。
細かいところまで良くできているのでラストまで飽きずに楽しむことが出来た。
ラストがいまいちスッキリ出来なかったのは気になるところ。

cure0101
cure0101さん / 2019年2月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もしかして、傑作?

はじめはドキュメンタリータッチで物語が進み、このまま政府機関や民間研究機関のリアリティを追求するんだろうなーと思ったら、途中からドラマタッチにガラリと変化して凄まじく面白くなりました。まさかの展開でした。
異星人の造形は、プレデターみたいな甲虫類。異形に見えて、実は人間より人間っぽい。ストーリーの中心が異星人だけど、その比較対象が人間の心理と行動で、人間の本質的な愚かさが際立ってます。
それから、映像、特にSFXが凄い。異星人が惜しみなく沢山出てくるのはもちろん、ロボットの動きも秀逸だし、肉弾が飛ぶわ、どデカイ母船も精巧、細かいところで驚いたのは、主人公が異星人に半分変化してる時の目の動き。片方だけ異星人の目になって動いてる。
脚本も演出も効果も映像も全部に良かった。
もっと前に見れば良かった。多分、傑作です。

totechinsyan
totechinsyanさん / 2019年1月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おうち-123

ダメージでかい。
でもそれは人生で必要なダメージ。

タイトルを聞いたことがあったので、特に考えずに借りてみました。
グロ耐性とかホラー耐性とかあっても、バイヲタでも、これは違う。
自分がエイリアンのハーフになったらと考えると…。
『エイリアン』シリーズのエイリアンとは次元が違うもん。
🦐たちの造形がキモいのではなく、半分🦐になっていく過程でぞっとする。
むしろ🦐は可愛く見えてきます。特に小えびちゃん♡

後半は全く違う映画になります。
前半はただのパニックムービーかと思っていたのに、久々に心にずしんとくるメッセージをもらいました。
差別、共存、戦争……舞台が南アフリカというのもメッセージだと捉えました。
久しぶりに胸が締め付けられる寂しさと痛みを感じました。

元々🦐は苦手だけど、この寂しさを思い出すから当分食べないし、かっぱえびせんもきつい(笑)
こういう映画にはこの先10年くらい出会えない気がする。

かいり
かいりさん / 2019年1月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

21世紀の初めに作られなくてはならなかった必然的な作品だ

衝撃的だ、これこそ本当のSF映画だ
宇宙船や光線銃のビームぎ飛び交うものだけがSFではない
本当のSFとは、思考の枠を押し広げ、硬直して固定化されてしまった私達の観念を相対化してくれるものだ
それがSFの役割であり、本作は見事にそれを果たしている

舞台は南アフリカのヨハネスブルグ
それだけでなにを言おうとしているかは明らかだ
アパルトヘイトへの憤り、その目をおおう実相をエイリアンと人間いう極端な誇張で意味を相対化して映画にしたというものだ

しかしそれが本当の製作目標ではない
その世界観を如何にリアルに作り上げるかに監督の情熱が注がれている
それは観れば直ぐ分かることだ
つまり本作は本当は政治的意図を持って作られてはいないし、アパルトヘイト云々は若干の批判は在りつつも、結局は設定の為の建前に過ぎない
だから本当はそこで終わったはずの映画だった

しかし本作は僅か10年も経ずして、作った時点の製作者の意図とはお構い無しに、思いもしない大きな政治的意義を持ってしまった
それは欧州における移民問題だ

正に本作の世界そのものが現実に起こったのだ

アパルトヘイトに憤り、常に人道的にあるべき
ナショナリズムよりグローバルな自由平和平等博愛が優越するのだ、それが文明なのだ
そのような美しい理想を掲げて、EUの諸国は恐ろしい程の大量の移民を受け入れたのだ

しかし夢はもろくも破れた
そんなものは偽善だったのだ
本当に自分たちの領域にエイリアンが大きな構成を占めた時、既存の社会とエイリアンの社会は併存、共存など出来ないという現実がはっきりしてしまったのだ
ならばどうするのか?
答えはない

第9地区は現実に存在してしまい、永遠に続くのだ

本作はその見たくない考えたくない厳しい現実を先取りしていたのだ
21世紀の初めに作られなくてはならなかった必然的な作品だ

日本人にとっても本作は他人事ではない
人口減に直面して外国人労働者を大量に入れる方向に日本も舵をきった
東京に第9地区が出現するかもしれないのだ

あき240
あき240さん / 2019年1月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

普通

マイミクさんがお勧めしてたので観たのですが、普通位の映画でした☆。

hide1095
hide1095さん / 2018年12月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

傑作

ユーモアと社会性のあるとても素晴らしい作品

ピケ男
ピケ男さん / 2018年11月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

想像以上のかなりの良作

宇宙人にこんなに心打たれたことはない(。´Д⊂)
悲しくて辛いけど、観てよかった、と思う作品でした。

☆ユウ☆
☆ユウ☆さん / 2018年8月24日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

現実にも通じる問題。物事の見方

冒頭のドキュメンタリー番組のシーンでは、人間の視点から、移民エイリアン問題が語られます。

生ゴミを漁り、強盗、ひったくり、武器密売を生業として スラムと化した第9地区に住む蛮族。

市の職員として、第9地区管理を行う主人公はひょんなことから片腕がエイリアン化
してしまう。
物語の視点は人間からエイリアンへと移ります。

不幸な宇宙船事故によって異星に不時着し、そこでは、不衛生なプレハブ小屋に住まわされるだけでなく、子供は焼かれ、大人は実験体として拉致、殺害される、悲劇の来訪者。

冒頭で描かれる人間から見たエイリアンの所業と、中盤で描かれるエイリアンから見た人間の所業。
物事の本質は一側面だけでは語れない。当たり前のことですが、難しいことですよね。

