ジャーマン+雨

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
ジャーマン+雨
ジャーマン+雨
13%
25%
37%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

ゴリラ顔でわがままで天涯孤独な少女のパワフルな生きざまを描いた異色作。監督は若干29歳の新鋭・横浜聡子。たった1人でボロ家に住み、植木職人の見習いとして働いている16歳のよし子は、“ゴリラーマン”と呼ばれても棟梁に殴られても気にすることなく生きている。縦笛でオリジナル曲を作り歌手を目指している彼女は、近所の子供たちを相手に縦笛教室を始め……。山下淳弘監督作「道」などの個性派女優・野嵜好美が主人公よし子を怪演。

2006年製作/71分/日本
配給:リトルモア

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

映画レビュー

4.0愛すべきバカ女

2020年4月15日
スマートフォンから投稿

主人公よしこが女友達に「よしこちゃんが努力して歌が上手くなれば、自然と人が集まってバンドができるよ」と言う。するとよしこは自宅で笛の教室を始めて小学生たちとバンドを結成してしまう。なんじゃそりゃ?!と笑ってしまった。

地方を舞台にした映画を見る時に、その土地にしかいなそうな馬鹿を観るのはとても楽しみな事で、このよしこのオリジナリティは素晴らしいと思う。

画面に焦燥が溢れんばかりの映画だと思う。それはよしこが常に何かに急かされたような佇まいなのと、わざわざ少し早送りする編集を入れているからなのだが、最初てっきりプレーヤーのバグかと思ってしまった笑
ふつう、早回しなんて編集使わないと思うのだが、この映画ではそのギミックがある空気を醸し出している。
青森の田舎の乾いた空気と地続きにあるよしこの焦燥そのものがこの映画を作り出しているかのようである。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ニックル

2.0

ミカさん
2019年4月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

怖い

何が一番恐ろしかったかって、村や家族の様な小さなコミュニティの中から抜け出せない前提でよしこが生きているってことです。変わっている事が許容されない空気。そんな日本のどこにでもある村社会が絶望感満載で、ある意味八つ墓村の様に見えました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ミカ

2.0可哀想なのが、ぬりえにされた「ゴリラーマン」のコミックス

kossyさん
2019年3月19日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 予告編の段階でとんでもない映画だと知りつつも怖いものみたさで鑑賞。制作費が50万円だということで、期待できる要素もなかったのですが、設定と終盤の展開がなかなか良かったりしました。

 主人公はゴリラ顔の16歳・林よし子(野嵜好美)。性格も強引、わがままといいところなし。そして天涯孤独。両親の離婚により町を去っていたが、かっこいいドイツ人がいるという理由で植木職人見習いをするため町に戻ってきたのだ。小学生を集め笛教室も開き、人のトラウマを聞いて作曲するというヘンテコなミュージシャン。夢はCDデビューして、子供を10人生むことだという・・・。友人の上野まき(藤岡涼音)が3年前に妊娠したことがあると聞いてうらやましく思ってるようだ(なんちゅう設定だ・・・)。

 その他にも個性豊かな出演者がいるのですが、素人の良さを十分に引き出していると思います。『そんな無茶な!』では全裸歌手も演じているし、山下敦弘監督の映画にも出演している俳優・野嵜好美が最も際立っていて、共感できないながらも、次はどんなことをするのかとわくわくさせられる。汲み取り式便所も伏線となって、最後に彼女のとった行動には唖然・・・

 単なるおバカ映画かと思わせておいて、その物語の奥には体が不自由になった父親の存在が大きく横たわっていて、「死んでくれたら楽なのに」「いっそ自分が死んで逃げ出したい」などといった言葉に表れない林よし子の心理が浮かんでくるのです。トラウマというサブテーマに惑わされがちだけど、現実に抱えている悩みは人に打ち明けることもできないんだなぁ。介護問題を扱った映画は多いけれど、オバカというオブラートに包んでしまう横浜聡子監督の手腕には底知れぬパワーを感じてしまう。

 もっと丁寧に作っていたならば、いい映画になっていただろうと思われる作品。さらに痛いのは小学生たちの笛の音が最後に煩わしくなってしまったことだろうか・・・。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0何が何だか良く分からないけども

2009年6月14日
鑑賞方法:映画館

笑える

興奮

あまりにリアリティのない登場人物たち(登場する人間がみんなバカ過ぎ)や、ともすれば独りよがりの世界観と切り捨ててしまうこともできる設定など、妙に気になる点が多い作品だ。

これは“気になる点”などほとんどない映画が横行する昨今、凄いことではないだろうか? 簡単に言ってしまうと、「ジャーマン+雨」には、横浜聡子監督のオリジナリティがたっぷりと詰まっている。

そのオリジナリティはキャスティングにも遺憾なく発揮されていて、主人公のゴリ子を演じた野崎の存在感が凄過ぎる(まあ、予算の都合が最大の理由かもしれないが)。彼女が終盤歌う「ジャーマン+雨」は、近年稀に見る“映画的”な躍動感に溢れたシーンだったと思う。そのシーンだけでも見る価値があるのではないだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ダース平太
すべての映画レビューを見る(全4件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る