須賀
須賀さん / 2018年6月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

B級臭漂わせながらも

紛れもない良作。
主人公は平凡でちょっと軽率なお調子者。とくに善人でもなくかっこよくもないし肉体的にも精神的にも強くもない。B級映画ゆえの甘さかと最初は思うがさにあらず。リアルさに一役かっている。
いっぽうのエイリアン。見た目はいかついがボロをまとっていたり、飢えでガツガツしていたり。人間的でリアル。ここでもB級映画の危うさを感じさせるがこの生身な生体があとで効いてくる。

ちなみに、地球に来るほどの知性を持ちながらも粗暴でみすぼらしいエイリアンに違和感を覚える人もいると思うがそれは違うと思う。1000年後、人類はとてつもないテクノロジーを手に入れているだろうが、1000年くらいでは生物学的には進化していない。ホモ・サピエンスはホモ・サピエンスだ。いまだって人類は月に人を送れるが、ほとんどの人はロケットを作るほどには賢くないのだから、賢くないエイリアンがいたってなんの不思議もない。恐らく本作品のエイリアンとホモ・サピエンスの種としての知能はだいたい同等なのだろう。ただエイリアンのほうが少しだけ早く(100年か千年か1万年か)産業革命を経験したにすぎない。
同じホモ・サピエンスだって、ちょっとした差でアジア・アフリカは奴隷に落とされたのだ。

さて冒頭、なんであんな不気味で粗野で得体のしれないエイリアンを劣悪な環境だとしても保護するんだろう、と多くの人が思うことだろう。
しかし後半、そんなエイリアンの境遇にいつのまにか同情し共感を覚えることになる。
人間から見たら醜い昆虫的エイリアンにまさか感情移入しようとは...
対して、強欲で冷酷な人類に憎悪すら感じてしまう。だけどこの作品に出てくるほとんどの人間は恐らくさほど悪人ではない。職場では普通の上司や部下だし家庭では普通の父や息子であろう。
自分と違う(と感じる)他者に対する非寛容さと冷徹さは、人類に普遍的なものである。
植民地にする側される側、迫害する側される側。立場によって見方が変わることを、まざまざと見せつけらた。

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年5月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ユーモアの詰まった盛りだくさんSF ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドキュメンタリータッチの前半からぐっと引き込まれ、その後もユーモアを忘れずに、だんだんとシリアスになっていく展開が良い
それに加えて主人公の性格が悪いのも、良い

noritenpa
noritenpaさん / 2018年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

確かに

SF映画としては斬新な映画だと思う。

が、いつも思うのだが、あの巨大な宇宙船を持つエイリアン、しかも少人数ではなく、凄い数のエイリアンに、人間がいつまでも支配的でいられるだろうか?

テクノロジーの違いが相当あるはずなのに。

それが気になって何かいまいちに感じた。

REpower
REpowerさん / 2018年3月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

社会派ドキュメンタリー風SF

冗長なところがほとんど無く、サクサク進んで飽きない。アパルトヘイトを彷彿とさせる「NOエイリアン」の看板とか、スラム化するエイリアン居住区とか、この国でしか取れないような映画で、数あるエイリアンものの中でオンリーワンの名作の一つに間違いなく数えられるだろう。

P.P
P.Pさん / 2018年3月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっとグロい

レビューなどを観て観ました。

人種差別がベースとなるSF物でした。

面白かったですが、けっこう血が…

最後どうなったのか気になります。

ハッピーエンドになって欲しいです。

seiyo
seiyoさん / 2018年1月22日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

騙されたと思って観るべき作品 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前半ノンフィクション風、実録風、映画というよりはニュース番組のようでこれ失敗したか?と思った

他のSF映画とは違いエイリアンが酷い扱いを受けている。すごく喋る。
人間は惨い。実験の為、人間の為ならば手段を選ばない。

殺す側が殺される側に憎かった奴に自分がなる

3年は長い
最後カットのエイリアンは多分彼だが3年のうちに本物のエイリアンに。そして故郷へ帰った彼らはその後地球に戻ったのか
彼は人間に戻れたのか

isgr
isgrさん / 2017年12月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新感覚エイリアン映画

ニール・ブロムカンプ長編デビュー作。

監督の出身地の南アフリカが舞台。
南アフリカの過去の歴史をベースに、エイリアンを絡めた物語をドキュメンタリー風に描く。

まぁとにかく新しい。
映画館では、あんまし期待せずに観に行ったけど、期待を大きく上回る完成度に、驚かされた。

ただのエンターテインメント作品なだけではなく、徐々にエイリアン化していく主人公の悲哀を描いたストーリーも秀逸(^^)b

n.yamada
n.yamadaさん / 2017年11月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 怖い 泣ける
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名作ではあります。

名作ではあります、深いしラストも秀逸。でも酔う。二時間はちょっと辛いかな〜って感じです。

話は面白いので三半規管がゲル状の人にはオススメです。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年8月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

137件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報